田中恭一のニュース

ギャラリーMenio 千村収一先生(千村どうぶつ病院・院長)・南部柔心先生(画家・版画家)イラスト展 開催

PR TIMES / 2017年02月10日16時07分

今回は特別出展として、メニコン創業者会長・田中恭一の動物の油絵も展示致します。 開催日初日3月9日(木)は、14時より、千村先生と南部先生に作品に対する想いをお話いただきます。千村先生は、アニーとクリと過ごした約10年の時間を飼い主としての目線、獣医師としての目線から皆さんにお話ししていただきます。 南部先生は「猫と暮らしていると、猫は人間以上に自分勝手 [全文を読む]

【プロダクトヒストリー】コンタクトレンズ〜創業者のあくなき探究心〜

&GP / 2017年02月08日17時00分

メニコンの創業者・田中恭一が、なんと独自の研究で生み出したのです。 終戦翌年、名古屋市内の老舗眼鏡店「メガネの玉水屋」で丁稚奉公を始めた恭一は、持ち前の器用さと好奇心旺盛な性格からメキメキと技術を上達させ、進駐軍の野戦病院の専属ライセンスを与えられるまでに。玉水屋は名古屋でいちばんの老舗であることから信頼も厚く、終戦直後から進駐軍の病院の中に入って、眼鏡の [全文を読む]

森家・孫家・宇野家など「ネオ創業家」続々誕生

NEWSポストセブン / 2017年05月05日07時00分

国内最大手のコンタクトレンズメーカー・メニコンも、創業者・田中恭一氏の跡を2000年に田中英成・社長が継ぎ、2015年に東証1部・名証1部に上場を果たすなど、拡大を続けている。さまざまな分野で、「ネオ創業家」が生まれている。 世襲をめぐっては、大塚家具のように父娘の間で亀裂が走るなど、うまくいかない事例もある。しかし、それを乗り越えた企業が、将来の三菱や [全文を読む]

メニコン、ボトルアーキテクチャを奈良薬師寺に奉納へ本社ギャラリー改装にあわせて、山田法胤管主に目録贈呈創業65周年を迎え、メニコンのモノづくりの歴史を一般公開

PR TIMES / 2016年06月23日11時49分

また、これまで常設展示コーナーは、メニコンDNAコーナーとして改め、作品だけでなく作者である初代会長の田中華山(竹彫工芸)、メニコンの創業者の田中恭一(刻画)、その末弟でメニコン技術顧問の田中勇輝(ボトルアーキテクチャ)の人となりにもフォーカスし、作品と作者を通してメニコンの基本精神である「独創とチャレンジ」を発信するコーナーとしました。この「ギャラリー [全文を読む]

メニコンスーパーコンサート2016宮川彬良&アンサンブル・ベガ特別演奏会~250組500名様ご招待~

PR TIMES / 2016年05月24日18時21分

本作品は、2部構成となっており、第1部では「オペラの楽しみ!?&オペラとは何か」と題してアキラさんとアンサンブルベガがオペラの素朴な疑問に迫り、第2部では東京および名古屋にて上演したメニコン創業者会長、田中恭一の半生をモチーフに、宮川彬良氏初の書き下ろしオペラ歌劇「あしたの瞳~もうひとつの未来」をコンサート形式で楽しくお送り致します。 <企画概要> ■公 [全文を読む]

「私の未来へのチャレンジ」絵はがき募集!

PR TIMES / 2013年07月12日09時11分

日本で最初にコンタクトレンズを生み出した、メニコン創業者会長 田中恭一の半生をモチーフにした「歌劇 あしたの瞳」。この作品の中で主人公は未知の「コンタクトレンズ」をつくることに挑戦し、開発することを通じて「みえる喜び」を生み出しています。 皆様が今、チャレンジすることが未来をつくっていくことから、様々なチャレンジしているシーンを絵はがきにして、ご応募いただ [全文を読む]

フォーカス