椿直のニュース

[プレミアリーグEAST]止まらないドリブラー、MF椿直起が狙うU-17W杯出場とトップデビュー

ゲキサカ / 2017年05月07日01時24分

横浜F・マリノスユースのU-17日本代表MF椿直起は鹿島ユース戦の後半、止まらない存在に。「後半、自分でやっていても楽しかったし、疲れることも忘れていたというか、ボール欲しくて1回スプリントしても疲れなくて、もっとボールが欲しいという感じだった」というMFは積極的にボールを受けると、縦へのドリブルでDFのマークを外し、そのクロスやサイドチェンジでチャンスを [全文を読む]

衝撃与えるドリブラー、横浜FMユースMF椿直起を支える新スパイク(8枚)

ゲキサカ / 2016年09月30日11時40分

今季、横河武蔵野FCジュニアユース(現東京武蔵野FC U-15)から横浜FMユースに加入したMF椿直起。5月1日のプレミアリーグEAST第4節清水戦で早々と公式戦デビューを飾ると、第7節FC東京U-18戦で初ゴールを記録するなどセンセーショナルな活躍を披露している。7月にはU-17日本代表初選出を果たし、8月にはトップチームに2種登録された。まだ、高校1年 [全文を読む]

中村駿太の2発でU-17代表が3位に! チェコ遠征を勝利で終える

ゲキサカ / 2016年08月21日15時11分

以下、出場メンバー ■スターティングメンバー GK:沖悠哉 DF:杉山弾斗、中川創、岡庭愁人、青山夕祐 MF:西山大雅、中島元彦(Cap.)、藤本寛也、酒井将輝 FW:加藤拓己、中村駿太 ■サブメンバー GK:猿田遥己 DF:山田洸太、田中陸、宮本駿晃 MF:椿直起 FW:田川亨介 ■交代 HT:西山大雅→田中陸 52分:酒井将輝→椿直起 69分:加藤拓 [全文を読む]

横浜FMvs広島 試合記録

ゲキサカ / 2017年05月31日21時10分

【ルヴァン杯グループB第7節】(ニッパツ) 横浜FM 1-2(前半0-1)広島 [横]仲川輝人(61分) [広]工藤壮人(23分)、宮吉拓実(86分) [広]フェリペ・シウバ(19分)、丸谷拓也(54分)、千葉和彦(84分) 観衆:5,953人 主審:東城穣 副審:聳城巧、岡野宇広 [横浜F・マリノス] 先発 GK 31 杉本大地 DF 15 新井一耀 ( [全文を読む]

横浜FMvs広島 スタメン発表

ゲキサカ / 2017年05月31日16時54分

[5.31 ルヴァン杯グループB第7節](ニッパツ) ※19:00開始 主審:東城穣 副審:聳城巧、岡野宇広 [横浜F・マリノス] 先発 GK 31 杉本大地 DF 15 新井一耀 DF 4 栗原勇蔵 DF 2 パク・ジョンス DF 24 山中亮輔 MF 26 中島賢星 MF 8 中町公祐 MF 19 仲川輝人 MF 33 ダビド・バブンスキー MF 28 [全文を読む]

甲府vs横浜FM 試合記録

ゲキサカ / 2017年05月03日16時24分

【ルヴァン杯グループB第4節】(中銀スタ) 甲府 0-1(前半0-1)横浜FM [横]オウンゴール(31分) [甲]堀米勇輝(79分) 観衆:8,876人 主審:高山啓義 副審:宮島一代、西村幹也 [ヴァンフォーレ甲府] 先発 GK 31 岡西宏祐 DF 41 土屋征夫 DF 3 畑尾大翔 DF 17 津田琢磨 MF 28 橋爪勇樹 MF 30 保坂一成 [全文を読む]

甲府vs横浜FM スタメン発表

ゲキサカ / 2017年05月03日11時55分

[5.3 ルヴァン杯グループB第4節](中銀スタ) ※14:00開始 主審:高山啓義 副審:宮島一代、西村幹也 [ヴァンフォーレ甲府] 先発 GK 31 岡西宏祐 DF 41 土屋征夫 DF 3 畑尾大翔 DF 17 津田琢磨 MF 28 橋爪勇樹 MF 30 保坂一成 MF 2 島川俊郎 MF 18 道渕諒平 MF 21 オリヴァー・ボザニッチ MF 3 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]終了間際に横浜FMユースMF山田が同点弾、大宮ユースとドロー

