安藤良平のニュース

FリーグNo.1ゴレイロのGKイゴールがフットサル日本代表初選出!《フットサル国際親善大会》

超ワールドサッカー / 2016年04月13日17時41分

さらに、湘南ベルマーレから名古屋オーシャンズに移籍したFP安藤良平やシュライカー大阪のFP加藤未渚実が初選出されている。▽また、FP森岡薫(ペスカドーラ町田)やFP滝田学(ペスカドーラ町田)、FP星翔太(バルドラール浦安)らこれまでの主力選手の数名が選外となった。▽木暮監督は今大会に向けて「AFCフットサル選手権と全日本フットサル選手権を終え、Fリーグもオ [全文を読む]

[Fリーグ]府中が湘南との打ち合いを制し、PO進出に望みをつなげる

ゲキサカ / 2015年02月11日08時00分

27分、28分にFP浦上浩生が連続ゴールを決めて試合を振り出しに戻すと、同15分にはFP安藤良平が逆転ゴールを決める。 しかし、引き分け以下の結果でプレーオフ進出の道が閉ざされる府中も譲らない。後半16分にFP田村研人、FP岡山洋介が得点を決めて再逆転する。同18分には湘南もFP山中秀太がゴールネットを揺らし、6-6で終盤を迎えた。そして迎えた後半19分、 [全文を読む]

[Fリーグ]後半の点の取り合いを制した大阪が湘南を下す

ゲキサカ / 2015年01月21日07時20分

まずは後半1分、湘南がFP安藤良平のゴールで追いつくと、さらに6分にはキャプテンのFP近藤純也が逆転ゴールを決める。 しかし、大阪も譲らない。7分にFP加藤未渚実のゴールで再び同点に追い付くと、その1分後にはFP稲田瑞穂が再逆転のゴールを決める。同12分には湘南のFPボラが得点し、試合は3度目のタイスコアになる。それでも後半17分、大阪はFP森秀太が勝ち越 [全文を読む]

[Fリーグ]千葉直樹擁する仙台が敵地で湘南を下し、18戦目でリーグ初勝利!

ゲキサカ / 2014年11月08日12時02分

前節、9試合ぶりに勝利を挙げた湘南は、開始47秒でFP安藤良平がゴールを決めて、1点をリードする。しかし、仙台も9分にFP今井翔のゴールで追いつくと、同17分にもFP渡邊一城が逆転ゴールを決めて、試合をひっくり返した。さらに同20分にもFP庄司紘之が追加点を決めて、リードを2点に広げた。 後半は得点が入らないまま時間が推移。湘南は残り6分を切ってから安藤 [全文を読む]

[Fリーグ]湘南がラスト1秒弾で神戸を撃破! 横澤体制初勝利を挙げる

ゲキサカ / 2014年10月14日18時03分

湘南は前半13分にFP安藤良平がゴールを決めて先制する。ところが、同16分には神戸のFP相井忍に同点ゴールを決められ、その29秒後にもFP須藤慎一に第2PKを決められて逆転を許す。さらに後半7分にも須藤にゴールを許し、点差を2点に広げられた。 しかし、ここから湘南が反撃に出る。後半10分にFP小野大輔のゴールで1点を返すと、その4分後にも小野が同点ゴール [全文を読む]

[Fリーグ]開始1分で2失点も…府中が逆転で湘南を下して5連勝

ゲキサカ / 2014年09月16日09時45分

5連敗を阻止したい湘南は、試合開始からわずか29秒でFP安藤良平が先制点を決めると、その16秒後にもオウンゴールで2点差にリードを広げる。前半6分にFP小山剛史に1点を返されても、同13分にFP小野大輔のゴールで再び点差を広げた湘南だったが、この状態を長く保てない。 府中は前半17分、FP上福元俊哉のゴールで1点差に詰め寄ると、その1分後にもFP田村研人 [全文を読む]

