廣瀬直己のニュース

電力・インターネット通信(NURO 光)のセット販売に関する業務提携契約の締結について

PR TIMES / 2015年12月25日09時16分

2015年12月24日 東京電力株式会社 ソネット株式会社 東京電力株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己、以下「東京電力」)とソネット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井隆一、以下「ソネット」)は、本日、ご家庭のお客さま向けの販売代理方式による電力・インターネット通信(NURO 光※)のセット販売に関する業務提携契約を締結 [全文を読む]

国策・「妄想」東電再編、電力各社が猛反発…巨額事故費用抱える東電の押し付け合い

Business Journal / 2017年05月25日06時00分

そもそも、22兆円とされる事故対応費用も東電HDの廣瀬直己社長は「増えることはない」と強調するが、すでに当初計画から倍増していることを考慮すれば、不透明感が強い。 ●再編など不可能な現実 事故対応費用を計画どおり捻出できなければ、事業統合後の新会社の重しになる。巻き込まれる他電力は福島リスクを抱え込むことになるのはたまらないと再編と距離を置きたがるのも、 [全文を読む]

東京都渋谷区での「IoT技術を活用した見守り」開始について

PR TIMES / 2017年05月17日16時00分

~高齢者と子どもの安心・安全なくらしを目指し、自治体と企業が連携します~渋谷区(区長:長谷部健)と東京電力ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己、以下「東電HD」という。)は、IoT技術を活用した見守りに関する社会実証を開始いたします。今回の取り組みの主体は東電HDが担い、株式会社otta(本社:福岡県福岡市、代表取締役社 [全文を読む]

東電会長に日立名誉会長が就任、原発事業で利益相反の懸念…新人事の裏に安倍政権と密約?

Business Journal / 2017年05月11日06時00分

現社長の廣瀬直己氏は取締役を外れ、中2階ポストの執行役副会長(福島統括)に棚上げされる。 東電改革を主導した數土文夫・現会長ら社外取締役と、廣瀬氏ら生え抜き組が鋭く対立した。 昨年春は廣瀬氏が、後ろ盾の勝俣恒久・元会長など有力OBの力を借りて政府与党に用意周到に根回しをして巻き返し、廣瀬社長は続投した。 経産省は有識者会議「東京電力改革・1F問題委員会」を [全文を読む]

「原発再稼働は認めない」と断言した新潟県知事に、東電・原子力ムラのネガティブキャンペーンが激化!

リテラ / 2017年01月08日18時00分

東京電力の数土文夫会長と廣瀬直己社長らが5日、新潟県庁で米山隆一知事と初めて面談をした。冒頭で数土会長は知事選当選祝いから切り出し、「一番重要視すべきステークホルダーは何と言っても地元の方々」と"新潟県民ファースト"の考えを示し、福島原発事故の検証を進める県への協力も申し出た。 東電トップが丁重な姿勢で初面談に臨んだのは、言うまでもなく、年間1千億もの収益 [全文を読む]

東電・緊迫株主総会が葬り去った「“福島第一原発”メルトダウン」隠ぺいの主犯!(1)誰が主導したのか?

アサ芸プラス / 2016年07月14日05時55分

総会では冒頭、この問題を廣瀬直己社長が陳謝。數土文夫会長も「当時の社長の指示は隠蔽に当たり、信頼に背く行為だったと考えている」と明言までした。 反原発派にとって隠蔽の事実は格好の攻撃材料だが、この材料を活用したのはむしろ推進派だった。「隠蔽問題は民主党、現・民進党の圧力によるもの。民進党の支持母体は連合だから、東電の組合は連合を脱退すべきだ」「当社に甚大 [全文を読む]

英国ケンブリッジ発 電力比較サイト「エネチェンジ」 電力会社向け電気料金シミュレーションASPサービスの提供開始

PR TIMES / 2016年01月15日11時59分

まずは第一弾として、東京電力株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己、以下「東京電力」)、株式会社TOKAIホールディングス(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:鴇田 勝彦、以下「TOKAIグループ」)への電気料金シミュレーションASPサービス提供を開始しております。(※1月8日より東京電力への提供開始。1月15日よりTOKAIグループへの [全文を読む]

USEN、「電気で店舗支援セット」受付開始のお知らせ

PR TIMES / 2016年01月07日15時43分

東京電力が提供する新しい電気料金プラン「ビジネスパック2年割」とのセットサービス 株式会社USEN(本社:東京都港区、代表取締役社長:田村公正、以下、USEN)は、東京電力株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己、以下、東京電力)の提供する新しい電気料金プラン「ビジネスパック2年割」と、USENの業務店向けサービスをお得なパッケージとして提 [全文を読む]

レモンガスが東京電力株式会社と電力に関する販売代理契約を締結

PR TIMES / 2015年12月22日15時27分

ご家庭向けの電力販売代理に関する業務提携契約を締結 南関東を中心に1都3県(神奈川・東京・埼玉・静岡)の約30万世帯にLPガスを供給するレモンガス株式会社(本社:神奈川県平塚市、代表取締役社長:赤津欣弥)は、この度、東京電力株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己)とご家庭向けの電力販売代理に関する業務提携契約を締結しました。 2016年4 [全文を読む]