ゲキサカ / 2017年04月08日21時22分

後半8分には自陣ゴール前のピンチを脱し、左MF椿直起のドリブルからカウンター。クロスを塚田が合わせてビッグチャンスとなったが、シュートはゴール右に外れた。12分にFW岩城のミドルシュートがあり、13分には後半からの出場で躍動したMF土佐陸翼が中央から鋭いドリブルシュート。16分にはMF堀研太のシュートを相手GKが弾き、岩城がこぼれ球を狙うシーンもあった。 [全文を読む]

横浜FM、愛媛、長崎で2種登録追加

ゲキサカ / 2017年03月24日16時12分

横浜F・マリノスがU-17日本代表MF椿直起、愛媛FCがMF青野聖樹、DF二宮和輝、DF松岡昂哉の3選手、V・ファーレン長崎がDF江川湧清とGK松永海斗の2種登録を済ませた。 ★日程や順位表、得点ランキングをチェック!! ●2017シーズンJリーグ特集ページ [全文を読む]

“00ジャパン”、アメリカに3連敗も最後に意地の1勝

ゲキサカ / 2017年03月23日19時05分

以下、親善試合の結果 ■1試合目 スターティングメンバー GK:石井僚 DF:池高暢希、瀬古歩夢、菅原由勢、菊地健太 MF:井川空、平川怜、福岡慎平、椿直起 FW:山田寛人、宮代大聖 サブメンバー GK:高田侑真、青木心 DF:松井蓮之、デュークカルロス、大桃伶音、監物拓歩 MF:大垣勇樹、鈴木冬一、松本大弥、アペルカムプ真大カール FW:棚橋尭士、中村 [全文を読む]

U-17日本代表、ベルギーに快勝 2勝目挙げてスペイン遠征終える

ゲキサカ / 2017年03月04日13時38分

前半6分にMF椿直起のゴールで先制した日本は、同点とされて迎えた同38分に再び椿が今度はPKを決めて勝ち越しに成功する。 後半に入ると、15分にオウンゴールで加点。終了間際にはMF中村敬斗がダメ押しとなる4点目を奪った。 日本サッカー協会(JFA)によると、森山佳郎監督は「どの国とも互角以上に戦える自信を得るとともに、ゴール前でシュートを打つ時間は一瞬し [全文を読む]

新進気鋭の16歳が描く未来…横浜FMユースMF椿直起「“武器”を出さなければ生き残れない」

ゲキサカ / 2016年09月30日11時30分

今季、横河武蔵野FCジュニアユース(現東京武蔵野FC U-15)から横浜FMユースに加入したMF椿直起。5月1日のプレミアリーグEAST第4節清水戦で早々と公式戦デビューを飾ると、第7節FC東京U-18戦で初ゴールを記録するなどセンセーショナルな活躍を披露している。7月にはU-17日本代表初選出を果たし、8月にはトップチームに2種登録された。まだ、高校1年 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]横浜FMは今季最多5ゴール快勝も不満の内容、「もっと相手を見ながらプレーしないと」

ゲキサカ / 2016年08月29日19時30分

その後もDF藤田一途と交代出場のU-17日本代表MF椿直起のゴールで突き放した横浜FMが5-1で快勝した。 柏の永井俊太監督は「われわれの弱い一面が出た試合でした。思いどおりにポゼッションすることができず、攻撃にテンポが生まれないまま、試合終盤まで悪い流れを引きずってしまいました」と語り、MF中村陸は「この敗戦を忘れず、いまから次の試合に向けてしっかりと準 [全文を読む]

