安澄のニュース

「自分より守りたい人ができた」杉咲花が語る『湯を沸かすほどの熱い愛』

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月28日17時53分

『湯を沸かすほどの熱い愛』ではガン宣告を受けた主人公・双葉(演・宮沢りえ)の娘、安澄を演じる。作品自体の完成度の高さもさることながら、杉咲さん自身の演技も、役とともに壁を乗り越えた感のある、珠玉の演技。取材時もずっと、宮沢りえさんのことを「お母ちゃん」と呼び続けるのも違和感がないほど、本物の家族のように存在していた。今回のインタビューでは、宮沢りえさんと母 [全文を読む]

杉咲 花「熱い愛を受け取りながら、自分のできるすべてを捧げられた」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月06日17時00分

娘・安澄を演じた杉咲さんにとって、とくに印象に残っているのは、物語後半、お母ちゃんから“真実”を聞かされる場面。逃げ出そうとする安澄にお母ちゃんが正面からぶつかる山場だ。 「だって安澄はお母ちゃんの子でしょ、という台詞に、お母ちゃんの優しさがすべてつまっていますよね。お父さんがよその女の人のところから帰ってこなくなっても、どんなにひどいいじめにあっても、安 [全文を読む]

宮沢りえが語る亡き母「弱さ隠すために強く見せていた」

NEWSポストセブン / 2016年12月16日07時00分

ぎくしゃくした雰囲気のなか、長女・安澄(杉咲)とともに4人家族としての暮らしが始まる。その安澄は気が優しすぎて学校でいじめられているが、なんとか独り立ちできるよう、厳しい態度で接する。そして、いつ体調が急変してもおかしくない状態のなか、安澄をある人に会わせようと最後の力をふりしぼる。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬ることを決意する──。◆私のお母さんは [全文を読む]

RADの歌詞から逆算 新海誠が語る『君の名は。』ラストの決め方

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月14日18時40分

■『湯を沸かすほどの熱い愛』監督「オファー前から杉咲花で当て書きをした」(c)2016 TIFF10月29日から一般公開もはじまった『湯を沸かすほどの熱い愛』にも潜入!主人公・双葉(宮沢りえ)の娘・安澄を演じるのは、ゆうばり映画祭の受賞時など、チェリーがオープンして半年で2回も登場してくれた杉咲花さんだ。(c)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会今 [全文を読む]

この秋、家族映画が熱い! 家族愛を丁寧に描き出す号泣必至?!の新作映画4選

AOLニュース / 2016年10月17日21時00分

突然、「余命わずか」という宣告を受けた彼女は、家出した夫・一浩(オダギリジョー)を連れ帰り家業の銭湯を再開させる、気が優しすぎる娘・安澄(杉咲花)を独り立ちさせる、など「絶対にやっておくべきこと」を決め実行していく。母の行動は、家族からすべての秘密を取り払い、家族はぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていき--。(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」 [全文を読む]

杉咲花“母”宮沢りえと“親子受賞” 『湯を沸かす~』が4冠達成!

エンタメOVO / 2017年05月16日21時12分

劇中では、余命わずかな母(宮沢)の思いを受け取り、強く生きていく高校生の安澄役を熱演。クランクイン前には中野監督から「見せる演技じゃなくて、見える演技になってほしい」「宮沢りえさんと本当に親子のような関係性になってほしい」などと言葉を掛けられたと明かした。 杉咲は「今までにないアプローチの仕方でしたが、役に近付ける環境を作っていただけました」と語った。ま [全文を読む]

若者と一流アーティストによるオリジナルショー『ONE STEP2016 淡路島古事記外伝~シロウサギ~』12月17日(土)13時~/16時~ 淡路市立しづかホールで開催

