原田岳のニュース

横浜FM、GK原田岳の離脱を発表…練習中に負傷し全治6週間の見込み

サッカーキング / 2017年06月05日15時44分

横浜F・マリノスは5日、GK原田岳の負傷離脱を発表した。 原田は6月3日の練習中に負傷し、横浜市内の病院にて検査を行う。その結果、左足関節捻挫と診断され、全治6週間の見込みと伝えられている。 同選手は1998年生まれの19歳。今季、横浜F・マリノスユースからトップチームへ昇格している。 [全文を読む]

横浜FM、今季トップ昇格したGK原田岳の負傷発表

ゲキサカ / 2017年06月05日14時55分

[故障者情報] 横浜F・マリノスは5日、GK原田岳が横浜市内の病院で検査した結果、左足関節捻挫で全治6週間の見込みと診断されたことを発表した。同選手は3日の練習中に負傷。横浜FMユースから今季トップチームに昇格したが、まだ公式戦の出場はなかった。 ★日程や順位表、得点ランキングをチェック!! ●2017シーズンJリーグ特集ページ [全文を読む]

横浜FM、GK原田岳が左足関節捻挫で全治6週間

超ワールドサッカー / 2017年06月05日13時31分

▽横浜F・マリノスは5日、GK原田岳が左足関節捻挫で全治6週間と診断されたと発表した。 ▽クラブによれば、原田は3日の練習中に負傷。同日に横浜市内の病院で検査を受けた。 ▽原田は横浜FMの下部組織から今シーズン昇格。ここまで出番がなかった。 [全文を読む]

「マリノスのために全力で戦う」新加入選手がファン・サポーターに向け挨拶

超ワールドサッカー / 2017年01月15日18時38分

宜しくお願いします」 ◆No.32 GK原田岳 「横浜F・マリノスユースから昇格しました原田岳です。1年目から遠慮せず頑張りたいと思います。宜しくお願いします」 ◆No.35 MF吉尾海夏 「同じく横浜F・マリノスユースから昇格しました吉尾海夏です。9年間アカデミーで培ったマリノスイズムとマリノスの誇りを胸に全力で戦います。応援よろしくお願いします」 [全文を読む]

横浜FMの名に恥じない選手に…ユース所属のGK原田岳とMF吉尾海夏が来季トップ昇格へ

ゲキサカ / 2016年11月10日17時00分

横浜F・マリノスは25日、横浜F・マリノスユース所属のGK原田岳とMF吉尾海夏が、来季トップチームへ昇格することを発表した。 クラブ公式サイトを通じて2人がコメントを発表。原田は「子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手になることができ嬉しく思います。ゴールキーパーとして日本のサッカーを引っ張っていける選手になりたいです。これまでお世話になった方々への感 [全文を読む]

横浜FMがユース所属のGK原田岳&MF吉尾海夏の来季トップチーム昇格を発表

超ワールドサッカー / 2016年10月25日12時59分

▽横浜F・マリノスは25日、GK原田岳、MF吉尾海夏の来季トップチーム昇格を発表した。 ▽原田はジュニアユースから横浜FMに所属。U-15、U-16日本代表の選出歴もある。吉尾はプライマリー(小学生年代)から横浜FMに所属。代表の招集歴はないが、2013年、2015年と原田とともに日本クラブユース選手権を制している。原田、吉尾はクラブを通じてコメントしてい [全文を読む]

鳥栖vs横浜FM 試合記録

ゲキサカ / 2017年05月24日21時14分

【ルヴァン杯グループB第6節】(ベアスタ) 鳥栖 1-2(前半0-0)横浜FM [鳥]富山貴光(76分) [横]ウーゴ・ヴィエイラ2(64分、90分+2) [横]パク・ジョンス(42分) 観衆:6,207人 主審:西村雄一 副審:間島宗一、中井恒 [サガン鳥栖] 先発 GK 33 権田修一 DF 8 藤田優人 DF 5 キム・ミンヒョク DF 35 青木剛 [全文を読む]

