西川賢のニュース

ヒラリー候補はなぜ敗北したのか

Japan In-depth / 2016年11月10日14時00分

西川賢(津田塾大学学芸学部国際関係学科教授) 異例づくしだった2016年米大統領選挙が終わった。事前の予想ではヒラリー・クリントン候補の勝利を予想する声が多かっただけに、ドナルド・トランプ候補の勝利に衝撃を受けた人々は少なくなかったに違いない。何が予想を狂わせたのだろうか。この疑問に答えるため、このコラムでは最終的な選挙結果に関して若干の分析を行いたい。各 [全文を読む]

ポスト冷戦の民主党を再生させたビル・クリントン

ニューズウィーク日本版 / 2016年10月24日14時33分

西川賢・津田塾大学学芸学部国際関係学科准教授は『ビル・クリントン――停滞するアメリカをいかに建て直したか』(中公新書)の「はじめに」にこう記す。「クリントンは決してスキャンダルを起こしただけの政治家ではなく、内政・外交両面で後世に語り継がれる功績をあげ、アメリカを新世紀へと架橋した優れた為政者であったと認められている」 なぜビル・クリントンは、多くの困難 [全文を読む]

93年、米国を救ったクリントン「経済再生計画」の攻防

ニューズウィーク日本版 / 2016年10月22日07時12分

西川賢・津田塾大学学芸学部国際関係学科准教授は『ビル・クリントン――停滞するアメリカをいかに建て直したか』(中公新書)の「はじめに」にこう記す。「クリントンは決してスキャンダルを起こしただけの政治家ではなく、内政・外交両面で後世に語り継がれる功績をあげ、アメリカを新世紀へと架橋した優れた為政者であったと認められている」 本書『ビル・クリントン』は、250 [全文を読む]

ビル・クリントンの人種観と複雑な幼少期の家庭環境

ニューズウィーク日本版 / 2016年10月21日12時04分

西川賢・津田塾大学学芸学部国際関係学科准教授は『ビル・クリントン――停滞するアメリカをいかに建て直したか』(中公新書)の「はじめに」にこう記す。「クリントンは決してスキャンダルを起こしただけの政治家ではなく、内政・外交両面で後世に語り継がれる功績をあげ、アメリカを新世紀へと架橋した優れた為政者であったと認められている」 本書『ビル・クリントン』は、250 [全文を読む]

なぜビル・クリントンは優れた為政者と評価されているのか

ニューズウィーク日本版 / 2016年10月20日11時35分

西川賢・津田塾大学学芸学部国際関係学科准教授は『ビル・クリントン――停滞するアメリカをいかに建て直したか』(中公新書)の「はじめに」にこう記す。「クリントンは決してスキャンダルを起こしただけの政治家ではなく、内政・外交両面で後世に語り継がれる功績をあげ、アメリカを新世紀へと架橋した優れた為政者であったと認められている」 1993年に46歳でアメリカ初の戦 [全文を読む]

フォーカス