川岸良兼のニュース

今平周吾は90位Tと出遅れ 岩田寛ら6アンダー首位発進

ParOn.(パーオン) / 2017年05月25日19時15分

また、今季レギュラーツアー初出場のホスト・川岸良兼も同順位につけている。今季4戦目に挑んでいる尾崎将司は1バーディ・5ボギーの“76”、4オーバー129位タイと大きく出遅れた。【初日の順位】1位T:岩田寛(-6)1位T:ドンファン(-6)1位T:キム・ヒョンソン(-6)4位T:宮本勝昌(-5)4位T:重永亜斗夢(-5)6位T:宮里優作(-4)6位T:藤田寛 [全文を読む]

吉原信次が6アンダーで単独トップに

ParOn.(パーオン) / 2014年05月08日18時10分

川岸良兼は3アンダーの5位タイ、宮里聖志は1オーバーの51位タイで辛くも予選を突破。一方、チャレンジ開幕戦のNovil Cupを制した田島創志は、6オーバーの130位タイで予選落ちとなった。上位の結果1 吉原信次 -62 前川太治 -53T 篠崎紀夫 -43T 森本雄 -45T 川岸良兼 -35T 並河利隆 -35T 佐藤圭介 -35T 西裕一郎 -35 [全文を読む]

初Vに王手をかけた川岸史果が“怪物”を反面教師にしたこと

ParOn.(パーオン) / 2017年03月04日19時26分

昨日“65”を叩きだし首位に浮上した“怪物”の異名を持つ川岸良兼の次女・川岸史果が3日目も“68”とスコアを4つ伸ばしトータル9アンダーで首位をキープ。初優勝に王手をかけた。前半からエンジン全開だった。4番、5番、7番、8番と全て1メートル以内に絡めて2度の連続バーディで一気に抜け出すと、バックナインでもスコアを落とさず。同組の大城さつきが「すべてピンに絡 [全文を読む]

藤本麻子が首位発進! 1打差の2位に藤田光里

ParOn.(パーオン) / 2015年04月02日18時09分

また、今大会でプロデビューした川岸良兼の二女、川岸史華は1オーバーの30位タイで初日を終えた。 なお、大和笑莉奈が右足首痛のため、途中棄権となった。 [全文を読む]

第2ラウンド終了、2アンダー50位タイまでが予選を通過

ParOn.(パーオン) / 2014年08月02日09時12分

選手会長の池田勇太、谷原秀人らが50位タイで予選通過を果たし、初日15位タイと健闘した川岸良兼はイーブンパーの73位タイ、昨年の福島オープンゴルフで優勝のすし石垣も73位タイ、地元福島出身の佐藤圭介は121位タイでそれぞれ予選落ちとなった。 [全文を読む]

川岸良兼、練習ラウンドなしでも3アンダーの好発進!

ParOn.(パーオン) / 2014年07月31日20時09分

ダンロップ・スリクソン福島オープン(7月31日~8月3日、福島県・グランディ那須白河GC、6961ヤード、パー72) やはり川岸良兼という男のポテンシャルは計り知れない。なんと練習ラウンドなしのぶっつけ本番で初日を迎えながら、5バーディ、2ボギーの69で回ってきたのだ。しかも、今年は第1回大会なので、過去にラウンドした経験は一切ないにも関わらずだ。 「とり [全文を読む]

山田成美さんがトップ合格! 2位の山城奈々さんら26人がプロに!

ParOn.(パーオン) / 2014年07月31日18時58分

また、木戸愛の妹・侑来は通算5オーバーの34位タイ、川岸良兼の娘・史果さんは、通算8オーバーの58位タイ、森美穂は通算10オーバーの73位タイで不合格となった。文・キム ミョンウ [全文を読む]

【中間速報】午前組ホールアウト、市原弘大が6アンダー首位、高山忠洋4位タイ

ParOn.(パーオン) / 2014年07月31日13時38分

ベテランの川岸良兼、桑原克典、S・K・ホ(韓国)が3アンダーでホールアウトし、暫定5位タイ。上田諭尉、正岡竜二が2アンダーで回り、暫定12位タイ。 午後スタート組では、賞金ランキングトップの小田孔明が3ホールを終えてイーブンパーの暫定47位タイ、手嶋多一が6ホールを終えて2アンダーの暫定12位タイ。欧州ツアー、アジアンツアーを主戦場としている川村昌弘は宮 [全文を読む]

元祖怪物クンが見た松山英樹のすごーいところとは?

