吉村泰典のニュース

検診の大切さを再認識した日 NIPPON女性からだ会議®2016

Japan In-depth / 2016年11月07日23時00分

続いて行われたパネルディスカッション第1部「女性のからだ聞きたいこと伝えたいこと」には、産婦人科医吉村泰典氏、宋美玄氏、モデルの美優氏、藤森香衣氏、そして一般社団法人シンクパールの代表理事難波美智代氏が登壇した。 慶応大学病院名誉教授 内閣官房参与 吉村泰典氏は、女性健康寿命と平均寿命との差が12.4年あることを指摘。つまり、寿命を全うする前に寝たきりな [全文を読む]

検診の大切さを再認識した日 NIPPON女性からだ会議®2016

Japan In-depth / 2016年11月07日12時00分

続いて行われたパネルディスカッション第1部「女性のからだ聞きたいこと伝えたいこと」には、産婦人科医吉村泰典氏、宋美玄氏、モデルの美優氏、藤森香衣氏、そして一般社団法人シンクパールの代表理事難波美智代氏が登壇した。 慶応大学病院名誉教授 内閣官房参与 吉村泰典氏は、女性健康寿命と平均寿命との差が12.4年あることを指摘。つまり、寿命を全うする前に寝たきりな [全文を読む]

経済損失6兆円を防げ!女性の健康週間

Japan In-depth / 2017年03月05日11時00分

パネリストは杉山さんの他に、野田聖子衆議院議員、内閣官房参与・慶應義塾大学吉村泰典名誉教授、NPO法人女性医療ネットワーク対馬ルリ子理事長、経済通産省商務情報政策局の江崎禎英ヘルスケア産業課長。 女性の社会進出が進む中、晩婚化、出産年齢の高齢化など、女性のライフサイクルも大きく変わって来ている。女性の妊活サポートやメノポーズ(更年期)などの説明があったり [全文を読む]

卵子凍結の出産率は採卵時30才で11.3%

NEWSポストセブン / 2016年10月30日16時00分

ガイドラインの作成にかかわった元日本生殖医学会理事長で、慶應義塾大学名誉教授の吉村泰典さんが語る。 [全文を読む]

出生率上昇への方策 「電車にバギー&車いす専用車両を設ける」

NEWSポストセブン / 2016年02月03日11時00分

元日本産科婦人科学会理事長の吉村泰典氏は2人目の壁、つまり“2人目の子供を作りたいと考える夫婦の前に立ちはだかる障壁”を突破するには、社会・企業・男性の意識改革が必要だと力説する。日本は海外に比べると、とりわけ2人目を産めるような社会基盤が整っていないと言う。吉村氏が、解説する。 * * * ここ数年で、子育て支援のための施設や制度作りは急激に進みました。 [全文を読む]

2016年に結婚、出産、そして子育て体験があるかも?! 今から予習しておきたい“3つの準備”とは?

anan NEWS / 2015年12月18日17時00分

なかでも、産婦人科医として長年多くのお産に立ち会い、また不妊治療にもかかわってきた慶應義塾大学医学部の名誉教授・吉村泰典先生による「なんでも相談室」は必読。専門家による確かな情報に安心することができます。 出産準備サイト/ミキハウス http://baby.mikihouse.co.jp/ ■その3:子どもの教育の準備 出産した赤ちゃんがおっぱいとお別れす [全文を読む]

血の繋がりがなくても産めば母なのか 「第三者の卵子で受精成功」に戸惑いの声

ウートピ / 2015年07月30日12時00分

誰が母なのか日本産婦人科学会理事の吉村泰典医師は自身のホームページ(吉村やすのり・生命の環境研究所)にて、採卵時に使う排卵誘発剤の副作用、7日以上の通院が必要なこと、卵巣過剰刺激症候群の副作用、またその保障体制が整っていないことを挙げ、卵子提供ドナーを探すことの難しさを指摘しています。「卵子提供による体外受精における親子関係の法律はありませんが、これまでは [全文を読む]

夢の子宮移植 医学的リスクの高さと倫理的な問題の解決も課題

NEWSポストセブン / 2014年09月08日07時00分

「吉村やすのり生命の環境研究所」所長で慶應義塾大学名誉教授の吉村泰典教授が言う。 「他人の臓器を体内に入れるので、血管を縫合するのに非常に高度な技術が必要となります。拒絶反応が起きて移植がうまくいかなかった場合は、再度手術して子宮を取り出すことになります」 生まれる子供に与える影響もまだわかっていない。 「服用する免疫抑制剤が子供にどんな影響を与えるのかわ [全文を読む]

日本でも子宮移植のPTが発足 子供が産まれて真の成功となる

NEWSポストセブン / 2014年09月07日16時00分

「吉村やすのり生命の環境研究所」所長で慶應義塾大学名誉教授の吉村泰典氏が解説する。 「子宮移植の研究が進んできたのはここ5、6年のことです。日本では2013年にカニクイザルの子宮を一度取り出して、また同じカニクイザルに移植し直すところまで成功していますが、あくまで自分の子宮をもとに戻しているだけ。他のサルからの子宮移植はまだうまくいっていません」 そもそも [全文を読む]

ダウン症出生前診断誤告知裁判 原告と被告、相方の言い分とは

NEWSポストセブン / 2014年07月07日16時00分

日本産科婦人科学会の前理事長で、慶応大学名誉教授の吉村泰典さんは、判決に大きな衝撃を受けたという。 「これまで、いわばタブーとなっていた胎児を理由にした中絶について、裁判所が、そうした選択肢もありうると判断を下したということ。これはものすごい大きな判断ですし、問題提起だと思います」 それだけに夫婦には批判の声もあった。ダウン症を持つ子供は中絶したほうがい [全文を読む]

フォーカス