糸川英夫のニュース

日本最古の星占いシステム 『細密占星術』 キャンペーンスタート

PR TIMES / 2012年12月10日13時02分

☆期間限定! 無料占い実施中☆ 半年会費 通常3,000円 → 1,500円株式会社ステラ・コミュニケーション(東京都江東区有明 代表取締役 三上 朋子)は35年間ご好評を頂いております星占いシステム『細密占星術』の開発者「糸川英夫博士」生誕100周年を記念し、年の瀬占いキャンペーンを2012年12月10日よりスタートしました。運勢、相性、恋愛、ダイエット [全文を読む]

日本最古の星占いシステム 『細密占星術』 キャンペーン第二弾!!

PR TIMES / 2012年12月28日09時35分

☆期間限定! 無料占い実施中☆ 通常1年間5,000円が60%OFF!! ⇒ 2,000円株式会社ステラ・コミュニケーション(東京都江東区有明 代表取締役 三上 朋子)は35年間ご好評を頂いております星占いシステム『細密占星術』の開発者「糸川英夫博士」生誕100周年を記念して、新春お年玉還元占いキャンペーンを2013年1月1日よりスタートします。運勢、相性 [全文を読む]

受け継がれた平塚のロケット技術 ~平塚市博物館「知られざる平塚のロケット開発」展~

sorae.jp / 2016年12月06日07時00分

日本のロケットの父と呼ばれる故・糸川英夫を中心に開発が行われた「ペンシルロケット」だ。しかし、その21年前の1934年に神奈川県辻堂の海岸でロケットの打ち上げを行った人物がいる(諸説あり)。終戦まで、海軍の火砲発射薬やロケット用推進薬の開発・生産拠点だった神奈川県平塚市の海軍火薬廠(かやくしょう)に勤めていた海軍技術士官、故・村田勉。彼は、その技術を戦後の [全文を読む]

日本の「知られざるロケット開発」―神奈川・平塚で特別展

インターネットコム / 2016年11月13日06時00分

ここでつちかった噴進弾や、ロケット兵器「桜花」の推進器に使ったダブルベース火薬の成型技術は、日本の宇宙開発の父である糸川英夫氏が受け継ぎ、戦後のロケット開発黎明期を支えた。 現在も平塚では企業や大学を中心に各種ロケット用製品や次世代のロケット技術を開発している。 イベントでは残っている研究ノートや論文をひもとき、火薬廠時代から現代にいたるまでのロケット技 [全文を読む]

冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」制作発表で、知られざる事実が続々と明らかに!

okmusic UP's / 2016年10月27日13時00分

この企画は、初音ミクにバレエを踊らせたいことと、日本のロケット工学の創世記に携わった糸川英夫博士をモチーフにした作品を作りたいこと、その2つの構想を合体させた作品であったことを明かす。バレエとホログラフィーを共演させたいという糸川博士の夢を富田が継ぐという形で、今回の企画が実現したとのことだった。また、本公演の最大の注目ポイントは3DCGとバレエダンサーが [全文を読む]

冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』制作発表記者会見 初音ミクのバレエ衣装解禁!

PR TIMES / 2016年10月26日18時08分

この企画は、初音ミクにバレエを踊らせたいというのと、日本のロケット工学の創世記に携わった糸川英夫博士をモチーフにした作品をつくりたい、その2つの構想を合体させた作品であった事を明かす。バレエとホログラフィーを共演させたいという糸川博士の夢を冨田が継ぐという形で今回の企画が実現したとの事。又、本公演の最大の注目ポイントは3DCGとバレエダンサーが交わる立体映 [全文を読む]

戦闘機の技術をロケットにつなげた「宇宙開発の父」糸川英夫

NEWSポストセブン / 2015年09月24日07時00分

その隼の空力計算を担った人物に、後に「日本の宇宙開発の父」と呼ばれる糸川英夫がいた。 敗戦を迎えGHQから航空機の設計や研究を禁じられた「航空禁止令」が下されると中島飛行機の技術者たちは、散り散りになり廃業する者もいた。東大で無人誘導弾の研究をしていた糸川も「飛行機屋失業」で「陸に上がった河童」となったが、敗戦に打ちひしがれてはいなかった。 糸川は中島飛行 [全文を読む]

JAXAが大募集!「はやぶさ2」が目指す小惑星の名称は何になるか

FUTURUS / 2015年07月23日20時00分

実際、初代『はやぶさ』がサンプルを持ち帰った『イトカワ』は、日本ロケットの生みの親とされる糸川英夫博士にちなんでいるという前例もある。 ちなみにJAXAでは、『はやぶさ2』の探査目的が地球の水や生命の起源を調べる事にあるため、このことも名前を考える際のヒントにしてみてはどうかとしている。 受付はウェブ上でもはがきでも行っている。早ければば年内に小惑星に名 [全文を読む]

シリーズ累計400万部突破の大人気読み物入門“白い本シリーズ”、「10分で読める 発明・発見をした人の伝記」発売

PR TIMES / 2015年03月06日15時58分

[画像: http://prtimes.jp/i/2535/440/resize/d2535-440-738555-0.jpg ] 【商品特長】 1.歴史を動かした人から、今活躍する人まで、20人掲載! (スティーブ・ジョブズ、エジソン、マリー・キュリー、ベル、豊田佐吉、糸川英夫、 ファーブル、レイチェル・カーソン、アインシュタイン、山中伸弥…ほか10人 [全文を読む]

空から“白い殺人糸“が降ってくる!? 作家・新田次郎が遭遇した、恐怖の「エンゼル・ヘアー殺人事件」

tocana / 2015年01月31日17時00分

「日本空飛ぶ円盤研究会」といえば、故・荒井欣一が中心となって1955年に設立し、声優の徳川夢声や作家の三島由紀夫、石原慎太郎、ロケット学者の糸川英夫など、そうそうたる人物がメンバーや顧問に名を連ねていたことでも知られる。新田はこの団体の「客員会員」という扱いであった。 新田次郎とUFO――、この組み合わせがなぜ生じたのか。手がかりとなる事件が1946年(昭 [全文を読む]

【オールカラー】 日本のロケットがすごいっ! 「ペンシルロケット」から「イプシロンロケット」まで。日本のロケット&人工衛星・探査機・補給機の歴史がすべてわかる!!

PR TIMES / 2013年12月18日18時46分

黎明期編では、「ペンシルロケット」「ベビーロケット」「カッパロケット」を、本編では、日本最初の人工衛星「おおすみ」を搭載した「L-4Sロケット5号機」から次世代ロケット「イプシロンロケット試験機」までを“打ち上げ順”に紹介!糸川英夫博士が東京国分寺市でペンシルロケットの水平発射実験を行ってから58年余。本書は、日本のロケット開発……「ペンシルロケット」から [全文を読む]

JAXA・森田泰弘「イプシロンの名前は……実は、飲みながら決めました(笑)」

週プレNEWS / 2013年08月27日06時00分

1955年に日本初の「ペンシルロケット」の水平発射実験を行なうなど、日本の宇宙開発の父と呼ばれる故・糸川英夫博士の“精神”って、どういうものなんですか? 森田 ひと言で言うと「フロンティアスピリット」です。世界で誰もやっていないこと、かつ未来を切り拓くようなことをやりなさい、と。実際、固体ロケットは日本の宇宙開発史において、節目ごとに重要な成果を上げていま [全文を読む]

フォーカス