村上和巳のニュース

戦場ジャーナリストが断言! テロ発生直後にとっさに取るべき行動とは?

tocana / 2015年11月21日13時00分

新宿・渋谷・東京駅をはじめ、新幹線や空港、はては2020年東京オリンピックでの攻撃も予想されているが、実際にテロに巻き込まれた場合、われわれはどのような行動をとるべきなだろう? イラクやシリアなどの戦場を取材してきたジャーナリストの村上和巳氏に聞いた。 「日本が狙われる可能性も、潜在的には常にあるといっていいでしょう。しかし、今もっとも注意すべきはアラブ・ [全文を読む]

東日本大震災から6年…福島「避難者VS地元住民」県内断絶の悲劇実態!(1)県民同士がいがみあう状態

アサ芸プラス / 2017年03月11日09時55分

『向こうでは、そんなこと言われたことがない』と相談されたが、その隣人が避難者を毛嫌いしているのを知っていたから何とも答えようがなかった」 被災地の住民対立について、直後から現地取材をしているフリージャーナリストの村上和巳氏が言う。「県外からは『福島』とくくられ、同じように風評被害に苦しんだ県民ですが、強制避難者は家や仕事を失い、代償として東電からの賠償金を [全文を読む]

検索サイトで上位表示される「がん情報」サイト その4割は信頼度× 有害なサイトも

QLife / 2016年11月07日16時00分

村上和巳) 関連リンク QLife お薬に関する情報提供、店舗とネットで約2割の差-厚労省が実態調査 QLife 最も受けられているがん検診は?医療情報調査研究会が意識調査を実施 第54回日本癌治療学会学術集会 ウェブサイト [全文を読む]

小林麻央もすがる「高額ガン先進医療」最前線(1)最先端な治療に対する高額な費用

アサ芸プラス / 2016年09月17日17時55分

〈私は痛み止めを飲むのが嫌で、でも、癌の痛みで限界を感じて、ようやくようやく薬を飲んだとき、身体の痛みが和らいで、なんだかわからないけれど、「許されていく」感覚がしたのです〉(ブログより) この「痛み止め」について、医療ジャーナリストの村上和巳氏が解説する。「モルヒネに代表される鎮痛剤を死が近い末期患者だけに処方していたのは昔の話。現在では、痛みがあるなら [全文を読む]

糖尿病防ぐ生活習慣 様々な項目に長期間気を配る必要あり

NEWSポストセブン / 2016年01月27日07時00分

●取材/村上和巳(ジャーナリスト)と本誌取材班 ※週刊ポスト2016年2月5日号 [全文を読む]

【パリ同時テロ】死者130人は、シリア内戦で1日で死亡する人数より少ない ジャーナリストに聞いた本当のところ

tocana / 2015年11月17日08時00分

長い目で見れば、そうした不満層がISにさらに流入する可能性は否定できません」(村上和巳/ジャーナリスト) たしかに、そもそも中東問題を引き起こした原因は欧米社会にあるにもかかわらず、パリのテロ事件ばかりを報道することに不満をもつアラブ・イスラム圏内の人々は多いはずだ。 さて、今回のパリ・同時テロ事件は9.11アメリカ同時多発テロ事件以来最大のテロ事件だとい [全文を読む]

チュニジアで日本人が死亡…次にテロが起こる危険な国は?

WEB女性自身 / 2015年03月25日06時00分

ピラミッドのあるエジプトやヨーロッパからの観光客も多いモロッコなどは要注意だと思います」(テロ問題に詳しい軍事アナリストの黒井文太郎さん) イスラム過激派が活発に活動する北アフリカだが、イスラム問題に詳しいジャーナリストの村上和巳さんはその対岸にあるヨーロッパの地中海沿岸地域も危険性を指摘している。 「イスラム過激派のメンバーは北アフリカから、スペインやフ [全文を読む]

原発湾内の魚から4万4千ベクレル!福島県沖“放射能汚染”の今

WEB女性自身 / 2015年03月11日06時00分

福島第一原発の取材を続けているフリージャーナリストの村上和巳さんは言う。 「原子炉に注入されている冷却水や、原発周辺を流れる地下水など、いまも大量の汚染水が毎日、海に流れ込んでいます。そのため1日に300億ベクレルの放射性物質が海を汚染し続けているのです。その量は1年で実に10兆9千億ベクレルにものぼります。汚染水が流れ込み続ける限り、周辺海域に住む魚介も [全文を読む]

戦場ジャーナリスト 収入不安定で「一家を支えてるのは妻」

NEWSポストセブン / 2015年02月14日16時00分

村上和巳さん(45才)はイラクやシリアなどの戦場で取材を重ねたジャーナリストだ。2004年4月から1か月半、日本に妻と生後1か月半の長女を残して戦時のイラクに入った。 「ヨルダンからイラクに入ってネットカフェから妻に『入ったよ』とメールすると、『イラクに入るときは、私に事前に相談することになっていたのに話が違う』と返事が来たんです。しばらくメールでけんか [全文を読む]

福島第一原発公開でわかった“汚染水危機”

アサ芸プラス / 2014年11月20日09時56分

◆ジャーナリスト 村上和巳 [全文を読む]

原発事故自殺で夫を亡くしたフィリピン人妻「月収は10万円……」

WEB女性自身 / 2014年09月03日08時00分

重清さんの自殺直後の現場を取材したジャーナリストの村上和巳さんは、彼が家族を残して自殺に至った経緯をこう説明する。 「重清さんは40頭の乳牛を育てながら、堆肥販売を拡大するために借金をし、500万円以上かけて堆肥小屋を建てたのです。しかし2カ月後に原発事故が起きた。牛乳は出荷停止となり、堆肥を売ることもできない。借金返済の道も見出せず、絶望のなか、先行きを [全文を読む]

