李傑のニュース

李傑(リー・キット)展 The voice behind me 開催のお知らせ

PR TIMES / 2015年05月25日10時17分

資生堂ギャラリーでは、2015年6月2日(火)から7月26日(日)まで、台北在住の香港人アーティスト、李傑(リー・キット)の個展「The voice behind me」を開催します。リー・キットは、1978年香港生まれ。2008年まで香港中文大学美術学部修士課程にて学んだ後、国内外の展覧会に数多く参加してきました。2013年のヴェネチア・ビエンナーレでは [全文を読む]

中国自慢の空母、乗組員は「幼稚園レベル」―香港紙

Record China / 2017年05月26日13時40分

2017年5月24日、香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、中国海軍の専門家・李傑(リー・ジエ)氏は中国軍の空母について「乗組員は幼稚園レベルだ」と語った。 李氏は「中国が国家利益を守るには、少なくとも空母4隻以上が必要だ。単独では戦闘能力が不十分。戦艦による戦隊があって初めて護衛任務も完全になる」と指摘した。米海軍は現在空母10隻が配備 [全文を読む]

中国がTHAAD配備に対抗する「新型武器」とは何か―香港紙

Record China / 2017年05月02日13時00分

サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、北京の軍事アナリストの李傑(リー・ジエ)氏は、楊報道官の発言について「中国はTHAADシステムをハード面とソフト面から破壊する兵器を含む措置を取ることができるということを、米国と韓国に想起させるものだ」と指摘する。 李氏は「中国は戦争が起こった場合に備えて、伝統的な東風(DF)シリーズの短中距離ミサイルを強硬武 [全文を読む]

中国初の国産空母が4月23日に進水?その理由とは…―中国

Record China / 2017年03月28日14時10分

また、空母専門家の李傑(リー・ジエ)氏は「空母のような大型艦艇の進水式は意味のある日を選んで挙行し、空母が海軍、人民解放軍の中で重要な地位にあるということを明確に示すはず」と話し、海軍創立記念日は進水にふさわしいとする一方、式典に出席する指導者のスケジュールなどによって別の日が選ばれる可能性があることにも言及した。(翻訳・編集/野谷) [全文を読む]

<ボイス>日本の護衛艦「いずも」が南シナ海で長期活動へ=衝突が起きれば中国の大きな脅威となる

Record China / 2017年03月15日16時50分

中国の軍事専門家、李傑(リー・ジエ)氏は、「『いずも』の派遣は、日本がアジア太平洋や南シナ海問題において米国の助手の役割を果たすことを象徴している。『いずも』は日本の艦隊の旗艦となりうる能力を持っており、中国は『いずも』の装備や兵力、訓練内容を基に反撃案を打ち出すと思われる」と意見を述べた。 さらに、上海外国語大学国際関係公共事務学院の馬堯(マー・ヤオ)研 [全文を読む]

中国軍高官、日本人差別発言 「米太平洋軍司令官は日系人」

Japan In-depth / 2016年02月16日23時00分

アメリカの「ワシントン・タイムズ」など数紙の報道によると、中国共産党機関紙英語版の「環球時報」は2月1日付で米海軍艦艇の南シナ海での「航行の自由」作戦を中国の主権侵害だと非難する記事を載せ、そのなかで中国海軍の上級大佐の李傑氏の論評として「この作戦の責任者であるアメリカ太平洋軍の最高司令官ハリー・ハリス海軍大将は中国に誤解と偏見を抱いており、とくに日本人 [全文を読む]

『花椿』7・8月合併号は川内倫子によるハワイの風景 『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中

PR TIMES / 2015年06月05日10時42分

」Museum / 「李傑(リー・キット)展 The voice behind me」 資生堂ギャラリーBinodoku / 森村泰昌連載美の毒な人々 テーマ:アンディ・ウォーホル [全文を読む]

李傑(リー・キット)展 The voice behind me 開催のお知らせ

PR TIMES / 2015年05月25日10時17分

資生堂ギャラリーでは、2015年6月2日(火)から7月26日(日)まで、台北在住の香港人アーティスト、李傑(リー・キット)の個展「The voice behind me」を開催します。リー・キットは、1978年香港生まれ。2008年まで香港中文大学美術学部修士課程にて学んだ後、国内外の展覧会に数多く参加してきました。2013年のヴェネチア・ビエンナーレでは [全文を読む]

中国初の空母 不具合でドック逆戻り「スクラップか」の声も

NEWSポストセブン / 2013年09月01日07時00分

青島港を母港にした時点で、北海艦隊に配備されたと伝えられていたが、大連に戻ったことについて、中国の空母の専門家、李傑曾氏は人民網に「何か重大な不備や欠陥が見つかった可能性があり、緊急に修理する必要があったのではないか。今後、3~4年かけて、設備を交換したり、装備を加えるなどの作業が行なわれる可能性もある」とコメントしている。 中国海軍の専門家、劉江平氏も人 [全文を読む]

中国初の空母 「釣魚島」との命名案出るも「湖北」で決着か

NEWSポストセブン / 2012年09月09日07時00分

これに対して、中国軍事学術研究所の李傑研究員が「人民網」で中国初の空母が年内に就役する見通しを明らかにしたうえで、空母の名前については、「人名が付けられる可能性は低く、直轄市(北京市や上海市など)の名前もやや問題がある」として、省の名前が付けられる可能性が高いとの見方を示していた。 仮に、釣魚島という名前がつけられれば、外交問題に発展。さらに、軍が絡んで [全文を読む]

フォーカス