本田耕一のニュース

まじめすぎると人はこうなる?!コロコロコミックでマジで大人気「まじめくん」と電話で話そう!「リアルまじめくんテレフォン」がコロコロミックで開始!!

PR TIMES / 2016年09月19日11時08分

その「まじめくん」に、おはスタ(テレビ東京系列)で活躍する芸人のあばれるくんがなりきった「リアルまじめくん」と、電話で会話できるサービス「リアルまじめくんテレフォン」を、9月14日よりバンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一、以下VIBE)が提供開始しました。 究極のまじめさが笑える、「リアルまじめくん」と早速話し [全文を読む]

話題の段ボール製簡易防音室『だんぼっち(R)』幅が約1.4倍!ゆったり幅広!!『だんぼっちワイド』が登場!!

PR TIMES / 2015年05月29日13時30分

バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一)は2013年10月に発表した段ボール製の防音室『だんぼっち(R)』のサイズバリエーションとしてゆったりとくつろげる『だんぼっちワイド』を2015年6月1日を目処に発売致します。 [画像1: http://prtimes.jp/i/8664/13/resize/d8664-13 [全文を読む]

話題の段ボール製簡易防音室『だんぼっち(R)』 高さが約1.3倍!立って歌える!!『だんぼっちトール』が登場。 ニコニコ超会議3で展示・体験会実施!!

PR TIMES / 2014年04月24日16時23分

バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一)は昨年10月に発表した段ボール製の防音室『だんぼっち(R)』のサイズバリエーションとして立って歌うことができる『だんぼっちトール』を2014年5月上旬を目処に発売致します。 1,経緯 昨年11月の「だんぼっち(R)」発表後、大きな反響を頂いた中で、特にサイズに関して立って歌い [全文を読む]

沖縄県石垣島でマリンレジャーを目的とした電気推進船の実用化に向けた取組をスタート

PR TIMES / 2014年02月14日17時33分

バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都品川区、代表取締役社長:本田耕一)は沖縄県の補助事業として株式会社国建、新糸満造船株式会社の2社と共同でEV船(電気推進船)の実用化に向けた研究事業の運営に取り組みます。 今回の取り組みは、マリンレジャーを基本的な目的とした日本初の海上における電気推進客船を将来の実用化に向け、石垣市と連動し様々な活用検証を実 [全文を読む]

VRカラオケの体験チャンス!ゴールデンボンバーやアイドルが至近距離に!?PlayStation(R)VR向け「JOYSOUND VR」の無料体験イベントを開催!

PR TIMES / 2016年12月12日11時44分

バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一)が運営するカラオケルーム予約サイト『HEYAPASS(ヘヤパス)』(登録無料)から、ご希望の日時を指定の上、ご予約頂けます。このたびお試し頂ける「JOYSOUND VR」は、ユーザーが360度好きなところを見渡せるオリジナルの360度パノラマ映像と、3Dオーディオにより再現さ [全文を読む]

VRカラオケの体験チャンス!ゴールデンボンバーやアイドルが至近距離に!?PlayStation(R)VR向け「JOYSOUND VR」の無料体験イベントを開催

PR TIMES / 2016年12月12日11時44分

バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一)が運営するカラオケルーム予約サイト『HEYAPASS(ヘヤパス)』(登録無料)から、ご希望の日時を指定の上、ご予約頂けます。このたびお試し頂ける「JOYSOUND VR」は、ユーザーが360度好きなところを見渡せるオリジナルの360度パノラマ映像と、3Dオーディオにより再現さ [全文を読む]

アナタの“お部屋”が都内を中心とした様々な場所に!!いつでも・どこでも・何度でも!業界初の新サービス!定額制カラオケルーム予約サイト『HEYAPASS』の提供開始

PR TIMES / 2016年11月09日17時18分

バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一、以下VIBE)は、2016年11月9日から、定額制にて都内を中心とした多数のカラオケルームを事前にネット予約して、自由に使うことができる『HEYAPASS(ヘヤパス)』のサービスを開始致しました。[画像1: http://prtimes.jp/i/8664/24/resize [全文を読む]

業界初!対象店舗のカラオケルームをネット予約、定額で何度でも利用できる!JOYSOUND直営店、9店舗で新サービス『HEYAPASS(ヘヤパス)』をスタート!

