林務のニュース

復興予算で全国に2432kmの林道建設震災被災地の割合は1割

NEWSポストセブン / 2014年03月17日07時00分

木材を伐倒、運搬する林業専用機械やトラックが通る道で、県の林務管理課によれば2012年度に約23億円が注ぎ込まれ、「日田市を中心に221kmを整備した」という。今年度も約24億円が投入されている。すべて復興予算だ。 大分だけではない。「津波で多くの住宅が流され、復興には木材が足りない」という理由で全国になんと2432kmもの林道が建設された。 霞が関は復興 [全文を読む]

「伊福部昭百年紀Vol.4」5月31日に発売!

DreamNews / 2017年04月24日13時00分

21歳の時「日本狂詩曲」がチェレブニン賞を受賞するが、大学卒業後は林務官として北海道に留まる。戦後、1946年に作曲家として生きる決意を胸に32歳で上京。東京芸大講師として芥川也寸志、村松禎三、黛敏郎等を育てる傍ら、多くの映画音楽を生み出した。1954年40歳、映画『ゴジラ』の音楽を担当、日本の映画音楽において奇跡的出会いであった。同年、初の交響曲「シンフ [全文を読む]

日活全面協力!究極の映画音楽CD完成! 「伊福部昭 日活映画音楽大全」(CD4枚組)が5月31日に発売。 伊福部昭が音楽担当の日活映画・全14本からBGM180曲を収録!

DreamNews / 2017年04月24日12時30分

21歳の時「日本狂詩曲」がチェレブニン賞を受賞するが、大学卒業後は林務官として北海道に留まる。戦後、1946年に作曲家として生きる決意を胸に32歳で上京。東京芸大講師として芥川也寸志、村松禎三、黛敏郎等を育てる傍ら、多くの映画音楽を生み出した。1954年40歳、映画『ゴジラ』の音楽を担当、日本の映画音楽において奇跡的出会いであった。同年、初の交響曲「シンフ [全文を読む]

秋サケに続きホタテも平成最大の不漁 養殖施設の増やしすぎも原因?

ZUU online / 2017年04月19日06時20分

■2016年漁業生産速報では記録的不漁北海道庁水産林務部の2016年「北海道漁業生産状況(速報)」によれば、漁獲量は前年比14%減86万5000トンになった。金額(浜値)は約2944億円で、前年比6%減。浜値の総額はしかし、単価が上がり、過去5年間の平均浜値2853億円をやや上回る見通し。漁獲量はこのホタテ貝(前年比19%減)が災害続きで大きく減産したほか [全文を読む]

宝田明が「ゴジラ」「キングコング」について語る。「伊福部昭百年紀Vol.5」コンサート(4月30日渋谷で開催)

DreamNews / 2017年03月14日12時00分

21歳の時「日本狂詩曲」がチェレブニン賞を受賞するが、大学卒業後は林務官として北海道に留まる。戦後、1946年に作曲家として生きる決意を胸に32歳で上京。東京芸大講師として芥川也寸志、村松禎三、黛敏郎等を育てる傍ら、多くの映画音楽を生み出した。1954年40歳、映画『ゴジラ』の音楽を担当、日本の映画音楽において奇跡的出会いであった。同年、初の交響曲「シンフ [全文を読む]

4月30日「伊福部昭百年紀Vol.5」のプレトークは中野昭慶監督vsムトウユージ監督。 つまりはゴジラ対クレヨンしんちゃん!!!

DreamNews / 2017年02月21日09時00分

21歳の時「日本狂詩曲」がチェレブニン賞を受賞するが、大学卒業後は林務官として北海道に留まる。戦後、1946年に作曲家として生きる決意を胸に32歳で上京。東京芸大講師として芥川也寸志、村松禎三、黛敏郎等を育てる傍ら、多くの映画音楽を生み出した。1954年40歳、映画『ゴジラ』の音楽を担当、日本の映画音楽において奇跡的出会いであった。同年、初の交響曲「シンフ [全文を読む]

伊福部昭百年紀vol.5 宣伝動画公開(2017年4月30日渋谷)! 特撮映画を彩る、ゴジラ、キングコング、大魔神などスペクタクルサウンドを聴け!