[Fリーグ]またもホームで勝てず…浜松は湘南に今季初勝利を献上

ゲキサカ / 2014年08月11日15時30分

前半から積極的に仕掛けた湘南は、16分にFP安藤良平が先制ゴールを挙げると、その23秒後にFP内村俊太が2点目を挙げる。さらに18分にも、プレッシャーのかかる浜松からFP刈込真人もゴールを決めて、3-0とリードした。 浜松はようやく20分にFP中村友亮が1点を返し、反撃を開始。後半に入ると、湘南の3倍以上となる19本ものシュートを放ったが、得点は後半19 [全文を読む]

新シーズンの開幕を告げるオーシャンカップは、浦安に大勝した名古屋が優勝!!《sfida Fリーグオーシャンカップ2017》

超ワールドサッカー / 2017年05月21日23時10分

◆バルドラール浦安 vs 名古屋オーシャンズ(C)CWS Brains,LTD.▽今シーズン最初のタイトルの行方を決める一戦は、2分にセットプレーからFP安藤良平がゴール。さらに4分にはFP星龍太も加点するなど名古屋がリードを奪う。後半に入ってもゴールを重ねたのは名古屋。28分にFPラファ、29分に橋本優也がネットを揺らす。浦安はGKに星翔太を置いたパワ [全文を読む]

町田がすみだを一蹴!! 名古屋は府中と分けるもレギュレーションで2nd Roundへ《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2017年02月24日21時48分

しかし名古屋も15分、相手のクリアミスを奪ったFP安藤良平がGKとの一対一を制して同点で試合を折り返した。 ▽迎えた後半も府中が主導権を握る展開の中、26分にFP皆本晃が勝ち越しゴールを奪う。再び追いかける展開となった名古屋だったが、33分にFP星龍太のミドルシュートが決まって名古屋がまたも同点とする。このままでは敗退が決まる府中はパワープレーで勝ち越しを [全文を読む]

闘病中の湘南FP久光と克服した神戸FP鈴村が共演!! 湘南が神戸に逆転勝利!!《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2017年02月11日20時15分

FP平田ネトアントニオマサノリ、FP八木聖人、FP橋本優也、FPシンビーニャ、FP安藤良平が2ゴールずつを奪取。最後まで攻撃の手をゆるめることなく、12-1と大勝した。 ◆湘南ベルマーレvsデウソン神戸 ▽湘南は現在闘病中のFP久光重貴、神戸は克服したFP鈴村拓也がキャプテンマークを巻いて先発出場を果たした。試合は9分にFP高溝黎磨のゴールで湘南が先制する [全文を読む]

2位・名古屋が5位以内確定でPO権確保! 首位・大阪、4位・町田もそれぞれ白星《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2017年01月07日19時00分

しかし、8分にシンビーニャのゴールで追いついた名古屋は14分にセルジーニョ弾で勝ち越すと、20分に安藤良平がダメ押し弾。迎えた後半にも2点を加えた名古屋が湘南を下し、年間5位以内確定でプレーオフ進出権を獲得した。 [全文を読む]

首位大阪を追う名古屋は終盤に町田に追いつかれドロー!《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2016年12月11日20時40分

後半は名古屋がペースを握ると28分、セルジーニョのパスに反応した安藤良平が押し込んで勝ち越しに成功。37分から町田はパワープレーを仕掛けると、38分に本田真琉虎洲がネットを揺らし同点に。そのまま試合は終了し、引き分けに終わった。 [全文を読む]

名古屋が痛恨の逆転負けで大阪との勝ち点差は8に拡大… 湘南は浜松に快勝!!《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2016年11月27日19時21分

27分にも安藤良平が加点して優位に試合を進めた。しかしここから浦安が反撃。30分に野村啓介、加藤竜馬が連続でゴールを奪うと、35分にはケニーがネットを揺らして試合を振り出しに戻した。すると負けられない名古屋がここからパワープレーを開始。ところが39分に加藤のゴールが決まり浦安が逆転で、4試合ぶりとなる白星を手にした。なお、敗れた名古屋は大阪と8ポイント差と [全文を読む]

首位の名古屋はラストプレーで勝ち点2を落とす…9発快勝の大阪が首位浮上!《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2016年11月06日23時43分

