増子輝彦のニュース

欧米の安楽死と違う「尊厳死」広まるが法案は国会提出されず

NEWSポストセブン / 2017年02月09日07時00分

同連盟会長の増子輝彦・参院議員(民進党)が言う。 「法案(『終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案』)はすでに作成済みです。法案上程の最終段階にありますが、慎重派の声にも耳を傾ける必要があるため、拙速は避けています。個人的な希望としては、今国会中に上程したいと思っています」 ※週刊ポスト2017年2月17日号 [全文を読む]

自民単独過半数届かず、改憲勢力3分の2獲得へ 参院選2016「当確予測」発表

ニコニコニュース / 2016年07月10日20時00分

■政党別合計 当確予測 ※実際の当選結果と比較すると、的中率は95.04%自民党 54 ※実際の当選結果は、55公明党 12 ※実際の当選結果は、14与党合計 66 ※実際の当選結果は、69民進党 30 ※実際の当選結果は、32共産党 10 ※実際の当選結果は、6おおさか維新の会 7社民党 1生活の党と山本太郎となかまたち 1日本のこころを大切にする党 0 [全文を読む]

自民党がつまらなくした10・26福島県知事選、渦中の人々に直撃も傷心、沈黙…!

週プレNEWS / 2014年10月21日06時00分

また、一時は自身の出馬を模索し、「内堀氏を積極的に支援できない」として民主党福島県連代表を辞任した増子輝彦(ましこてるひこ)参院議員にも取材を申し込んだが、秘書から「日程の都合で不可能」との回答があるだけだった。 誰も語らない。盛り上がらない。しかも、今回の県知事選は「争点が見えない」ともいわれる。 それは、日本各地の原発再稼働を進めようとする自民党の支 [全文を読む]

安倍総理「名スピーチで隠した“不都合な真実”」(1)被災地では“五輪どころじゃない”の声も

アサ芸プラス / 2013年09月26日09時58分

9月13日の民主党の福島第一原発対策本部の会合で、民主党の増子輝彦副代表に汚染水問題を追及された東電の山下和彦フェローが、 「申し訳ありません。今の状態はコントロールできていないと考えております」 と、汚染水の制御不能を認めてしまったのだ。政治部記者が言う。 「安倍総理のスピーチを、東電側が真っ向から否定したことで現場は騒然となりました。慌てた菅義偉官房長 [全文を読む]

宗教法人課税強化議論 小沢氏失脚で立ち消え公明党命拾いか

NEWSポストセブン / 2012年04月26日16時00分

小沢幹事長時代の鳩山政権下、2009年10月の政府税制調査会で、増子輝彦・経済産業副大臣(当時)と峰崎直樹・財務副大臣(当時)は「宗教法人に対する課税の在り方を見直すべき」と問題提起した。民主党内には「宗教と民主主義研究会」(池田元久・会長)も発足し、宗教法人課税強化に向けた議論が進められた。しかし、一連の裁判によって小沢氏が失脚したため、その動きは立ち [全文を読む]

宗教法人への課税 税務調査するだけで課税強化可能と専門家

NEWSポストセブン / 2012年02月22日07時00分

小沢一郎・元民主党代表が幹事長だった鳩山政権時代には、政府税制調査会で当時の増子輝彦・経済産業副大臣が「宗教法人の税制には問題が多い」と提起するなど、宗教法人税制の見直しが論議されかけた。しかし、菅政権、野田政権では、消費増税に公明党の賛成が必要になるため、政府税調の議論から消えたのである。 浦野広明・立正大学法学部客員教授はこう指摘する。 「宗教法人へ [全文を読む]

フォーカス