半谷陽介のニュース

[関東2部]東京学芸大FW半谷や星稜出身GK高橋ら、19名のルーキーが開幕登録メンバー入り!

ゲキサカ / 2017年04月11日11時46分

また、東京学芸大では星稜高出身のGK高橋謙太郎や、昨年の日本クラブユース選手権(U-18)大会MVPのFW半谷陽介(FC東京U-18)、プリンスリーグ東海優勝のJFAアカデミー福島U18出身、MF服部遼太郎が登録されている。 国士舘大や神奈川大、拓殖大、東海大、立正大ではルーキーの登録はなかった。 登録メンバー入りしたルーキーは以下のとおり ■早稲田大 [全文を読む]

東京学芸大新入部員にまず2名、クラセンMVPのFC東京U-18MF半谷とJFAアカデミーFW服部

ゲキサカ / 2017年02月23日20時50分

昨年の日本クラブユース選手権(U-18)大会でMVPを獲得するなど、FC東京U-18(東京)のクラブユース選手権とJユースカップの2冠獲得に貢献したMF半谷陽介と、プリンスリーグ東海優勝のJFAアカデミー福島U18(静岡)FW服部遼太郎が加入する。 以下、東京学芸大の入部予定選手 ▽MF 半谷陽介(FC東京U-18) ▽FW 服部遼太郎(JFAアカデミー福 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]3冠狙うFC東京U-18が首位浮上!流経大柏の初となるプリンスリーグ降格が決定:第16節

ゲキサカ / 2016年11月27日20時10分

さらにFW半谷陽介のゴールで加点したFC東京は後半にもU-19日本代表に初選出された中学生FW久保建英のゴールでダメ押して3-0で快勝した。この結果、日本クラブユース選手権、Jユースカップに続く3冠を狙うFC東京が首位へ浮上している。 13年にプレミアリーグチャンピオンシップを制している流通経済大柏高(千葉)の初の降格が決まった。残留圏8位の鹿島と勝ち点6 [全文を読む]

[クラブユース選手権(U-18)]2戦連発!FC東京U-18FW半谷陽介が大会MVPに(10枚)

ゲキサカ / 2016年08月05日21時11分

▼関連リンク 【特設ページ】第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 [全文を読む]

MVPはFC東京U-18の半谷!FW久保建英らが得点王、MIPは清水ユースDF立田

ゲキサカ / 2016年08月04日22時16分

大会MIPには準Vの清水ユースをキャプテンとして率いたDF立田悠悟が輝き、大会MVPには決勝でも2-0とする得点を挙げたFW半谷陽介が受賞した。 ▽得点王:5得点 FW久保建英(FC東京U-18) MF滝裕太(清水ユース) FW小柏剛(大宮ユース) ▽MIP DF立田悠悟(清水ユース) ▽MVP FW半谷陽介(FC東京U-18) (取材・文 片岡涼)▼関 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]青森山田2位後退、千葉名門校対決制した市立船橋が首位ターン!:第9節

ゲキサカ / 2016年07月17日21時26分

MF品田愛斗の先制点とFW半谷陽介の3発によってアルビレックス新潟U-18(新潟)に4-0で快勝したFC東京U-18(東京)が3位。FW中野優太の決勝点によって鹿島アントラーズユース(茨城)に1-0で勝った清水エスパルスユース(静岡)が4位につけている。 柏レイソルU-18(千葉)対大宮アルディージャユース(埼玉)戦はFW太田泰河の先制点などによって柏が [全文を読む]

[関東2部]東京学芸大登録メンバー:前期

ゲキサカ / 2017年04月14日21時12分

第91回関東大学サッカーリーグ戦2部 ■監督 檜山康 ■主将 石川将人(4年=流通経済大柏高) ▼GK 1 木村真(3年=柏U-18) 12 秋山元(4年=逗子開成高) 22 高橋謙太郎(1年=星稜高) ▼DF 3 鈴木翔太(3年=清水ユース) 4 松居朋生(4年=鹿島学園高) 5 石川将人(4年=流通経済大柏高) 6 稲辺光(4年=市立浦和高) 13 大 [全文を読む]

[Jユースカップ]決勝日程

ゲキサカ / 2016年11月21日15時55分

2016Jユースカップ 第24回Jリーグユース選手権大会 【決勝】(11月19日) [ヤマハ] サンフレッチェ広島ユース2-3(延長)FC東京U-18 [広]松本大弥(28分)、山根永遠(45分) [F]松岡瑠夢(50分)、半谷陽介(53分)、荒川滉貴(107分) ▼関連リンク 2016Jユースカップ特集ページ [全文を読む]

[Jユースカップ]FC東京U-18が2冠達成!広島ユースとの110分間の死闘制す!

ゲキサカ / 2016年11月20日08時57分

中盤はAFC U-16選手権日本代表MF平川怜(1年)と伊藤純也(3年)のダブルボランチで右MF生地慶充(3年)、左MF内田宅哉(3年)、2トップはU-19フットサル日本代表候補のFW松岡とクラブユース選手権MVPのFW半谷陽介がコンビを組んだ。準決勝2得点のMF小林真鷹(2年)や荒川、AFC U-16選手権日本代表の中学生FW久保建英はベンチからのスター [全文を読む]

[MOM1954]FC東京U-18FW松岡瑠夢(3年)_2点ビハインド挽回させ、中央、サイドで走り切った10番

ゲキサカ / 2016年11月20日07時53分

これに反応したFW半谷陽介がPAで後方からDFに倒されて同点ゴールに繋がるPK獲得。半谷の鋭い動きも見事だったが、このシーンではその前の松岡の仕掛けとスルーパスまでの流れるような動きが非常に大きかった。 また、佐藤一樹監督はそれ以外の面での評価を口にする。松岡は前半、半谷とともに前線からのハードワークを徹底。そして後半開始から左サイドへ移ると、「後ろの3枚 [全文を読む]

フォーカス