榊原康政のニュース

3Dプリンタで再現された真田幸村の兜のクオリティが凄い

しらべぇ / 2016年06月23日10時00分

兜飾りとしても人気の高い真田幸村と徳川四天王の1人、榊原康政公の兜。この伝統的な兜が鉄や木、革を使わずに最新技術の3Dプリンタで蘇った。■朱色で鹿の角が印象的な真田幸村の兜■大きな剣が特徴的な榊原康政公の兜兜を制作したのはミライス株式会社だ。instagramに製作途中の写真がアップされているので紹介したい。写真では本物の兜のようにしか見ない。本当に3Dプ [全文を読む]

『幸村軍戦記 7』「上 大和郡山最終決戦」「下 黒田如水の逆襲」(津野田幸作=著)が、Kindleストア・楽天Kobo電子書籍ストア・Yahoo!ブックストアで配信開始!!

DreamNews / 2017年04月03日17時00分

第七回歴史群像大賞奨励賞受賞の本格戦国シミュレーション、シリーズ第7弾! 【目次】全巻までのあらすじ主な登場人物第一章 徳川秀忠の誤算第二章 榊原康政の奮戦第三章 大和郡山最終決戦 <書籍概要2>■幸村軍戦記 7 下 黒田如水の逆襲著者:津野田幸作◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/2ooXo3v◆楽天Kobo電子書籍ストアリンク:h [全文を読む]

日本の戦国時代のよろいが格好良すぎる!中国ネットで話題に「芸術的な観点から見るとどれも美しい」「これってガンダムの原形?」

Record China / 2016年09月26日23時10分

酒井忠次、前田利家、加藤清正、榊原康政、豊臣秀吉、伊達政宗、織田信長、徳川家康、本田忠勝、上杉謙信らが使用していたよろいの写真を紹介している。 これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 「よくデザインされている。この美しさは認めるべきだ」 「芸術的な観点から見ると、よろいにしても刀にしても日本人の作るものはどれも美しい」 「日本の [全文を読む]

豪傑・井伊直政に菅田将暉!?次期大河ドラマ新キャストに歴史ファンが落胆

アサ芸プラス / 2016年07月14日09時59分

ただ、直政は本多忠勝や榊原康政らと共に『徳川四天王』と呼ばれたほどの豪傑で、戦となれば先陣を切って戦っていた猛将です。ヒョロいチャラ男風の菅田とはだいぶ違いますね」(週刊誌記者) 直政にはこんなエピソードが残っている。武田軍のシンボル的存在であった「赤備え」を受け継いだ直政は、鎧や兜を赤で統一して「小牧・長久手の戦い」に参陣。赤色の軍団は戦場で目立ちやすく [全文を読む]

真田丸『第13話』解説。仕掛けた罠で迎え撃つ「ホームアローン」戦術

まぐまぐニュース! / 2016年04月03日13時00分

家臣筆頭 石川数正、酒井忠次甲斐方面軍司令 鳥居元忠 平岩親吉信濃方面軍司令 大久保忠世家康直属旗本 本多忠勝 榊原康政 井伊直政その他家康側近 ハットリ君 本多正信 #真田丸 — えいしさん (@nagaden2000) 2016年4月3日 #真田丸 徳川勢は1000人の犠牲、真田勢は50人の犠牲。頭脳的な大勝利でした❗️ いよいよ豊臣家が登場です☝️キ [全文を読む]

家康から信頼され、秀吉を激怒させた出色の武将はあの人物だった!

Business Journal / 2015年08月21日06時00分

上野国(現在の群馬県)南部に位置する館林を最初に任されたのは、「徳川四天王」の1人として名高い榊原康政だった。 康政は家康の側近としても働いており、武人として突出した評価はないものの、家康から厚い信頼を寄せられた。文武両道で「主君一筋」「徳川家第一」という、家康にとっては最も頼れる忠臣である。 織田信長と家康が連合して、朝倉義景・浅井長政軍と激突した姉川 [全文を読む]

『早川光の最高に旨い寿司』~群馬県 館林「鮨恵三」鯖 故郷で咲かせた寿司の花~

PR TIMES / 2015年03月04日10時46分

番組Webサイト:http://www.twellv.co.jp/program/tabi/sushi.html 2.放送スケジュール 毎週日曜よる8時~8時30分放送(30分番組) ※第22回:3月8日 3.放送内容 館林「鮨恵三(すしめぐみ)」 鯖 故郷で咲かせた寿司の花(第22回) 徳川四天王の一人、榊原康政や5代目将軍徳川綱吉公にゆかりのある城下 [全文を読む]

“歴女”杏も熱く語る!「大 関ヶ原展」が開催

Walkerplus / 2015年01月29日19時06分

同展では、徳川家康と徳川四天王(酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政)の具足や石田三成の愛刀、島左近の兜など、合戦に参加した武将の武具が展示され、「関ヶ原合戦図屏風」「関ヶ原合戦絵巻」の出陳数は10点以上と過去最多。史上最大級の規模を誇る“天下分け目の大展覧会”と言っていい。 1月28日にはこれを記念して、歴史好きの女優として知られる杏をゲストに迎えて記 [全文を読む]

フォーカス