鳥栖vs横浜FM スタメン発表

ゲキサカ / 2017年05月24日17時20分

[5.24 ルヴァン杯グループB第6節](ベアスタ) ※19:00開始 主審:西村雄一 副審:間島宗一、中井恒 [サガン鳥栖] 先発 GK 33 権田修一 DF 8 藤田優人 DF 5 キム・ミンヒョク DF 35 青木剛 DF 2 三丸拡 MF 19 太田徹郎 MF 20 小川佳純 MF 28 石川啓人 MF 50 水野晃樹 FW 18 富山貴光 FW [全文を読む]

[5月22日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年05月22日08時46分

GK原田岳(横浜FM、1998)*横浜FMユース出身。安定したキャッチングが持ち味。 World MFアルトゥーロ・ビダル(バイエルン、1987、チリ)*視野が広く、運動量とボール奪取能力が高いMF。 Former FWジョージ・ベスト(元マンチェスター・Uほか、1946、北アイルランド)*60年代後半のマンチェスター・Uを支えた伝説的ドリブラー。 FW [全文を読む]

横浜FMvs新潟 試合記録

ゲキサカ / 2017年04月26日21時48分

【ルヴァン杯グループB第3節】(ニッパツ) 横浜FM 4-1(前半1-1)新潟 [横]ウーゴ・ヴィエイラ(32分)、中島賢星(65分)、遠藤渓太(83分)、扇原貴宏(88分) [新]ジャン・パトリック(18分) [横]栗原勇蔵(45分+2) [新]ジャン・パトリック(31分) 観衆:5,538人 主審:佐藤隆治 副審:相樂亨、数原武志 [横浜F・マリノス] [全文を読む]

横浜FMvs新潟 スタメン発表

ゲキサカ / 2017年04月26日17時21分

[4.26 ルヴァン杯グループB第3節](ニッパツ) ※19:30開始 主審:佐藤隆治 副審:相樂亨、数原武志 [横浜F・マリノス] 先発 GK 31 杉本大地 DF 18 遠藤渓太 DF 4 栗原勇蔵 DF 2 パク・ジョンス DF 24 山中亮輔 MF 26 中島賢星 MF 6 扇原貴宏 MF 25 前田直輝 MF 33 ダビド・バブンスキー MF 3 [全文を読む]

齋藤学が10番お披露目も…横浜FMは逆転負けでFC東京が練習試合5連勝

ゲキサカ / 2017年02月15日17時18分

GK原田岳、4バックは右からDF遠藤渓太、DF松原健、DF新井一耀、DF高野遼と並んだ。中盤はMF中町公祐とMF中島賢星のダブルボランチで、右にMF前田直輝、左にMF吉尾海夏。前線はFW富樫敬真が下がり目に位置し、FWウーゴ・ヴィエイラと縦関係の2トップを組んだ。 [全文を読む]

【2017Jリーグ補強診断】大荒れから一転、可能性を秘めた大型補強を敢行《横浜F・マリノス》

超ワールドサッカー / 2017年02月03日21時45分

◆高齢化の守備陣が世代交代へ【GK&DF】Getty Images【IN】 杉本大地(23)←京都サンガF.C./完全 鈴木彩貴(29)←ギラヴァンツ北九州/完全 原田岳(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 山中亮輔(23)←柏レイソル/完全 松原健(23)←アルビレックス新潟/完全 ミロシュ・デゲネク(22)←1860ミュンヘン(ドイツ)/完全 高野 [全文を読む]

[高校・ユース]Jクラブ17年加入内定者一覧(1/26)

ゲキサカ / 2017年01月27日00時26分

【高校・ユース】Jクラブ加入内定選手(1/26現在) 【大卒内定者一覧】 ▼北海道コンサドーレ札幌U-18 DF濱大耀(→札幌) MF菅大輝(→札幌) ▼札幌大谷高 MF大山武蔵(→C大阪) ▼青森山田高 GK廣末陸(→FC東京) MF高橋壱晟(→千葉) ▼ブラウブリッツ秋田U-18 MF小野敬輔(→秋田) ▼モンテディオ山形ユース DF高橋成樹(→山形) [全文を読む]

新世代躍動のヤング・マリノス、4発快勝でタイ遠征2連勝締め!