PR TIMES / 2016年11月09日12時20分

株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、社長:吉田篤司)の子会社で全国にカラオケ店舗を展開する株式会社スタンダード(本社:東京都港区、代表取締役社長:米田洋一)は、バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一)が11月9日(水)より運用を開始する、定額制で複数店舗のカラオケルームを自由に使うことができるサービス『HEY [全文を読む]

組立の手間が省ける!!段ボール製簡易防音室『だんぼっち(R)』 シリーズ組立サービス開始

PR TIMES / 2016年04月14日16時16分

資本金3億52百万円、代表取締役社長 本田耕一。モバイルビジネスのプロフェッショナルとして、デジタルコンテンツの提供・運営やインタラクティブ・メディアを利用した新規事業の創出および商品の提供、広告・宣伝業務を行っています。現在バンダイナムコグループに所属しています。 vibe and related vibe mark are trademark of V [全文を読む]

「マクロスF」のヒロイン「シェリル」や「ランカ」と対話できるスマートフォン用サービスを期間限定で実施!

PR TIMES / 2015年10月29日13時40分

バンダイ主催のイベント「TAMASHII NATION 2015」と連動し、10月30日(金)よりスタート株式会社バンダイ コレクターズ事業部(取締役・ゼネラルマネージャー:竹中一博、本社:東京都台東区)は、バンダイナムコグループである株式会社VIBE(代表取締役社長:本田耕一、本社:東京都中央区)の提供するスマートフォン用の新技術「CHARA・IN(キャ [全文を読む]

放映前からニンニンジャーとお話できる「ヒーローフォン」

PR TIMES / 2015年02月03日10時24分

~トッキュウジャーとニンニンジャーが電話で豪華競演!~ バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一、以下VIBE)は、小学館てれびくん(1月31日発売号)にて、手裏剣戦隊ニンニンジャーと烈車戦隊トッキュウジャーと電話で会話できるサービスを1月31日から開始した。 手裏剣戦隊ニンニンジャーは2月15日毎週日曜朝7:30よ [全文を読む]

電話でイチャきゅんデートできる“こばかわテレフォン”

PR TIMES / 2014年10月20日12時58分

~漫画のキャラクターと音声認識で愛の言葉を交わすサービスが大人気!~ バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一、以下VIBE)は、小学館Sho-Comiの人気漫画『小林が可愛いすぎてツラいっ!!』の主人公・真田蒼(CV:小野大輔)と電話でいちゃいちゃデート体験できるサービスを10月20日(Sho-comi22号掲載) [全文を読む]

話題の段ボール製防音室『だんぼっち(R)』専用、「劇場版アイドルマスター タペストリー」を特大サイズで発売!マチ★アソビカフェ小倉にて展示予定

PR TIMES / 2014年08月27日17時44分

バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一)は昨年10月に発表した段ボール製の防音室『だんぼっち(R)』のカスタマイズ品として、人気コンテンツ「アイドルマスター」のタペストリーを2014年10月上旬に発売します。今回の商品を皮切りに、今後もIPを活用した商品を拡充予定です。1,背景「だんぼっち(R)」のユーザーが独自に [全文を読む]

どんな声!?私の話を聞いてくれるの? 漫画の中のキャラクターと電話で話せる 「コロコロテレフォン」「ちゃおちゃおテレフォン」開始!

PR TIMES / 2014年08月05日10時55分

~漫画に描かれたキャラクターと電話で話せるサービスが大人気!~バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一、以下VIBE)は、漫画の中の憧れの主人公達と電話で話せるサービスを本格スタートしました。2014年10月にアニメ化が決定している小学館のコロコロコミックの人気キャラクター「怪盗ジョーカー」や「妖怪ウォッチ」と電話で [全文を読む]

こんな雑誌もあるの!?ちょっと怪しいけど気になる雑誌を提供開始!

PR TIMES / 2014年06月13日12時22分

~雑誌の記事が1記事単位で購入可能な「中吊りアプリ」~ バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一、以下VIBE)が凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)と共同で運営する雑誌を記事単位で購入できるAndroid端末向けスマートフォンアプリ「中吊りアプリ」にて、希少な上に、ちょ [全文を読む]

フォーカス