佐藤治彦のニュース

「アニオタ=犯罪予備軍」と言う報道が偏見報道だとネットで批判

秒刊SUNDAY / 2014年07月21日22時19分

pic.twitter.com/smmRn9z00X— 佐藤治彦 (@SatoHaruhiko) 2014, 7月 21 本件に関しては、経済評論家の「佐藤治彦」氏も同様の意見をもっているようで「何か、アニオタ=怪しい、犯罪予備軍みたいな印象を喚起しようとしてませんか?」と注意喚起している。確かに犯人と「アニメ」や「美少女」といったキーワードが結びついて [全文を読む]

「またアニメオタクが犯罪」…犯罪者がアニメ好きというだけでレッテル張りはやめろ!

Business Journal / 2016年05月11日07時00分

これに対し、経済評論家・佐藤治彦氏は当時Twitterで「こういう単純な図式で犯人を語るのはもう辞めた方がいい」「アニオタ=怪しい、犯罪予備軍みたいな印象を作ろうとしてませんか?」と、苦言を呈した。 ●日本が誇る文化にネガティブな印象 このような「偏見報道」について、アニメファンの20代会社員女性は次のように呆れる。 「オタクが罪を犯したのではなく、犯罪者 [全文を読む]

「TVタックル」日曜昼に進出!世の騒動を斬る!!

Smartザテレビジョン / 2016年03月26日06時00分

「2016年“春”世間をザワつかせたスポーツニュース総ざらいSP」をテーマにした日曜昼バージョンの初収録では、ビートたけし、阿川佐和子、大竹まことのレギュラーメンバーに加え、猪瀬直樹前東京都知事、経済評論家・佐藤治彦氏らを招き、2020年東京オリンピックの予算について激論を交わした。猪瀬氏は都知事のころに「世界一カネがかからないオリンピック」とTwitte [全文を読む]

サラリーマンも使える!確定申告で戻ってくる“お金の裏ワザ”(1)医療費は治療が必要なものならOK

アサ芸プラス / 2016年02月22日01時55分

「普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話」(扶桑社)などの著者で、経済評論家の佐藤治彦氏に、確定申告で税金をガッツリ取り戻す方法を聞いてみた。これを知らないと損する「裏ワザ」の数々、まずはいちばん身近な医療費から。「医療費は生計を同一にしている家族の合計が10万円を超えた場合、控除の対象になります。ただ、その対象は何も入院費だけに限られるものではな [全文を読む]

年末年始の旅行 旅行達人が「ツアー人数確認しろ」など指南

NEWSポストセブン / 2012年12月10日16時00分

バスツアーを選びポイントについて話してくれたのが経済評論家の佐藤治彦さん。 「運転手が何人体制か、主催する会社はどんな会社なのかをチェック。主催が大手ならやっぱり安心。ツアーや運行ルート名称に乗務員人数が入っていればなお可。また参加者が多いツアーはトイレ休憩が長くなり、観光時間は削られ、サービスの質も低下することも。平日プランが狙い目です」 また、佐藤さん [全文を読む]

フォーカス