広瀬道明のニュース

ホンダなど11社、水素ステーションの本格整備に向けた新たな協業の検討を開始

JCN Newswire / 2017年05月19日15時20分

戦略的なステーション整備を目的とする新会社設立を検討TOKYO, May 19, 2017 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車株式会社(社長:豊田章男)、日産自動車株式会社(社長:西川廣人)、本田技研工業株式会社(社長:八郷隆弘)、JXTGエネルギー株式会社(社長:杉森務)、出光興産株式会社(社長:月岡隆)、岩谷産業株式会社(社長:谷本光博 [全文を読む]

「エネチェンジOEM」をベースに東京ガスのサービスサイトの開発・運用開始

PR TIMES / 2017年04月18日11時22分

電力比較サイト「エネチェンジ」(https://enechange.jp/)を運営するエネチェンジ株式会社(本社:東京都墨田区 代表取締役社長:有田一平)は、東京ガス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:広瀬道明)の電気・ガス・サービス受付、シミュレーションサイトの構築にあたり、「エネチェンジOEM」をベースに、”1.電気・ガスの料金シミュレーション [全文を読む]

電子チラシサービス「Shufoo!」、東京ガスのアプリを開発

PR TIMES / 2017年03月23日11時33分

~2017年4月からのガス小売自由化に伴い公共インフラ市場の競争が更に激化、「Shufoo!」を活用した公共インフラ企業契約者向けアプリで契約者との関係強化や利便性提供を支援~凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、東京ガス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:広瀬道明、以下 東京ガス)のWEB会員サービ [全文を読む]

東京電力、東京ガスへの逆襲を始動…東ガス、東電からの顧客奪取が早くも急失速

Business Journal / 2016年05月19日06時00分

東ガスは20年までに家庭用で100万件の契約を獲得し、「新電力でのトップを目指す」(広瀬道明社長)と息巻いている。東電から顧客をどの程度奪えるか、注目を集めている。 経済産業省の認可法人、電力広域的運営推進機関がまとめた電力契約の切り替え件数は、4月末時点で81万9500件。全国世帯数に占める割合は1.3%にとどまる。切り替えが集中したのは大都市で、首都 [全文を読む]

東京ガス、アジア諸国でのLNGインフラ事業に進出「日本で培った技術・ノウハウを生かしたい」―広瀬社長が海外積極展開を表明

Record China / 2016年05月11日06時10分

2016年5月9日、東京ガスの広瀬道明社長は日本記者クラブで記者会見し、増加するアジア地域の天然ガス・エネルギー需要に対応して、「日本で培ったLNG(液化天然ガス)の技術・ノウハウを生かしたい」と指摘した。 広瀬社長によると、マレーシア、インドネシアなどアジア諸国は、経済成長と生活レベルの向上に伴い、LNGの輸出国から輸入国に転換しつつある。日本が四十数年 [全文を読む]

東京ガス、社名から「ガス」消して東電へ宣戦布告か!東電包囲網計画に大誤算発生

Business Journal / 2015年12月27日06時00分

東京ガスの広瀬道明社長は今年10月15日、家庭向け電力の販売に参入することを正式に表明した際、「東京ガスという社名で電気を販売することは、よく考えるとおかしい。このままでいいのかどうかは社内でいろいろ検討している」と語っている。社名から「ガス」の2文字を消すということは、不退転の決意で東京電力との決戦に挑むことを意味している。●東電包囲網 東京ガスの東電 [全文を読む]

東京ガスの豹変 何を“企んで”いるのか?

Business Journal / 2015年06月18日06時00分

●東京ガスと東京電力の真っ向勝負 東京ガスの広瀬道明社長は14年10月、電力小売りの完全自由化に合わせて、家庭向け電力販売に参入する方針を表明した。「2020年には発電能力を現状の2倍以上の300万キロワットに、販売電力量を3倍の300億キロワット時に引き上げ、首都圏における電力販売シェアの1割を目指す」(14年10月16日付ロイターより) [全文を読む]

フォーカス