秋山拓也のニュース

[関西1部]びわこ成蹊スポーツ大が4発逆転!阪南大初黒星:前期第10節

ゲキサカ / 2014年09月05日00時43分

大阪体育大と対戦した関学は前半17分に大体大DF秋山拓也(2年=愛産大三河高)に先制ヘッドを決められてしまう。だが後半1分に全日本大学選抜MF小林成豪(3年=神戸U-18)のアシストから全日本大学選抜MF徳永裕大(2年=G大阪ユース)が同点ゴールを決めると、26分にも小林のラストパスを全日本大学選抜FW呉屋大翔(3年=流通経済大柏高)が決めて2-1で逆転勝 [全文を読む]

アルビ新潟S、負傷者や退場者を出しながら大量4得点で今季6勝目/Sリーグ第7節

サッカーキング / 2017年04月30日10時54分

続く13分には秋山拓也からのロングボールを佐野翼が裏に抜け出してトラップ。飛び出してきた相手GKを確認すると、巧みなコントロールでループシュートを決めた。 早々に2点のリードを奪い、試合の主導権を握ったアルビレックス新潟シンガポールだが、22分に元田龍矢が負傷交代。45分に相手との交錯で免田朋己が一発退場となり、10人での戦いを余儀なくされる。 一人少なく [全文を読む]

大量5得点を奪いアルビレックス新潟シンガポールが開幕連勝スタート

サッカーキング / 2017年03月05日11時27分

GKは野澤洋輔、DFは左から田中脩史、秋山拓也、柳育崇、鎌田啓義、ダブルボランチにキャプテンの稲葉修土と長崎健人、1.5列目は元田龍矢、中井涼太、阪本翔一朗、1トップは佐野翼が起用された。 試合開始から主導権を握ったアルビレックス新潟シンガポールは、16分に佐野がシーズン初得点を決めると、先制点から2分後に秋山が頭で合わせて追加点。30分には長崎が直接FK [全文を読む]

大体大は菊池が治療中に決勝点献上…「力不足を感じました」

ゲキサカ / 2016年12月16日20時08分

チームとして守ることが出来なかったと悔やんだのはキャプテンマークを巻いてプレーしたDF秋山拓也(4年=愛産大三河高)だ。後半17分にはFKを頭で合わせて同点弾を記録。ただチームとして2度の同点劇も勝利に繋げることは出来なかった。「一人少なかったことを言うと言い訳になるけど、あそこで集中を切らさずにできるチームが強いチームなんだと思います」。 そしてチーム [全文を読む]

エース高井、決勝累積確定PK与えるも涙のAT劇的弾!!日体大が35年ぶり決勝へ!!

ゲキサカ / 2016年12月15日19時37分

すると直後のセットプレー、右サイドからのFKをDF秋山拓也(4年=愛産大三河高)がヘディングで押し込み、後半17分に試合を振り出しに戻した。 しかし日体大はここでも冷静だった。後半23分にDF山崎勇一郎(4年=藤枝明誠高)に代えてDF寺田弓人(3年=星稜高)を投入。チームを落ち着かせると、同32分、MF輪笠祐士(3年=FC東京U-18)のロングパス一本がゴ [全文を読む]

明治大三冠ならず…“雪辱”果たした大阪体育大が3年ぶり4強!坂本総監督「2点ともイメージ通り」

ゲキサカ / 2016年12月13日16時27分

「立ち上がりはサイドからの攻撃やフィニッシュの精度が低かった」と明治大の栗田大輔監督が言うように、大阪体育大はDF秋山拓也(4年=愛産大三河高)を中心としたDF陣が攻撃の芽を摘み、シュートを打たせない。堅守でリズムをつくって徐々に流れを引き寄せる。 そして前半19分、大阪体育大が先制に成功。MF末吉塁(2年=初芝橋本高)の突破を止めにかかった甲府内定DF小 [全文を読む]

[MOM424]大阪体育大DF秋山拓也(4年)_「キャプテンの想いも背負って」にぎやかなDF陣を統率

ゲキサカ / 2016年12月13日07時15分

DFラインを統率したDF秋山拓也(4年=愛産大三河高)は「ハーフタイム後に声を掛け合って、DFラインが最後まで集中を切らさずにできたのが勝因かな」と充実感を漂わせた。 雪辱に燃えていた。夏の総理大臣杯の準々決勝で対戦し、0-3で敗れた王者・明治大との再戦。「いい雰囲気で試合に入れた。総理大臣杯で負けているので、立ち上がりからみんな気持ちが入ったプレーができ [全文を読む]

大阪体育大登録メンバー

ゲキサカ / 2016年12月08日14時30分

第65回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ) 大阪体育大登録メンバー └関西第3代表 ▼GK 1 野坂浩亮(4年=青森山田高) 21 本田渉(3年=新潟U-18) 31 立川小太郎(2年=初芝橋本高) ▼DF 2 太田賢吾(3年=川崎F U-18) 3 羽田昇平(3年=金光大阪高) 4 菊池流帆(2年=青森山田高) 5 秋山拓也(4年=愛産大三河高) [全文を読む]

大阪体育大を率いて44年、今季限りで勇退の坂本総監督はインカレ行きに安堵

ゲキサカ / 2016年11月14日16時57分

アクシデントにより、DF秋山拓也(4年=愛知産業大三河高)が急遽エース封じを任され、SBや中盤が主戦場の平田健人(2年=星稜高)がCBで起用された。 試合は前半24分に失点し、1点を追う展開に。それでも後半24分にFW古城優(2年=堺西高)の得点で追いつき、終了間際にはMF末吉塁(2年=初芝橋本高)が全国出場を決定付ける2点目。2-1で逆転勝利した。 大阪 [全文を読む]

[関西]大一番は大体大が制す、立命に先制されるも逆転勝ち!!関学大、関大のインカレ出場も決定

ゲキサカ / 2016年11月13日15時01分

DF菊池流帆(2年=青森山田高)がベンチ外でDF平田健人(2年=星稜高)がDF秋山拓也(4年=愛知産業大三河高)とともにCBを務めた。 全国切符を手にするために勝つしかない立命館大は、前節・阪南大戦(3-1)から先発の変更はなし。今季15点を挙げているFW木藤舜介(2年=東福岡高)とFW佐々木宏太(3年=作陽高)が2トップを務め、大分入り内定のMF國分伸太 [全文を読む]

フォーカス