岡井崇のニュース

妊娠後期にはNG!? ついやりがちな「危険行為」外出編

It Mama / 2017年01月07日20時45分

無理は禁物ですよ! 【参考・画像】 ※ たまごクラブ編(2006)『たまひよ新・基本シリーズ 初めての妊娠・出産』(ベネッセコーポレーション) ※ 関沢明彦、岡井崇(2014)『安心すこやか妊娠・出産ガイド―妊娠・出産のすべてがこの1冊でわかる』(メディカ出版) ※ Anna Om、VGstockstudio / Shutterstock [全文を読む]

黒木メイサ、“捨て身“のすっぴん公開も主演ドラマの数字は伸びず...

メンズサイゾー / 2015年10月16日10時00分

現役の産婦人科医である岡井崇氏の同名小説をもとにするドラマでも、このデザイナーベイビーがカギとなっており、医師や親の複雑な思いが入り組んだミステリー仕立てのストーリーが展開されている。 シリアスな内容を含んだ社会派サスペンスとして見ごたえ十分だが、初回、第2話ともに平均視聴率5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低迷。6日の第3話では4.1% [全文を読む]

黒木メイサ、仲間由紀恵、広末涼子・・・女優たちを次々に脱皮させるNHK『ドラマ10』枠の挑戦

AOLニュース / 2015年10月12日12時00分

岡井崇の医療サスペンス小説が原作で、ノーベル賞候補の博士と元陸上選手という夫婦の赤ちゃんが病院の新生児室から連れ去られる。事件の背後に生殖医療の闇が見えてくる展開がスリリングだ。そのなかで黒木が演じる主人公は、妊娠8ヶ月でお腹の大きい刑事。庶務課に異動していたが、捜査手腕を買われて産休前に現場に駆り出されている。 黒木といえば"カッコイイ女性"役のキャステ [全文を読む]

黒木メイサが妊娠8カ月の刑事に!

Smartザテレビジョン / 2015年08月18日17時01分

「デザイナーベイビー―」は、岡井崇の小説が原作。頭は切れるが体は重いユーモラスな妊娠8カ月の刑事・速水悠里(黒木)が、生殖医療の最前線に切り込み、その真相に挑む。 ある日、病院の新生児室から赤ん坊が消える。父親はノーベル賞候補の物理工学博士で、母親は元陸上選手の有名人夫婦という特殊な事件のため、出産を控え庶務課に異動していた速水も捜査に動員される。しかし [全文を読む]

妊活中にアソコをキレイにすると「赤ちゃんの健康」にイイ理由

It Mama / 2015年01月09日18時34分

口の中をキレイにして、万全の体制でお腹に新しい命を迎えましょうね! 【関連記事】 ※ 判明!「おっぱいを3歳以上まで続ける」とアノ病気の発生率が低下する ※ 新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ ※ 妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10 ※ イイ女度もUP!今すぐ始めたい「妊娠力アップ」する生活習慣6つ ※ [全文を読む]

障がい等“胎児の問題”による中絶は法律で認められていない

NEWSポストセブン / 2012年09月19日16時01分

日本産科婦人科学会はすでに、「安易な実施は厳に慎むべき」と緊急声明を発表しているが、日本産科婦人科学会副理事長で、検査導入機関でもある昭和大学医学部の産婦人科学教室、岡井崇主任教授がその理由を説明する。 「この新型検査は採血をするだけですから、医師や看護師なら誰にでもできます。また、今回の報道の反応を見ても、近い将来相当数使われるのは容易に想像できる。しか [全文を読む]

フォーカス