PR TIMES / 2016年12月13日16時47分

■『ONE STEP2016 淡路島古事記外伝~シロウサギ~』概要開催日: 2016年12月17日(土) 第1回13:00~、第2回16:00~(開場は30分前)場所: 淡路市立しづかホール(兵庫県淡路市志筑新島5-4)出演: 約100名田北志のぶ(バレエ)、檜山和久(バレエ)、木嶋真優(ヴァイオリン)、南部やすか(フルート)、西澤安澄(ピアノ)、林そよか [全文を読む]

【特選映画レビュー】『湯を沸かすほどの熱い愛』:宮沢りえのお母ちゃんに何度も何度も泣かされる

ガジェット通信 / 2016年11月03日09時00分

口うるさい母親・双葉(宮沢りえ)と、学校でイジメにあっている気弱な娘・安澄(杉咲花)。一見どこにでもある日常の中、体調を崩した双葉は余命2ヵ月を宣告される。失踪していた父親(オダギリジョー)を探し出し、連れ子と共に家庭に戻した双葉は、稼業の銭湯を再開し、残された時間で”家族”を作り上げていく。 この物語のお母ちゃんは、決して子供たちだけのお母ちゃんではない [全文を読む]

紙で重要なのは「重さ」だった! かみの工作所10周年記念展「かみの重力展」開催

TABROOM NEWS / 2016年10月17日22時24分

かみの工作所10周年企画 かみの重力展 会期:2016年10月19日(水)~11月6日(日) 11:00~19:00 ※10月31日(月)は臨時休業 会場:リビング・モティーフ(アクシスビル1階) 関連企画:トークイベント「紙の重さとデザイン」 パネリスト:寺田尚樹、鈴野浩一、三星安澄(進行:荻原修) 日時:2016年10月20日(木) 19:00~20 [全文を読む]

ピンクのエプロン姿に!?オダギリジョーのダメ夫具合が絶妙!

Movie Walker / 2016年09月29日11時00分

夫の一浩が1年前に家出し、休業状態の銭湯と一人娘の安澄(杉咲花)を抱えた双葉が主人公だ。そして、そんな双葉に突き付けられるのが、余命宣告。死にゆく自分の残り僅かな時間を前に、双葉は“バケットリスト”ともいうべきミッションを実行していく…というストーリーだ。 双葉はまず家出中の夫・一浩を連れ戻すのだが、このダメ夫をオダギリジョーが程よいユルさで演じていて絶妙 [全文を読む]

銭湯で映画を観よう! 宮沢りえ主演『湯を沸かすほどの熱い愛』10月10日、銭湯の日に「銭湯試写会」開催

AOLニュース / 2016年09月16日19時00分

"家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる"、"気が優しすぎる娘の安澄(杉咲花)を独り立ちさせる"、"娘をある人に合わせる"...母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うものだった。 ぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく家族。そして母から受けた大きな愛で繋がった家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。 映画『湯を沸かすほどの熱 [全文を読む]

伊勢丹新宿店で“体験型スペイン展”開催。初出店・小笠原伯爵邸、しぇりークラブから即興オペラまで!

FASHION HEADLINE / 2016年03月03日12時00分

会場イベントブースでは、ウエイター姿に扮したオペラソリストたちが即興で歌い出すパフォーマンス「オペラレストラン『La Favorita』」や、小松原庸子スペイン舞踏団によるフラメンコ、西澤安澄によるピアノ演奏、TUNAバンドによる弾き語り、エドガー・リザラズ(Edgar Lizarazu)によるワインペインティングなどが催され、会場全体でスペイン文化を楽し [全文を読む]

「Found MUJI 武蔵野」開催のお知らせ

PR TIMES / 2015年07月28日14時03分

【企画展概要】開催日: 2015年8月1日(土)~8月30日(日)開催時間: 第1会場 丸井吉祥寺店 無印良品 10:30~20:00(8月19日(水)館休日)第2会場 西荻紙店 12:00~19:00(月・火曜日定休)開催場所: 第1会場 丸井吉祥寺店 無印良品第2会場 西荻紙店(杉並区西荻北3-31-13 勝三ビル201)共催: 丸井吉祥寺店 無印良品 [全文を読む]

フォーカス