渡嘉敷奈緒美のニュース

[細川珠生]【女性や高齢者が活躍できる新しい社会作り】~厚生労働副大臣 渡嘉敷奈緒美氏に聞く~

Japan In-depth / 2015年10月31日23時00分

厚生労働副大臣に就任した渡嘉敷奈緒美氏を招き、副大臣としての今後のビジョンを聞いた。 もともと化粧品会社で働いていた渡嘉敷氏。自らの経験の中で、「女性は、子育ての時期や介護の問題等、周りに影響を受けながら、自分で仕事をしなければならない環境にある。」と感じたという。「女性の人生に寄り添っていくような働き方の選択の幅をいかに増やしていくかが、これからの労働行 [全文を読む]

国会議員も紛糾!厚労省「原則禁煙法案」のハレーション

プレジデントオンライン / 2017年03月26日11時15分

自民党厚労部会(部会長・渡嘉敷奈緒美衆院議員)では、健康被害を懸念する声に一定の理解を示すものの、小規模な飲食店にも摘要されることに異論が続出し、法案が通るメドすら立っていない状態。また、党たばこ議連(会長・野田毅前党税制調査会長)は7日に臨時総会を開催し、たばこ葉農家の保護や小売店、飲食店、旅館・ホテルの経営悪化を阻止するために気炎を上げた。 自民党ば [全文を読む]

保育園問題でも暴言、安倍首相の肝煎り参院選候補・山田宏の“愛人・隠し子“と冷酷な父親ぶりを妻が告白

リテラ / 2016年04月21日12時48分

2005年には現在厚生労働副大臣の要職にある自民党の渡嘉敷奈緒美衆議院議員との不倫が報じられ、また6年前には「週刊朝日」(朝日新聞出版)10年6月11日号で当時日本創新党党首だった山田氏に六本木のピアノバーで働いていた愛人の存在がスッパ抜かれている。しかもこの際、山田氏には女性との間に子どもがいること、また妻と3人の息子が住む自宅には月2、3回しか帰ってい [全文を読む]

期待される「特別養子縁組」の普及

Japan In-depth / 2016年04月08日23時00分

次に登壇した渡嘉敷奈緒美厚生労働副大臣は、子どもを家庭の中で育てるのがいかに大切か、里親の体験談の話を聞いて感じたと述べ、「この活動を厚生労働省を挙げてしっかりと応援していきたい。」と決意を語った。協議会会長の鈴木氏による設立宣言で、第一部は幕を閉じた。第二部では特別養子縁組の今後について、児童相談所、民間養子縁組団体、専門家が参加してシンポジウムが開かれ [全文を読む]

【全475議席中、452議席の当確予測が的中】 ニコニコアンケートもとに衆院選の「当確予測」を発表(12月15日12時更新)

ニコニコニュース / 2014年12月14日20時00分

※「→」後は実際の当確結果北海道第1区 - 横路 孝弘 - 民主 - 前 →当確予測通り、当確北海道第2区 - 吉川 貴盛 - 自民 - 前 →当確予測通り、当確北海道第3区 - 高木 宏寿 - 自民 - 前 →当確予測通り、当確北海道第4区 - 中村 裕之 - 自民 - 前 →当確予測通り、当確北海道第5区 - 町村 信孝 - 自民 - 前 →当確予測通 [全文を読む]

大義なし、争点ナシ…なら見て楽しい“ビジュアル系”選挙区を楽しめ!(1)女たちの激しいバトル

週プレNEWS / 2014年12月11日06時00分

とはいえ、維新旋風があった前回の選挙でも勝利を収めた自民・渡嘉敷奈緒美(とかしきなおみ)候補は今回も本命だろう。しかし本人を直撃すると、慢心は見られない。 「3世代の中でも私は50代(笑)。おばちゃん代表でやらせてもらいます。上西さんは地元で一生懸命にやっているなと思います。新人で初当選して、2年で解散では私ならお手上げだった。 共産の村口(久美子)さん [全文を読む]

浪速のエリカ様 相手の目を見つめ手を握る戦術が男性に好評

NEWSポストセブン / 2014年12月04日16時00分

「藤村氏は引退したので民主とは候補者調整し、前回8000票差で競り負けた自民党の渡嘉敷奈緒美さん相手でも勝機は十分あるはずだが、勢いはイマイチ」(陣営関係者) 原因は橋下氏の「敵前逃亡」だ。大阪都構想に反対する公明党が候補を立てる選挙区に、自らが刺客となって出馬することを匂わせていたが、解散後に不出馬を表明。維新陣営に失望が広がった。 比例復活当選の上西 [全文を読む]

報道陣締め出し、代表者質問拒否……落選大物議員の舞台裏

週プレNEWS / 2012年12月19日06時00分

大阪7区では、現官房長官の藤村修氏が自民(渡嘉敷奈緒美氏)・維新(上西小百合氏)というふたりの女性候補と争った。藤村氏は選挙当日も公務に追われ、地元入りせず。代わりに彼の等身大パネルがたたずんでいたが、開票速報で3位と発表された瞬間、ガラガラの事務所にため息が小さく響いた。 選挙期間中、北朝鮮のミサイル対応に追われてまったく地元に帰れなかった藤村氏は、や [全文を読む]

フォーカス