大橋秀行のニュース

韓国レジェンドボクサー2人による“竹島ボクシング”は詐欺? 日本ボクシング界から猛反発も

日刊サイゾー / 2017年02月08日21時00分

張はかつて大橋秀行、渡嘉敷勝男と、柳は井岡弘樹と試合をしていて、ともに日本のボクシングファンにも知られた有名選手。引退後も、日本のボクシング関係者と親交がある。 [全文を読む]

世界最速2階級王者・井上尚弥のトレーナーでもある父が明かす育成法「ローマン・ゴンサレスとは是非やりたい。実現するのは…」

週プレNEWS / 2016年02月23日11時00分

井上 マッチメイクについては会長(大橋ジム・大橋秀行氏)にすべてお任せしていますが、すでに走り込み中心のキャンプも終えて体はつくってありますから、これからスパーリングを見ながら調整していきます。 ―さらに今後はアメリカ進出、そしてやはり世界的ビッグネームのローマン・ゴンサレス戦が期待されていますが…。 井上 ゴンサレスとは、是非やりたいですよね。実現する [全文を読む]

今だから語れる“ロマゴン”戦…八重樫東が3階級制覇を目指し再起を決意したのは何のためか?

週プレNEWS / 2014年10月04日06時00分

うちのボス(大橋ジム会長・大橋秀行)、チャレンジャー精神が強いので。だったら、やらないわけにはいかないでしょ。 ―敗れてなお、後悔はないと。 八重樫 ないですね。ホント、ラッキーです。ロマゴンと戦える階級、同じ時代に生まれたってのは。 ―あらためて試合を振り返って、リングイン直前、どんなことを考えていましたか? 八重樫 んー、あの時は……。入場曲がサビに入 [全文を読む]

無敗の最強挑戦者“ロマゴン”を迎え撃つ、フライ級王者・八重樫東が激白「敵は怪物だからこそオイシイ!」

週プレNEWS / 2014年09月03日06時00分

調整をミスってくれれば楽なんですが(笑)、万全の状態のロマゴンを想定して準備していますよ」 今回のカードを決めた、八重樫が所属する大橋ジムの会長、大橋秀行氏(元ミニマム級世界王者)にも話を聞いた。 「ロマゴンほどの選手が、たまたま同時代、同階級に存在するというのは、ボクサーにとって非常に幸運なこと。引退してから“やっておけばよかった”では話になりません。こ [全文を読む]

袴田さん冤罪を誘発した「ボクサーへの偏見」と米国ハリケーン事件

東京ブレイキングニュース / 2014年04月14日17時00分

大橋秀行・再審支援委員長以下、ボクシング関係者が『他人事ではない』と力こぶを作るのも、この辺にある」(『Number』08年3月7日号) 厳しい減量に耐えるなど本来ストイックなボクサーが、差別されてきたことへの怒りだろう。 袴田さんは獄中でこの事件を知り、カーター氏が自由の身となって間もない89年に〈冤罪と闘った同志ミスター・ハリケーン・カーターへ〉との書 [全文を読む]

ロンドン五輪 ボクシング金メダリスト・村田諒太の「商品価値」

週プレNEWS / 2012年08月23日06時00分

日本プロボクシング協会会長で、元WBA、WBC世界ミニマム級王者の大橋秀行氏が興奮気味に話す。 「正直、自分が生きているうちに日本人の五輪金メダリストを見られるとは思っていませんでした。しかも、(重量級の)ミドル級なんて日本人にとっては夢のまた夢でしたからね」 偉業を成し遂げた村田の強さについて、ボクシングライターの原功(いさお)氏が解説する。 「通常、 [全文を読む]

井岡一翔との日本人王者統一戦直前。WBA世界ミニマム級王者・八重樫東「脇役が主役を喰うことだってある」

週プレNEWS / 2012年06月20日06時00分

チャンピオンにはなれない人間なんだ) セコンドの大橋秀行会長が大声で叫んでいる。だが、それすら八重樫には聞こえない。しかし、聞かずして届く。ダウン直前、八重樫は踏みとどまった。残り1分30秒。王者にしがみつき、逃げ、なりふり構わずラウンドを終えた。 コーナーに戻っても、意識は朦朧(もうろう)としている。続く9R、それでも守りに入らなかった。 「正直、危なか [全文を読む]

フォーカス