佐藤香のニュース

sora tob sakana単独公演「月面の音楽隊」注目集まる バンドメンバーの豪華さも話題

もぐもぐニュース / 2017年03月03日17時16分

ギター 照井順政(ハイスイノナサ・Siraph・sora tob sakana音楽プロデューサー) ドラム 松下マサナオ(Yasei Collective) ベース 中西道彦(Yasei Collective) パーカッション 佐藤香(ハイスイノナサ・ex Aureole) キーボード 森谷一貴(ハイスイノナサ) ギター オータケコーハン(from LA [全文を読む]

お年玉没収「ママが、ぼくのお金盗んだ!」親族に不満ぶちまける…法的な問題は?

弁護士ドットコムニュース / 2017年01月01日07時37分

ありがちな「お年玉の没収」の法的な問題点について、佐藤香代弁護士に聞いた。 ●「財産管理権の濫用」にあたる場合も 「子どもが親族からもらったお年玉は、子どもの財産です。ただし、民法824条は、『親権を行う者は、子の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為についてその子を代表する』として、親に子の財産を管理する権限を認めています。ですから、子どもの財産を [全文を読む]

再婚した夫が連れ子に「出てって」「いつまでいるの?」と暴言... 母は何をするべきか

弁護士ドットコムニュース / 2016年10月26日10時28分

佐藤香代弁護士に聞きました。 ●暴言も「精神的虐待」にあたる どのような行為が児童虐待なのかは、児童虐待防止法第2条で定められています。 その中では、暴力を振るうなどの身体的虐待だけではなく、暴言などで子どもの心を傷つける行為も、精神的虐待として、児童虐待にあたるとされています。したがって、ご相談にあるような「出てってくれたらいいのに」、「いつまでいるの? [全文を読む]

選挙車運転手からセクハラのウグイス嬢「もうやりたくない」

NEWSポストセブン / 2015年07月05日16時00分

共同代表の佐藤香氏によれば4月から5月の半ばまでの1か月半に31件の深刻なセクハラ関連の事例が寄せられた。 運動員・選対事務局員や候補者などから選挙カー内で下半身を触られた。怖くなって途中で降ろしてもらい、その日はタクシーで帰ったなどの事例があった。後援会・支持者からのセクハラ被害はより深刻だ。選挙運動を終えた夜の接待を強要された上、ホテルの部屋に押し入ら [全文を読む]

セクハラ被害ウグイス嬢 加害者のため一日中笑顔続ける苦痛

NEWSポストセブン / 2015年07月02日16時00分

共同代表の佐藤香氏がいう。 「4月から5月の半ばまでの1か月半に31件の深刻な事例が寄せられました。そのうちの4割が4月の統一地方選での被害で、6割がそれ以前のものでした」 セクハラの加害者といえば候補者がまず頭に浮かぶが、それだけではない。 「運動員・選対事務局員が全体の42%で最多です。続いて候補者が26%、後援会・支持者が19%です」(佐藤氏) 絶対 [全文を読む]

選挙ウグイス嬢のセクハラ相談 1か月半で31件の深刻な事例

NEWSポストセブン / 2015年07月01日16時00分

共同代表の佐藤香氏がいう。 「4月から5月の半ばまでの1か月半に31件の深刻な事例が寄せられました。そのうちの4割が4月の統一地方選での被害で、6割がそれ以前のものでした」 選挙に勝ち抜くため、ウグイス嬢は候補者に寄り添い、運動員たちと一致団結して当選を目指す。そんな特殊な状況の中でセクハラ被害が生まれる。以下に紹介するのは相談窓口に寄せられたウグイス嬢た [全文を読む]

Aureoleのニューアルバムプロモーションタワーレコード渋谷店をジャックする前代未聞のハッシュタグを活用したO2O施策「Hashtag Awake」を企画

PR TIMES / 2015年03月10日16時18分

森大地(Vo/Gt/Prog)、岡崎竜太(B)、中村敬治(Gt)、中澤卓巳(Drs)、saiko(Syn&Flute)、佐藤香(Vibs&Glocken)の6人組バンド。都内を中心にライブ活動を行っている。 [全文を読む]

福島から発信!「暴力をなくし真に女性が輝く社会をつくろう」

PR TIMES / 2014年06月06日19時01分

記 日時: 2014年6月12日(木)14時~16時半 場所: 福島テルサ(福島市上町4-25) 内容 報告 「福島から暴力をなくす取組みをスタート!」 ○ 佐藤香さん(よりそいホットライン) よりそいホットラインの被災三県の相談事例およびシェルターネットの女性相談事業からわかる被害実態 ○ 三本ミチさん(福島県警) 性暴力等被害救援協力機関(SACRA [全文を読む]

フォーカス