ParOn.(パーオン) / 2014年07月05日18時18分

そこで、同組でラウンドした元祖怪物クンの異名をとった川岸良兼に、松山評を直撃した。 「まず、バックスイングでの捻転がいいよね。下半身を平らに回しながら、上半身を縦に回している。よほど体が柔らかいんだろうね。あれだけの捻転差があれば、ヘッドスピードも自動的に上がる。ゆっくり振っているようで、飛距離が出るのはそこに理由がある」 アドレスでつくった上体の前傾姿勢 [全文を読む]

5アンダーで4人がトップに並ぶ…男子チャレンジツアー

ParOn.(パーオン) / 2014年06月12日17時23分

浅地洋佑、横田真一は2アンダーの23位タイ、細川和彦、伊藤誠道は1アンダーの37位タイ、川岸良兼、今平周吾はイーブンパーの58位タイにつけ、田中秀道、田島創志、桑原克典らは予選落ちを喫した。 [全文を読む]

今平周吾がプレーオフを制しプロ初優勝…HEIWA・PGM Challenge I

ParOn.(パーオン) / 2014年05月23日14時58分

初日単独トップに立った大前和之は、スコアを二つ落とし、横田真一らと並んで通算7アンダーの13位タイ、宮里聖志は通算5アンダーの27位タイ、川岸良兼が通算3アンダーの41位タイに終わった。 [全文を読む]

大前和之が9アンダーで単独トップ…男子チャレンジツアー

ParOn.(パーオン) / 2014年05月22日17時30分

2打差の7アンダーで2位につけたのは森田徹、さらに1打差の3位タイに、谷昭範と今平周吾が追走し、チャレンジ第1戦のNovil Cupを制した田島創志は、横田真一、川岸良兼らとともに5アンダーの5位タイにつけている。 [全文を読む]

P・ウィルソンがチャレンジ初優勝…プラスワン・福岡雷山チャレンジ

ParOn.(パーオン) / 2014年05月09日14時31分

初日トップに立った吉原信次は、二つスコアを落とし、川岸良兼らと並んで通算4アンダーの13位タイ、宮里聖志は通算1アンダーの38位タイに終わった。上位の成績1 P・ウィルソン -82 塩見好輝 -73T 小島亮太 -63T 劉松圭 -63T 竹谷佳孝 -66T 中島マサオ -56T 沖野克文 -56T 正岡竜二 -56T 小泉洋人 -56T 日髙将史 -56 [全文を読む]

怪物復活!? 川岸良兼が首位と2打差の好発進!

ParOn.(パーオン) / 2014年04月24日19時21分

首位に立って、インタビューを受けるつもりだったんだから」 アウトスタートの最終組でホールアウトしてきた川岸良兼が、ニコニコ? しながら不満をもらした。グリーンが硬くなり、風が強く吹き始めた午後スタート。最も不利な条件だったにもかかわらず、3アンダーの8位タイでフィニッシュした。「1番パー4は左ラフから打った2打目がグリーンエッジに落ちてオーケーについた。ラ [全文を読む]

元祖“怪物”川岸良兼が新規大会を制す!

ParOn.(パーオン) / 2014年03月28日15時43分

日本男子ツアーの元祖“怪物”川岸良兼が久しぶりの優勝を挙げた。 日本プロゴルフ協会(PGA)の特別後援競技として初開催のエイブル・ウッドワンInvitationalチャリティプロアマトーナメント2日目。首位と1打差のイーブンパー、4位タイからスタートした川岸は、前半から好調なゴルフで、17番を終わって通算5アンダーでホールアウトした加瀬秀樹と並ぶ展開。勝負 [全文を読む]

青木功ら、ツアー優勝経験プロ20名が激突!

ParOn.(パーオン) / 2014年03月03日17時33分

・出場選手【シニアツアープロ】青木功、尾崎直道、加瀬秀樹、金子柱憲、倉本昌弘、芹澤信雄、羽川豊、東聡、牧野裕、湯原信光【レギュラーツアープロ】小達敏昭、川岸良兼、桑原克典、鈴木亨、田中秀道、深堀圭一郎、丸山茂樹、宮瀬博文、横田真一、米山剛 [全文を読む]

フォーカス