米川正夫のニュース

PUMA杯2015 決勝ラウンドに意気込む浦安 米川監督「しっかりと結果を残したい」

ゲキサカ / 2015年03月12日17時29分

兵庫会場でグループステージの試合を行ったバルドラール浦安の米川正夫監督、キャプテンのFP星翔太、FP加藤竜馬のグループステージ後のコメントを紹介する。 ●米川正夫監督 -1次ラウンドを振り返って? 「初戦の相手の映像は見ていましたが、普段対戦しているFリーグのチームとはスタイルが全く違います。『少しやりづらいところはあるかもしれないが、自分たちのスタイルで [全文を読む]

[Fリーグ]浦安vs仙台 試合後の浦安 米川監督コメント

ゲキサカ / 2014年08月13日15時16分

試合後、記者会見に臨んだ浦安の米川正夫監督は、辛くも引き分けに持ち込んだ試合を振り返り、「下位チームとやる中で一番注意しなければいけない入り方が良くなかった」と、開始7秒で喫した先制点を反省した。 以下、試合後の米川正夫監督コメント 「立ち上がりのファーストプレーで、いきなり失点して…。細かいことはいろいろあるとはいえ、下位チームとやる中で、一番注意しなけ [全文を読む]

[Fリーグ]大阪が因縁の浦安を破り、下剋上でのファイナル進出を決める

ゲキサカ / 2015年02月25日10時34分

パワープレーを用いる大阪の戦い方について浦安の米川正夫監督が批判を展開し、因縁のあった両チームの対戦。試合は思わぬ展開で動く。キックオフからわずか6秒、CKを得た大阪はFP森秀太がゴール前に入れたボールをFP田村友貴が合わせて早くも先制した。このゴールで試合の主導権を握った大阪は、その後も浦安を押し込んでいくが追加点は挙げられない。 一方の浦安もFP星翔 [全文を読む]

アジア王者から刺激を受けるFP加藤「もっとやらないと残れない」

ゲキサカ / 2014年12月03日16時50分

そこで印象に残る活躍を見せた加藤は、米川正夫監督がトップチームの監督に就任と同時に、浦安の主力に定着。さらには日本代表にも定期的に呼ばれ、ミゲル・ロドリゴ監督に「今後、チームの中心グループに入れられるか見てみたい選手の一人」と評価されるまでになった。 静岡合宿、イタリア遠征に続く代表選出となった加藤は、今回、アジア選手権優勝メンバーと時間を共有し、「良い刺 [全文を読む]

髪を黒く染め直して臨んだ初代表FP加藤「定期的に呼ばれるようになりたい」

ゲキサカ / 2014年09月03日19時29分

昨季まで浦安セグンドを率いていた米川正夫監督がトップチームの監督に就任すると、中心選手となり、ミゲル・ロドリゴ監督からフットサル日本代表にも招集された。自身を取り巻く環境の変化について「とんとん拍子に行き過ぎて、自分でも怖いくらい」と、加藤は言うが、「今シーズンの自分のプレーには、全然満足していません。得点だったり、結果を残せていないというところで。もっと [全文を読む]

すみだFP宮崎、浦安FP加藤らが初招集! フットサル日本代表の静岡キャンプメンバーが発表

ゲキサカ / 2014年08月25日20時05分

また、米川正夫監督の下で出場機会を増やしているバルドラール浦安のFP加藤竜馬、浦安のFP星翔太の実弟でもある名古屋オーシャンズのFP星龍太が初選出されている。 AFCフットサル選手権の優勝メンバーからは、FP中村友亮(浜松)、FP小曽戸允哉(大分)、FP稲葉洸太郎(浦安)、FP西谷良介(神戸)の4選手が外れている。 以下、フットサル日本代表候補メンバー ▽ [全文を読む]

[Fリーグ]仙台に3度のリードを奪われた浦安が辛くも引き分けに持ち込む

ゲキサカ / 2014年08月11日14時00分

同18分にFP荒牧太郎の左足ミドルで追い付いたが、「自分たちで試合を難しくした」という米川正夫監督の振り返る通り、警戒していた形からの失点を喫してしまった。 後半も浦安がボールを保持する時間は変わらないが、スタミナの落ちて来た仙台の攻撃が精度を欠いていく。しかし、仙台は後半16分、FP影浦俊介が長い距離のドリブルを仕掛けると、浦安のFPの対応が遅れる。ほぼ [全文を読む]

フォーカス