DreamNews / 2016年12月19日13時30分

21歳の時「日本狂詩曲」がチェレブニン賞を受賞するが、大学卒業後は林務官として北海道に留まる。戦後、1946年に作曲家として生きる決意を胸に32歳で上京。東京芸大講師として芥川也寸志、村松禎三、黛敏郎等を育てる傍ら、多くの映画音楽を生み出した。1954年40歳、映画『ゴジラ』の音楽を担当、日本の映画音楽において奇跡的出会いであった。同年、初の交響曲「シンフ [全文を読む]

伊福部昭百年紀Vol.5開催決定!シン・ゴジラの伊福部楽曲も演奏!

DreamNews / 2016年12月12日09時00分

21歳の時「日本狂詩曲」がチェレブニン賞を受賞するが、大学卒業後は林務官として北海道に留まる。戦後、1946年に作曲家として生きる決意を胸に32歳で上京。東京芸大講師として芥川也寸志、村松禎三、黛敏郎等を育てる傍ら、多くの映画音楽を生み出した。1954年40歳、映画『ゴジラ』の音楽を担当、日本の映画音楽において奇跡的出会いであった。同年、初の交響曲「シンフ [全文を読む]

ゴジラの音楽を書いた作曲家 伊福部昭 合唱個展開催。指揮は愛弟子 和田薫(2016年9月2日、渋谷にて)!

DreamNews / 2016年07月26日09時00分

21歳の時「日本狂詩曲」がチェレブニン賞を受賞するが、大学卒業後は林務官として北海道に留まる。戦後、1946年に作曲家として生きる決意を胸に32歳で上京。東京芸大講師として芥川也寸志、村松禎三、黛敏郎等を育てる傍ら、多くの映画音楽を生み出した。1954年40歳、映画『ゴジラ』の音楽を担当、日本の映画音楽において奇跡的出会いであった。同年、初の交響曲「シンフ [全文を読む]

データベースを変革するテクノロジーを生み出した人間 012

EnterpriseZine / 2016年06月29日06時00分

今回はInterBase(Firebird)生みの親、Jim Starky氏の来日を記念して広くFirebirdを知らしめるために、林務氏の翻訳ドキュメント(http://tech.firebird.gr.jp/firebird/index.php?firebird_xsite=0)を使用させていただきました。■Jim Starkey - MVCCの父 7 [全文を読む]

惨劇から100年―史上最悪の獣害事件「三毛別ヒグマ事件」を名著から追う

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月08日06時30分

同書には、林務官として事件を取材した著者による生々しい記録が刻まれている。 尚、本稿には凄惨な描写が含まれるため、苦手な方は、ご注意いただきたい。■惨劇の始まり。ひと目で食い荒らされたと分かる無残な遺体 惨劇は1915年12月9日に幕を開けた。現在の北海道苫前村にあった集落では、15軒の開拓農家が軒を連ねていた。そのうちの1軒。初めにヒグマが狙いを定めたの [全文を読む]

6/21(土)北海道むかわ町にてボランティアの皆さまと6,000本を植樹

PR TIMES / 2014年06月16日16時18分

【植樹の概要】 ・日時:6月21日(土)10:00~12:00 ・場所:北海道勇払郡むかわ町豊城433番地 ・主催:北海道勇払郡むかわ町、公益財団法人イオン環境財団 ・協力:北海道水産林務部、北海道胆振総合振興局、イオン北海道株式会社、マックスバリュ北海道株式会社 ・植樹本数:6,000本(累計16,000本) ・植樹:トドマツ、アカエゾマツ、シラカンバ [全文を読む]

フォーカス