井上雅彦のニュース

又吉直樹氏ゲスト登壇!秋山真太郎氏(劇団EXILE)による受賞作朗読も 第1回『ショートショート大賞』贈呈式を開催

@Press / 2016年06月23日10時30分

僕は星新一さんだけでなく、江坂遊さん、井上雅彦さん、太田忠司さん、北野勇作さん、高井信さんたちの作品を読ませていただき、ショートショートのおもしろさ、すばらしさを知りました。それからずっと、ショートショート集を出して、ショートショートをみんなに知ってほしいという思いがあり、こうして作家になりました。本を出して、なおのこと強く感じるようになりましたが、自分一 [全文を読む]

応募総数7,817篇!第1回「ショートショート大賞」受賞作決定 受賞作品集は書店店頭にて無料配布、大賞授賞者は受賞作を含む単行本を刊行予定

@Press / 2016年06月07日10時30分

〔審査員〕 ・1次審査 :協力書店員、キノブックス編集部 ・2次審査 :井上雅彦(作家)、太田忠司(作家)、北野勇作(作家) ・最終審査:田丸雅智(審査員長・ショートショート作家)、 キノブックス編集部 2016年6月16日(木)には都内にて賞の贈呈式を行います。特別ゲストとして芥川賞作家・又吉直樹氏が登壇予定。また、「ショートショート大賞」応援団の俳優 [全文を読む]

原稿用紙一枚から応募可能! “ショートショート作家”の育成を目的とした新しい文学賞設立

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月25日11時00分

」―田丸雅智 また、2次審査はショートショートのスペシャリストとして、小説家の井上雅彦・太田忠司・北野勇作が務め、応援団は劇団EXILEの秋山真太郎が務めることに。自身も賞に応募するという秋山からもコメントが届いている。「田丸さんの作品をラジオで朗読させていただいたのが縁で、ショートショート大賞に関わらせていただくことになりました。田丸さんの物語は次から次 [全文を読む]

第二子極秘出産をついに認めた略奪愛の女王・椎名林檎、整形疑惑にもメス

messy / 2013年12月10日18時00分

他に噂になったお相手といえば「バカボンド」や「スラムダンク」の著者である漫画家の井上雅彦氏や俳優の森山未來など、いずれも既婚者、そしてビッグネームばかり。他人のものが欲しくなるという本能に忠実に生きる姿は、もはやあっぱれと言うべきか。 現在は育児に精を出しているという椎名、「実体のないこの面さげて、日々正々堂々兼業主婦をやっています」とコンサートで話したと [全文を読む]

暑い夏にオススメ! 初心者でも楽しめる怪談本ランキング

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月11日07時20分

【3位】『文藝百物語』井上雅彦、加門七海、菊地秀行、篠田節子、霜島ケイ、竹内義和、田中文雄、森 真沙子/著 東 雅夫/編 角川ホラー文庫 660円1997年3月に、8人のホラー作家たちによって行われた百物語怪談会の実録本。ランキングの選者・稲川さんは「いつかこんな百物語怪談会に参加したいと心から思った」。【4位】『百物語』 杉浦日向子 新潮文庫 860円江 [全文を読む]

『はじめの一歩』森川ジョージを苦しめる“無間地獄”「祝福ムードは連載継続への圧力か」

日刊サイゾー / 2012年12月10日13時00分

『あしたのジョー』のちばてつや、『スラムダンク』の井上雅彦、『タッチ』のあだち充、『名探偵コナン』の青山剛昌など、有名マンガ家らが版元の垣根を越えてイラスト付きの記念色紙を寄せているほか、俳優の小栗旬やお笑い芸人の千原ジュニアのメッセージも掲載。雑誌を挙げての大々的なお祭り騒ぎなのである。 「ちばさんの色紙なんて、矢吹ジョーと主人公の幕之内一歩の“コラボ” [全文を読む]

フォーカス