田村英里子のニュース

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(8)80年代1位~15位 高岡早紀が完脱ぎ映画で男性客をKO

アサ芸プラス / 2017年05月03日17時58分

10位・田村英里子 80年代はアイドルが正統派だった最後の時代だが、その一群にいながら、ハミHIP&横チチのカレンダーに挑んだ姿勢は評価できる。11位・西田ひかる ハワイ出身だけあって、太陽の真下にいるような健康イメージだったが、それでも実は絶品すぎるボディを持っていた。12位・可愛かずみ 艶系の映画からアイドル界に逆輸入という珍しいケースだったが、折れそ [全文を読む]

過去に号泣!! さんまと“共演NG”だった元アイドルとは?

日刊大衆 / 2016年12月02日10時00分

その後、さんまと共演NGだという疑惑のある、田村英里子(43)と竹内力(52)がスタジオに登場。現在はハリウッド女優として活躍する田村とさんまの因縁は、24年前に田村がさんま司会の番組に出演したときのこと。番組の最後に田村が自身のCDの告知をしようとすると、持っていたCDにさんまの手が当たってしまい落下。すると、さんまは即座にもう一度CDをわざと落として [全文を読む]

TV美女がブチギレた瞬間(8)「さんまのまんま」が号泣させたアイドルたち

アサ芸プラス / 2016年11月08日17時58分

田村英里子は、お手製の料理を持って来て「これを食べたらやめられませんよ」と言った瞬間に「やめられる」と返され、ムッとする事態に。 同じくお手製の肉じゃがを持参した酒井法子には、番組のマスコットキャラ・まんまに「食えるもんなら食ってみい」と煽り、床に落としてのりピーを激怒させる一幕も。深田恭子は、キャラクターそのままに「白馬の王子様が現れるのを待っている」と [全文を読む]

サンミュージックとおニャン子の歴史的コラボ!『さんみゅ~ 純白歌合戦with渡辺美奈代』ライブレポート

おたぽる / 2016年06月29日13時00分

1980年代、サンミュージックは、松田聖子をはじめ、早見優、田村英里子など、正統派のアイドルを次々とデビューさせていたった。彼女たちはルックスはもちろんのこと、歌もうまく、まさに「プロのアイドル」たちであった。 一方、1985年に登場したおニャン子クラブは、それまでのアイドルの常識を変え、「同じクラスにいそうな子」「素人っぽい子」をコンセプトに一大ブームを [全文を読む]

忠臣蔵、白虎隊、五稜郭!懐かしの年末番組『年末時代劇スペシャル』を振り返る!

日本タレント名鑑 / 2016年01月16日09時55分

こちらも田村英里子さんや小高恵美さんなど、若手ヒロインが起用されています。 最後の放送となった1993年『鶴姫伝奇 -興亡瀬戸内水軍-』はなんと、放送日が12月28日。枠としては年末時代劇でしたが、すでに紅白歌合戦との対戦は避けた形となってしまいました。 ヒロイン鶴姫役には国民的美少女、後藤久美子さん。逆に脇を森繁久彌さん、西郷輝彦さんなど、往年の「年末時 [全文を読む]

有名美女23人戦慄の「襲撃事件」全真相(1)相武紗季 合宿所に変質者 水沢アキ 血染め下着を洗濯

アサ芸プラス / 2012年01月13日10時56分

いまだに犯人は捕まっていません」(前出・記者) アイドルだが、半分ヒップの見える悩殺グラビアでも話題になった田村英里子(38)は96年、仕事先の愛知県内のホテルの部屋で、従業員を名乗るファンに襲われかかった。 一方、みずからレイプ被害を告発し、物議を醸したのが水沢アキ(52)。02年に女性週刊誌上で、処女だった17歳時、森本レオ(68)に「レイプされた」と [全文を読む]

フォーカス