森優作のニュース

リリーフランキーも怪演! 戦後70年目に観るべき映画『野火』

ソーシャルトレンドニュース / 2015年08月16日12時00分

何故か彼を慕い、世話を焼く永松(森優作)、戦場でも正気を失わず、部下を引っ張る伍長(中村達也)etc.彼らは互いに他者と関わる中で、かろうじて“人間”であることを保っていたのだが……。 ■あなたは、極限状態で餓死寸前ならば人間を食えるか本作の一番の特徴は、終始途切れることのない“違和感”だ。まるで、スクリーンから葉の匂いが漂ってきそうなくらい、生命力あふれ [全文を読む]

次の世代へ…『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第22週】

WEB女性自身 / 2017年03月05日17時00分

変装した中西(森優作)と武(中島広稀)は店の様子をこっそり伺うが、やはり客はほとんど訪れず。「おぼっちゃんの思いつきに乗せられて、振り回されたような気分やわ」と明日香(大西礼芳)。社員たちのやりとりを見守る勝二はこう切り出す。「まず、お客さんに足を運んでもらうためにどんな努力した? さくらと健太郎は武に頼み、大切に保管されていたキアリス開店当時の宣伝用のカ [全文を読む]

さくら、入社へ『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第21週】

WEB女性自身 / 2017年02月26日15時00分

また、32歳となった中西(森優作)は人事部長となり、悦子(滝裕可里)は販売員指導係として新入社員の指導を担当。良子と君枝は、デザイン部の責任者となっていた。 式典では、100名を超える社員とアルバイトの人々を前に挨拶に立つすみれ。「キアリス」のマークの四つ葉の意味を伝える。「勇気、愛情、信頼、希望。それが全部そろうと幸せになれる。それを忘れずにいてください [全文を読む]

大送別会の言葉『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第20週】

WEB女性自身 / 2017年02月19日15時00分

龍一の歌に驚く中西(森優作)たちに、あきれ顔の良子(百田夏菜子)。 一方、この先の人生に不安を感じているのは若者だけではなく、すみれの家で長年働いてきた女中の喜代(宮田圭子)も同じだった。棚に飾られたすみれたちの家族写真をみながら、「さくらお嬢様がこの家をお出になったら、私はどないしたら 」とつぶやく喜代。すみれの父・五十八(生瀬勝久)やはな(菅野美穂)は [全文を読む]

この家を出ます『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第16週】

WEB女性自身 / 2017年01月22日12時00分

そこに新入社員の中西直政(森優作)、西城一朗(永瀬匡)が初めて出勤してくる。 西城は24歳。大学卒業後メーカーに就職したが、自分の能力を生かせそうになく、転職をしたと挨拶する。もう一人の中西は家業の酒屋を継ぐつもりだったが店を閉めることになり、仕事を探したという。社長の紀夫は、新人とはいえ即戦力として期待していると激励し「社会人は気持ちを切り替えることが大 [全文を読む]

吉村界人主演! 斎藤工や松江哲明も期待を寄せる中村祐太郎監督作『太陽を掴め』が来年公開目指し始動

Entame Plex / 2016年05月22日19時32分

キャストは、ぼくのりりっくのぼうよみミュージックビデオ3部作をはじめ、『百円の恋』や『ディストラクション・ベイビーズ』など話題作への出演が相次いでいる吉村をはじめ、浅香航大、岸井ゆきの、三浦萌、森優作ら若手実力派俳優たちが集結。 撮影は、2月中旬にクランクアップ。中村監督は「感無量。“恐るべき子供たち”と言うにふさわしい今回のキャスト陣。第一線を死守する [全文を読む]

塚本晋也監督、最新作で「トラウマになってほしい」

Movie Walker / 2015年07月25日15時44分

主演も務めた塚本監督と共演したリリー・フランキー、森優作、音楽を担当した石川忠が登壇した。 14年9月に開催された第70回ヴェネチア国際映画祭でワールドプレミア上映された本作。自主製作・自主配給で初日を迎えたということもあってか、塚本監督は満席で立ち見が出た客席を万感の思いで見渡し、「いやぁ、ついにこの日が来てしまいました。どうしてもお金が集まらない中で作 [全文を読む]

フォーカス