広沢虎造のニュース

日本が誇る伝統芸能 "浪曲"…「聞いたことがない」6割

NewsCafe / 2015年08月07日12時00分

広沢虎造の清水の次郎長、CD全部持ってるー。■忠臣蔵の話で面白かった!■父親が好きでよく聞いていた。■大叔母が浪曲歌手だったらしい…。■上手い浪曲師だとその世界に引き込まれてしまうね。【ナシ…60.1%】■生ではないです。■あるけど流れていただけで興味を持って聞いた訳ではないから。■テレビのをチラッと見ただけ。■「ちびまる子ちゃん」を思い出した。■興味あ [全文を読む]

「私は、世界に日本人として生きたい」(藤田嗣治)【漱石と明治人のことば89】

サライ.jp / 2017年03月30日06時00分

「私は、フランスに、どこまでも日本人として完成すべく努力したい」 後年、戦争記録画をめぐるトラブルと失意から日本画壇と訣別し、日本国籍を捨てることになっても、藤田は日本から取り寄せた広沢虎造の浪曲のレコードを愛聴し、塩辛や茶漬けを好んで食べていたという。 文/矢島裕紀彦 1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の [全文を読む]

<落語と講談>講談界に現れた凄い人・神田松之丞さん

メディアゴン / 2016年10月26日07時40分

私は基本的に落語好きだが、講談も大いに関心があって、特に、2代目広沢虎造さんは凄いと思う。代表作は『清水次郎長伝』だが、なんど聞いても面白く、飽きない。「馬鹿は死ななきゃなおらない」とか「寿司を食いねえ、江戸っ子だってねえ」「神田の生まれよ」とか、「あっと驚く為五郎」といった、子どもの頃からよく耳にした文句の数々が、『清水次郎長伝』の中にあった。一種の音楽 [全文を読む]

椎名へきるの透明感、岩佐真悠子の小悪魔っぽさがにじみ出る!【稽古場レポート】

Woman Insight / 2016年10月06日10時00分

森の石松という人物は、実際に存在したのか定かではないけれど、広沢虎造さんという昭和の浪曲師が、清水の次郎長一家の浪曲をやっていて、それを聞いていたら、石松は泣いたり笑ったりが多く、割とコミカルにやれそうな人物で、時代物だったら森の石松をやりたいと思い、23年間演じてきました。今回の「森の石松外伝」は石松のことを知らなくてもドラマとして楽しめるし、外伝はあえ [全文を読む]

俺の趣味! 第5回 藤原喜明 陶芸を語る!「趣味を極めるにはしつこく執念深い性格が求められる。俺みたいに(笑)」

週プレNEWS / 2014年11月13日15時00分

イラスト、盆栽、浪曲……浪曲は広沢虎造を一席唸(うな)って、上野の本牧亭(ほんもくてい)を超満員にしたもんです。エッセーや小説も書くし、ピットブルの飼育も楽しかったね~。でも、ここ20年くらい続いてるのは陶芸ですね。藤原組をやってた頃から始めて、作品数はかれこれ3千点は超えてる。 きっかけは、ある陶芸家から粘土をいただいたんだよ。子供の頃から粘土細工は好き [全文を読む]

テリー伊藤対談、小林幸子「自由になって、すごく楽です」

アサ芸プラス / 2012年12月28日09時54分

そういうものを一緒くたに聞いて、それからうちの小林精肉店の商売もなかなかよくなってきたので、やっと内風呂ができて、末っ子だったもんで父が一緒にお風呂に入れて、広沢虎造とか浪曲を歌うわけですよ。で、私を抱っこしたまま「歌ってみろ」って言った時、私がそのままこぶしを入れて歌ったんですって。父は私を湯船に落としそうになったぐらいビックリしたそうです(笑)。 テリ [全文を読む]

フォーカス