石井邦生のニュース

井山裕太七冠の師匠愛

NHKテキストビュー / 2016年10月01日08時00分

井山の師匠、石井邦生九段です。「師匠は私なのに趙治勲が好きだとか、尊敬しているとか言い回っているらしい。本当に困ったやつだ。師匠はこの私なのになあ」と少々ご立腹みたい(笑)。でも、石井さんに伝えてあげたい。井山は誰よりも、心の底からあなたを敬っていますよ、と。石井さんに対する尊敬と感謝の気持ち、それに愛は、とても強く感じます。何年前だったか、井山の防衛戦の [全文を読む]

羽生善治氏と井山裕太氏 将棋と囲碁の天才2人が「8冠対談」

NEWSポストセブン / 2015年02月02日16時00分

将棋も囲碁も、師匠から直接教わるという伝統はほとんどないが、井山さんは入段まで師匠の石井邦生九段に1000局も打ってもらった。珍しいケースでしょう。 井山:小学生になる前からネットを通じて打ってもらいました。師匠からは定石を覚えなさいとか、もう少し全体のバランスを考えてとか、一切いわれたことがないんです。もうとにかく、『打ちたいように打ちなさい』と。 羽生 [全文を読む]

リスクを背負ってこそ勝利は掴める! 七冠同時制覇を成し遂げた最強囲碁棋士が、その思考を初めて明かす。井山裕太・著『勝ちきる頭脳』発売!!

PR TIMES / 2017年02月23日10時28分

石井邦生九段門下。日本棋院関西総本部所属。9歳でプロ棋士の養成機関である院生になった後、2002年に12歳で入段を果たし、プロ棋士となる。2005年、16歳4カ月で阿含・桐山杯を優勝し、史上最年少記録を更新。2009年には、七大タイトルの一つとなる「名人」を奪取。20歳4カ月で史上最年少名人となり、九段に昇段。破竹の勢いで数々の記録を塗り替えながら、史上三 [全文を読む]

囲碁七冠の井山裕太「アルファ碁で衝撃受けた手はなかった」

NEWSポストセブン / 2016年05月12日07時00分

5歳でテレビゲームをきっかけに囲碁を始め、6歳で石井邦生九段に弟子入り。師匠との約1000局に及ぶネット対局と実戦で才能を開花させ、中学入学と同時にプロ入り。20歳4か月で史上最年少名人の記録を更新し、4月20日に史上初の七冠を獲得した。趣味はスポーツ観戦、好きな漫画は『名探偵コナン』、好きな芸人はダウンタウン。 取材・文■甘竹潤二 撮影■田中智久 ※週刊 [全文を読む]

囲碁七冠の井山裕太 「戦う碁」は国際戦強い中韓の影響大

NEWSポストセブン / 2016年05月10日07時00分

5歳でテレビゲームをきっかけに囲碁を始め、6歳で石井邦生九段に弟子入り。師匠との約1000局に及ぶネット対局と実戦で才能を開花させ、中学入学と同時にプロ入り。20歳4か月で史上最年少名人の記録を更新し、4月20日に史上初の七冠を獲得した。趣味はスポーツ観戦、好きな漫画は『名探偵コナン』、好きな芸人はダウンタウン。 取材・文■甘竹潤二 撮影■田中智久 ※週刊 [全文を読む]

フォーカス