長谷川良平のニュース

広島、3文字姓エースの系譜 4年目の大瀬良に期待!

ベースボールキング / 2017年02月21日09時00分

◆ 広島に多い3文字エース 長谷川良平、安仁屋宗八、外木場義郎、北別府学、佐々岡真司…。 近年は黒田博樹、前田健太といった2文字姓の投手がエースを務めていたが、昔から広島のエースと呼ばれた投手に3文字姓の投手が多い。 長谷川は広島創設時のエースとして、通算14年間で197勝を挙げ、引退後は65年から3年間監督を務めた。広島は長く低迷していたが、70年代後半 [全文を読む]

堀内のカーブ、潮崎のシンカー 森祇晶氏が述懐

NEWSポストセブン / 2016年08月22日07時00分

「広島には“小さな大投手”と呼ばれ、多彩な変化球を操る長谷川良平さん(1950~1963年、通算197勝)がいて、特に変化の鋭いシュートにはバットを何本もへし折られた。あと、カープ史上最速といわれた大石清(1959~1970年、通算134勝)のストレートとスライダーも、球が速くて打てなかった。 監督として使ったピッチャーだと潮崎哲也(西武、1990~20 [全文を読む]

金田正一と米田哲也は軽く投げて160キロ台と小山正明氏証言

NEWSポストセブン / 2015年01月14日16時00分

当時はカネさんがカーブ、杉下(茂)さんがフォーク、広島の長谷川良平さんがシュートを投げていた。僕も何かないといかんと思って、誰も投げていないパームを選んで、握り方が載っている『野球界』という雑誌で覚えました。それを僕はワンちゃん(王貞治)対策に使った。 米田:僕はフォークでしたね。習得するのに5年かかった。指が短かったので苦労しました。風呂にボールを持ち込 [全文を読む]

金田正一が苦言 江川卓の100球肩から球界に悪習が誕生した

NEWSポストセブン / 2015年01月10日07時00分

僕は広島の長谷川良平さん。上手とも下手ともつかない変則モーションからすごい球を投げた。シュートが一度浮き上がって落ちてきた。 米田:あの貧打の広島で197勝。巨人なら300勝できたでしょうね。 金田:反対にコイツはいかんと思ったのは江川卓だ。あの100球肩から球界に悪習ができたんじゃないか。 小山:それですねん。昨季の阪神でも何回かありましたが、投手が好投 [全文を読む]

ソフトバンクに広島…監督去就劇の裏を出禁覚悟で言いたい放題!

週プレNEWS / 2014年11月05日06時00分

大野豊元投手コーチに近い理論派で、オーナーも気に入っているし、広島は1960年代の長谷川良平元監督以来、50年近くも投手出身の監督がいない。野手出身とはひと味違う采配が見てみたいね。 C しかし、秋山も野村も、まだ50歳前後の若い監督。「次がある」と考えれば、好印象のまま辞めるにはいいタイミングかな、という気もします。 ■週刊プレイボーイ46号(11月4日 [全文を読む]

フォーカス