自衛隊VS中国人民解放軍 「集団的自衛権」閣議決定で徹底シュミレーション(2)台湾に向けてミサイルを発射

アサ芸プラス / 2014年07月16日09時56分

多くの戦地を取材してきたジャーナリスト、村上和巳氏が言う。 「05年に中国政府は『反国家分裂法』を成立させています。台湾独立阻止のための軍事行動を合法化する法律です。そのため、中国人民解放軍は軍事行動を即座に開始するでしょう。そして、まず仕掛けてくるのは、台湾に向けてのミサイル攻撃です」 これには“前例”がある。96年に行われた台湾総統選挙で独立志向の李 [全文を読む]

2~3年位内に富士山噴火!? ~学者と予言者たちの見解~

tocana / 2014年03月20日16時30分

・3.11直後の地震で噴火しなかったのは奇跡!? 防災ジャーナリストの村上和巳氏は、過去の例を見ても「富士山は巨大地震から3年以内に噴火している。3・11の直後、富士市で震度6の地震がありましたが、あの時、噴火しなかったのは奇跡的だったという研究者もいるほど。しかも次回は、相当大規模な噴火になることが予想されます」(『週刊実話』、2014年2月27日特大号 [全文を読む]

東北に巣食う“震災悪魔”を徹底追及(2)「被災地の高齢者を狙う詐欺の手口」

アサ芸プラス / 2014年03月18日09時56分

この3年間、東日本大震災に関する取材を続けているジャーナリスト・村上和巳氏が語る。 「福島の中通りなどで、仮設住宅を訪ねると高齢者世帯が多いのですが、その高齢者から、『新しく設置した固定電話の留守電の消し方がわからないから』と、頼まれることがあるんです。それで消す前に留守電の内容を聞いてみると、マンション、金、お墓といった詐欺の売り込みや投資話、先物取引 [全文を読む]

震災から1000日が経過… 復興庁は発表できない被災地の終わりなきトラウマ地獄(3)

アサ芸プラス / 2013年12月20日09時56分

被災地を取材し続けるジャーナリストの村上和巳氏が語る。 「岩手、宮城では巨大津波に襲われ、多くの方が命を落としました。震災当初、火葬場が満杯で土葬したものの、2カ月後には腐乱状態で体液が滴るビニール袋入りの遺体を納めた棺を、不憫さのあまりに家族が掘り起こしてしまうなどの問題が発生しましたが、今は解決しています。しかし、震災当時、夫の親である祖父母が預かって [全文を読む]

4.19は呪われた日 ボストン爆発事件と新興宗教団体集団自殺事件の意外な関係

ハピズム / 2013年04月19日17時00分

テロ問題に詳しいジャーナリストの村上和巳氏は次のように語る。「そもそもイスラム過激派の場合、かなりの確率で犯行声明を出します。これは『戦果』の強調が組織拡大、つまり構成員獲得につながるからです」 一方、使用された爆発物は、圧力鍋に火薬と殺傷能力を高めるためにクギや金属片などを詰めた形式であることがわかってきた。この種の爆発物はイスラム過激派のテロ教本などで [全文を読む]

日揮作業員が悲痛激白(2)「肉片を吹き飛ばす殺傷能力」

アサ芸プラス / 2013年02月05日09時56分

多くの罪もない人たちを犠牲者とする非道な犯行を起こした組織、そしてその首謀者・ベルモフタール司令官について、国際テロ事情に詳しいジャーナリストの村上和巳氏が解説する。 「非常に過激で、過去5年では最も『アルカイダ』を名乗って軍事行動を起こしてきた組織だと思います。かつて目立っていたイラクやパキスタンのアルカイダ系組織のように、見せしめで人質を斬首するとい [全文を読む]

警戒区域の新ターゲットは「薬局」

アサ芸プラス / 2012年11月02日10時58分

(ジャーナリスト・村上和巳) 【関連記事】 橋下徹市長vs小林よしのり 「ゴーマン舌戦」をジャッジする(3) 福島第一の悲劇は終わらない!(1) オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(3) 東電OL殺人事件 真犯人はコイツだ(7) 「不正受給者」に支払う生活保護はねぇ(1) [全文を読む]

緊急大特集 日中「尖閣全面戦争」完全シミュレーション(1) 「日本の第2護衛艦隊が中国の東海艦隊を撃破する」

アサ芸プラス / 2012年10月02日10時58分

ジャーナリストの村上和巳氏が言う。 「当然、自衛隊は尖閣には指一本すら触れさせまいとします。一方、中国は台湾独立を阻止するために軍事行動をするという『国家分裂阻止法』という法律があるぐらいですから、自衛隊が動けば、人民解放軍が大規模な戦闘行為とまではいかずとも、何らかの軍事行動は行うでしょう」 こうした一触即発の状況下、本誌は論客7人にそれぞれの専門分野 [全文を読む]

野田総理よ、ここまで言っても原発を動かすのかっ(5)

アサ芸プラス / 2012年07月23日10時57分

北朝鮮などの国際情勢や安全保障問題に詳しいジャーナリストの村上和巳氏は次のように語る。 「北朝鮮は過去の拉致事件でもわかるように、福井県や新潟県の沿岸部での極秘潜入ルート情報を十分に持っています。沿岸部などから半潜水艇などで接近するならば、警察なども事前情報をつかんでいなければ侵入阻止は不可能でしょう」 そもそも前述のように県警や海上保安庁はふだんは原発 [全文を読む]

フォーカス