ゲキサカ / 2017年01月26日22時57分

仲川に代えてFW富樫敬真、金井に代えてDF山中亮輔、喜田に代えてMF中町公祐、前田に代えてMF山田康太、そして飯倉に代えてGK原田岳を投入した。 すると、さっそく交代選手たちが躍動する。左サイドバックに入った山中が後半1分に送った左クロスは相手GKにキャッチされるが、直後の同2分に先制。左サイドで遠藤がボールを持つと、外側を追い越した山中をおとりに使ってカ [全文を読む]

主力流出の横浜FMが新体制発表 10番、9番、1番は空き番号に

ゲキサカ / 2017年01月15日21時19分

【スタッフ】 監督:エリク・モンバエルツ ヘッドコーチ:松橋力蔵 コーチ:マルク・レヴィ コーチ:小坂雄樹 コーチ兼通訳:松原英輝 GKコーチ:松永成立 フィジカルコーチ:アレシャンドレ・マルレス 【選手】 2 DF パク・ジョンス 4 DF 栗原勇蔵 5 MF 喜田拓也 6 MF 扇原貴宏(←名古屋) 7 FW ウーゴ・ヴィエイラ(←レッドスター) 8 [全文を読む]

激震の横浜FMが新体制発表…契約未更新のMF齋藤学がリスト入り、MF中村俊輔&GK榎本哲也の番号は空き番に

超ワールドサッカー / 2017年01月15日17時15分

◆2017シーズン選手背番号 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 GK 21.飯倉大樹 30.鈴木彩貴☆←(ギラヴァンツ北九州)※完全移籍 31.杉本大地☆←(京都サンガF.C.)※完全移籍 32.原田岳☆←(横浜F・マリノスユース)※昇格 DF 2.パク・ジョンス 4.栗原勇蔵 13.金井貢史※背番号変更 15.新井一耀 22.中澤佑二 23.下平匠 2 [全文を読む]

“本気”で練習風景を変えていく、横浜FMユース「目の前のことを一生懸命に」

ゲキサカ / 2016年09月23日18時30分

トップチームに昇格したFW和田昌士、MF遠藤渓太など3年生が抜けたものの、GK原田岳、DF坂本寛之、DF板倉洸、DF有馬弦希、MF佐多秀哉、FW渡辺力樹ら多くの主力を残し、松橋力蔵監督が「ジュニアユースのときからいい成績を挙げてきた」と話す年代が今年、最上級生となった。 しかし、連覇を目指したクラブユース選手権ではラウンド16で姿を消した。グループリーグ第 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]昇格組・横浜FMユースが4連勝、首位と勝ち点3差に!

ゲキサカ / 2016年09月12日22時08分

だが、横浜FMはGK原田岳を中心とした守りでこれ以上の反撃を許さない。逆に横浜FMは後半アディショナルタイム、交代出場MF川原田湧の右クロスを同じく交代出場のFW西田優太が頭で合わせて3-1で勝利した。 苦しい昇格1年目を送っている新潟にとって痛かったのはやはり先制点。入江徹監督は「先制されると苦しいですし、こちらから点を奪って、突き放せるようにならないと [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]横浜FMは今季最多5ゴール快勝も不満の内容、「もっと相手を見ながらプレーしないと」

ゲキサカ / 2016年08月29日19時30分

GK原田岳が「僕らの理想は相手より動いて、圧倒するサッカー。前半はシーズン後半戦最初の試合ということもあって全体的に硬く、スロースタートになってしまいました」と振り返ったように、前半の横浜FMは動きが硬く、相手より動く部分を欠いた。それでも横浜FMは前半18分に右CKを中央でMF吉尾海夏がつなぎ、最後はDF板倉洸が押し込んで先制。だが、35分に同点に追い [全文を読む]

フォーカス