23分に安藤良平、27分にシンビーニャがネットを揺らし4点リードとする。しかし、神戸がここから凄まじい粘りを見せる。30分に岡崎チアゴが1点を返すと、31分、36分に稲田瑞穂がパワープレーから得点し1点差に。そのまま名古屋が勝利するかと思われたが、パワープレーから原田浩平が40分に決めて試合終了。5-5のドローに終わった。 ◆シュライカー大阪vsバサジィ大 [全文を読む]

Fリーグ10周年記念オールスターの出場24選手が決定! 10月8日に宮城で開催

ゲキサカ / 2016年09月08日20時16分

以下、出場決定選手 ■F-EAST ▽監督 岡山孝介(町田) ▽コーチ 須賀雄大(すみだ) ▽GK 藤原潤(浦安) ピレス・イゴール(町田) ▽FP 水上玄太(北海道) 狩野新(仙台) 太見寿人(すみだ) 清水和也(すみだ) 西谷良介(すみだ) ボラ(すみだ) 皆本晃(府中) 甲斐修侍(町田) 滝田学(町田) 森岡薫(町田) ■F-WEST ▽監督 ペド [全文を読む]

日本代表GKイゴールやFP仁部屋和弘らFリーグ10周年記念オールスターゲームの出場メンバーが決定!!《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2016年09月08日13時48分

◆F-EAST 監督:岡山孝介(ペスカドーラ町田) コーチ:須賀雄大(フウガドールすみだ) GK 藤原潤(バルドラール浦安) ピレス・イゴール(ペスカドーラ町田) FP 水上玄太(エスポラーダ北海道) 狩野新(ヴォスクオーレ仙台) 太見寿人(フウガドールすみだ) 清水和也(フウガドールすみだ) 西谷良介(フウガドールすみだ) ボラ(フウガドールすみだ) [全文を読む]

すみだと名古屋の首位攻防戦は壮絶な打ち合いの末にドロー決着!!《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2016年09月04日10時30分

▽しかし名古屋も29分にダニエル・サカイのゴールで1点差に迫ると、35分からは安藤良平をGKに置いたパワープレーに行こう。すると36分に八木聖人、37分にセルジーニョと連続ゴールを奪い、4-3と再度リードを手にした。すみだもすかさず稲葉洸太朗をGKに置いたパワープレーを開始。39分には西谷良介のミドルシュートが炸裂して試合は4-4の同点となる。 ▽すると [全文を読む]

死闘を制した名古屋が最多となる2年ぶり3度目のアジア制覇!!《AFCフットサルクラブ選手権大会》

超ワールドサッカー / 2016年07月24日15時10分

▽直後の34分には右サイドの斎藤が入れたボールにファーサイドの日本代表FP安藤良平がダイレクトボレーで合わせる。しかしここはクロスバーを叩いてしまい追いつくことはできない。残り5分6秒からGK関口を下げてFP安藤を入れたパワープレーに移行。すると残り3分18秒には左サイドの吉川が折り返したボールが、ボックス内の相手選手に当たるもレフェリーの笛はならず。それ [全文を読む]

決勝進出に喜びを見せるペドロコスタ監督「目標に到達できて満足している」

超ワールドサッカー / 2016年07月22日11時40分

先制を許す苦しい展開となるも、前半のうちに日本代表FP酒井ラファエル良男、同国代表FP安藤良平、同国代表FP吉川智貴のゴールで逆転に成功。後半は相手の猛攻を受けるも日本代表GK関口優志を中心として守り切り、3-1で勝利して決勝進出を決めた。▽試合後の会見に出席したペドロコスタ監督は、決勝進出について次のように語っている。「我々は目標としていたゴールに達する [全文を読む]

名古屋が逆転勝利で2大会ぶり3度目の優勝を目指して決勝へ!!《AFCフットサルクラブ選手権2016》

超ワールドサッカー / 2016年07月22日10時35分

さらに13分には相手陣内左でのFKから、日本代表FP吉川智貴が入れた鋭いボールを日本代表FP安藤良平が体で押し込み逆転。19分には吉川のゴールも決まって、前半を3-1と大きくリードして終える。▽迎えた後半は追いかけるディッパ・アルヒッシンが猛攻を見せるが、日本代表GK関口優志を中心に集中して守り切り試合は終了し名古屋の決勝進出が決定。なお、2大会ぶり3度目 [全文を読む]

フォーカス