生田哲のニュース

発見から治療まで…知っておくべき「がん」の真実

日刊大衆 / 2017年04月07日07時35分

さらに10センチに達すれば、死亡するケースもあります」 こう解説するのは、元・米イリノイ工科大学助教授(化学科)で、『がん治療の最前線』(サイエンス・アイ新書)などの著書もある生田哲氏(薬学博士)。生田氏によれば、がんの原因に関しては米ハーバード大の著名な研究があり、「タバコ」と「食事」がツートップで各30%。以下、「運動不足」「職業」「遺伝」「ウイルス・ [全文を読む]

いつまでも「脳年齢20代」を確保する方法

日刊大衆 / 2017年03月24日14時05分

「米紙『ニューヨーク・タイムズ』でも、65歳以上ながら20代と同レベルの脳機能を持つ“スーパー高齢者”についての研究が報じられており、現在、話題となっているのです」(医療ジャーナリスト)『よみがえる脳』(サイエンス・アイ新書)などの著書もある薬学博士の生田哲氏も、こう語る。「かつて、人の脳の神経細胞は、年を取るにつれて減る一方で、加齢による脳の老化は避けら [全文を読む]

危険なやせ方、教えます! 間違いだらけの「ダイエット方法」

日刊大衆 / 2016年10月27日14時00分

これがなぜダイエットにつながるのか、米イリノイ工科大学元助教授で、著書『間違いだらけの健康常識』(角川oneテーマ21)で糖質制限についても取り上げている生田哲氏(薬学博士)が解説する。「通常1日200~300グラム必要といわれる糖質(主にご飯、パン、麺類などの主食)は、摂ってすぐエネルギー源になります。この摂取量を抑えることで、体についた余分な脂肪が代わ [全文を読む]

やってはいけない「危険な食べ合わせ」 ガンを招く食べ方も!?

日刊大衆 / 2016年09月22日12時30分

結果、消化不良や下痢を起こす可能性があるのです」 こう解説してくれるのは、米イリノイ工科大学元助教授(化学科)で、現在、薬学博士で評論家の生田哲氏。これは、天ぷらに限らず、油の多い物を食するときは、スイカだけでなく水分を摂りすぎてはいけないということでもある。“水と油の関係”のことわざ通り、相性が悪いわけだ。(2)天ぷらと氷水 (1)よりさらに悪いのが、一 [全文を読む]

牛乳も、糖質制限ダイエットもカラダに悪い!? 疑わしき日本人の健康常識

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月28日11時00分

そんな現代人の健康常識を覆す書籍『日本人だけが信じる間違いだらけの健康常識』(生田哲/KADOKAWA)が4月10日に発売された。 関連情報を含む記事はこちら まず、昨今ブームとなっている「糖質制限ダイエット」。人間の体は基本、糖質、たんぱく質、脂肪の三大要素によって成り立っている。それを糖質抜きの二大栄養素でカロリーは気にせずどんどん食べて痩せようという [全文を読む]

フォーカス