山口素弘監督「狙い通り」チェコ遠征中のU-17代表、UAEに7発大勝

ゲキサカ / 2016年08月20日13時47分

後半も勢いは衰えず、後半6分にMF椿直起、同25分に田川が加点。田川のハットトリックもあり、日本が7-0の大勝を飾った。 日本サッカー協会(JFA)の公式サイトを通じて山口素弘監督は「グループリーグ最終戦、勝利はもちろんのこと、積極的に点を取りにいこうと試合に入りました。狙い通りに前半から5点を取ることができ、結果的に大差での勝利に満足しています。しかし [全文を読む]

仙台が2選手、横浜FMが4選手を2種登録

ゲキサカ / 2016年08月19日16時23分

J1ではベガルタ仙台が下部組織に所属するDF加藤友乃晋、MF齋藤耀之介の2選手、横浜F・マリノスがMF山田康太、MF堀研太(写真)、MF椿直起、DF坂本寛之の4選手を2種登録した。 J2では水戸ホーリーホックの特別指定選手として承認された高知大MF元田龍矢、FC岐阜で阪南大DF甲斐健太郎の出場登録が完了している。 [全文を読む]

U-17代表、チェコ遠征初戦は0-1負け…山口素弘監督「切り替えて次の試合に」

ゲキサカ / 2016年08月17日15時27分

以下、出場メンバー GK:猿田遥己 DF:田中陸、青山夕祐、中川創、宮本駿晃 MF:堀研太(82分→中島元彦)、井澤春輝、西山大雅(53分→藤本寛也)、椿直起 FW:加藤拓己(69分→田川亨介)、酒井将輝(56分→中村駿太) [控え] GK:沖悠哉 DF:山田洸太、杉山弾斗、岡庭愁人 MF:齊藤未月 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]大宮ユースがアウェーで首位・市立船橋撃破!勝ち点4差の中に6チームの混戦に:第7節2日目

ゲキサカ / 2016年07月03日19時37分

8分、1年生MF椿直起が左サイドを切り裂いて同点ゴール。17分には左CKを右SB常本佳吾が頭で合わせて勝ち越した。さらに左サイドでのワンツーから交代出場MF山田康太が決めた横浜FMに対し、FC東京も左SB生地慶充のゴールで1点差としたが、横浜FMが3-2で競り勝った。 この結果、首位・市立船橋から6位・大宮までが勝ち点4差の中にひしめく混戦となっている。 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]トップ練習参加後の公式戦で奮戦、横浜FMユースが後半3発でFC東京U-18に逆転勝ち!

ゲキサカ / 2016年07月03日10時18分

カウンターからチャンスも作った横浜FMは35分には左サイドで突破口となっていた1年生MF椿直起が持ち上がり、ラストパスをCB板倉洸(3年)が右足で狙ったが、GK波多野豪(3年)の好守に阻まれるなど前半は1点が遠かった。 44分、押し気味に試合を進めていたFC東京が先制する。左CKのセカンドボールを引き寄せて放ったシュートが相手のハンドを誘い、PKを獲得。こ [全文を読む]

[MOM1813]横浜FMユースMF椿直起(1年)_ハマの新星ドリブラー、観衆沸かせて1G1A

ゲキサカ / 2016年07月03日09時21分

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ] [7.2 高円宮杯プレミアリーグEAST第7節 横浜FMユース 3-2 FC東京U-18 保土ヶ谷] 横浜F・マリノスユースの松橋力蔵監督は個々の視野の狭さや「観客を『オッ』と驚かせるような」プレーがチーム全体的に物足りないことを指摘していたが、その中で期待値込みで評価していたのが1年生MF椿直起だ。横浜FMユース [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]横浜FMユースがFC東京U-18の首位浮上阻止、後半3発で逆転勝ち!!:第7節1日目

ゲキサカ / 2016年07月02日21時31分

8分、1年生MF椿直起が左サイドを切り裂いて同点ゴール。17分には左CKを右SB常本佳吾が頭で合わせて勝ち越した。さらに左サイドのワンツーから交代出場MF山田康太が決めた横浜FMに対し、FC東京も左SB生地慶充のゴールで1点差としたが、横浜FMが3-2で競り勝った。 3日には第7節2日目の4試合が開催される。 【プレミアリーグEAST第7節】(7月2日) [全文を読む]

フォーカス