[安倍宏行]【東電柏崎刈羽原発、安全対策の進捗】~訓練から得られる知見を生かせ~

Japan In-depth / 2015年11月18日20時04分

そこで筆者は当時担当していた報道番組(BSフジプライムニュース)で廣瀬直己東電社長をゲストに番組を制作した経緯がある。そして3年。原発はどう変貌を遂げたのか、今月初めに再訪した。まず津波対策。柏崎刈羽原発には1号機から7号機まである。1号機から4号機側の敷地の高さは海抜5メートルであり、そこは高さ10メートルの鉄筋コンクリート製防潮堤が完成していた。また、 [全文を読む]

「やまなしパワー」の運営に関する基本協定の締結について

PR TIMES / 2015年10月27日19時14分

平成27年10月27日 山梨県 東京電力株式会社 山梨県(県庁:山梨県甲府市、知事:後藤斎)と東京電力株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己、以下「東京電力」という。)は、平成28年4月から実施される電力システム改革(電力システム改革の第2段:小売・発電の全面自由化)に向けて、お互いにメリットのある新たな電力供給スキームについて協議を重ね [全文を読む]

電力・ガス他のセット販売に関する業務提携契約の締結について

PR TIMES / 2015年10月15日09時59分

2015年10月14日 東京電力株式会社 株式会社TOKAIホールディングス 東京電力株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己、以下「東京電力」)と株式会社TOKAIホールディングス(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:鴇田勝彦、以下「TOKAI」)は、本年5月27日から業務提携に向けた共同検討を重ねてまいりましたが、本日、ご家庭および法人 [全文を読む]

電力と通信・インターネットサービスの共同商品販売および新サービス開発に関する業務提携について

PR TIMES / 2015年10月07日17時36分

2015年10月7日 東京電力株式会社 東京電力株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己、以下「東京電力」)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:宮内謙、以下「ソフトバンク」)は、本日、電力と通信・インターネットサービスの共同商品販売に関する業務提携に向けた基本合意書を締結しました。 本業務提携では、全国約2, [全文を読む]

電力・ガスのセット販売に関する業務提携契約の締結について

PR TIMES / 2015年10月06日17時37分

2015年10月5日 東京電力株式会社 東京電力株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己、以下「東京電力」)と日本瓦斯株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:和田眞治、以下「ニチガス」)は、本日、ご家庭および法人事業者さま向けの販売代理方式による電力・ガスのセット販売に関する業務提携契約を締結いたしました。 具体的には、ニチガスが20 [全文を読む]

福島第一原発で“現役作業員”が真実を不敵暴露!「東電に対する不信感は募るばかり」

アサ芸プラス / 2015年08月26日17時55分

「12年当時は月給の入った封筒が机の上で立ちましたが、線量が下がったとはいえ、今も同じ1号機周辺で仕事をしているのに実入りは半分になりました」 東電の廣瀬直己社長が記者会見で13年12月契約分から元請け企業に支払う作業員日当を1万円増額することを公表しているにもかかわらずだ。長田氏も、「確かにその話は聞いてるけど、どこにどう消えているのか?」 と首をかしげ [全文を読む]

東京電力との包括提携に向けた基本合意及び新サービス開発実施のお知らせ

PR TIMES / 2015年06月10日14時31分

1. 趣旨 東京電力株式会社(代表執行役社長:廣瀬直己、以下「東京電力」)と株式会社USEN(代表取締役社長:田村公正、以下「USEN」)は、事業者さまへの効率的なエネルギー利用の提案提供を目的とし、電力の全面自由化に向けた電力事業についての包括提携に向け協議を行う基本合意をすると共に、その取組の一つとして、両社が展開する商品・サービスと電力を組み合わせた [全文を読む]

機器分離技術を活用したサービスの東京電力との共同実証について

PR TIMES / 2015年01月19日16時28分

インフォメティス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 只野太郎)と東京電力株式会社(東京都千代田区 代表執行役社長 廣瀬直己)は、平成27年3月より、インフォメティス株式会社の「機器分離技術」を活用したサービスの実証を共同で実施することといたしました。本実証では、インフォメティス株式会社はAI(人工知能)を用いた機器分離(ディスアグリゲーション)技術を提供 [全文を読む]

安倍首相はアナウンス効果で景気浮揚図るだけと大前研一分析

NEWSポストセブン / 2013年10月18日07時00分

東電の廣瀬直己社長が「私も安倍さんと同じ理解です」と、直接自分の意見を言うのを避けたほどである。 安倍首相は経済問題も明るく言う。私が提唱している「心理経済学」の観点からすれば、国民の心理を明るくするのは景気浮揚につながるから良いことだが、日本経済には本質的で構造的な問題がある。 2020年の東京五輪にしても、新聞やテレビが「3兆円の経済効果」と囃し立て、 [全文を読む]

東電の誤算、遠のく経営再建の裏側〜原発再稼働めぐり反発呼ぶ姿勢、高まる資金繰り懸念

Business Journal / 2013年09月27日07時00分

今年4月1日、東電の廣瀬直己社長は13年度事業運営方針の発表会で「黒字化のためには、あらゆる手段を尽くす」と強調、14年3月期の赤字脱却(13年3月期まで2期連続の最終赤字)に不退転の決意を示していた。だが、今年7月1日の14年第1四半期連結決算発表会で、この決意の言葉に早くも暗雲が立ち込めた。 同決算の売上高は前年同期比9.8%増の1兆4377億円、経 [全文を読む]

フォーカス