木崎良子のニュース

マラソンで小ネタ解説する増田明美 「速さは見ればわかる」

NEWSポストセブン / 2016年06月22日07時00分

木崎良子さんには高校時代からの恋人がいる」、「野口みずきさんは、フランクフルトで日本人の美容師に髪を切ってもらった」など、レース展開にはおよそ関係のない数々の、“小ネタ”を解説に入れる増田さん。なぜこのようなスタイルになったのか? その理由は「選手である前にひとりの人間だという思いがありました」という自身の現役時代からの胸間があった。 「速いとかってい [全文を読む]

名古屋ウィメンズマラソン2016 3月13日(日)午前9時~放送(フジテレビ系)

PR TIMES / 2016年03月11日19時17分

ロンドン五輪代表・木崎良子(30/ダイハツ)は1年半ぶりのマラソン!かつて優勝を飾ったこの名古屋で2大会連続の五輪代表を手にできるのか!?世界選手権落選の悔しさを胸に田中智美(28/第一生命)は、日の丸の思いを今回のレースに賭け、オリンピック代表の座を目指す。さらに、岩出玲亜(21/ノーリツ/10代女子日本最高記録保持者)、早川英里(34/TOTO/14仁 [全文を読む]

福士加代子に増田明美氏「名古屋も走ろうなんて自殺行為」

NEWSポストセブン / 2016年02月17日16時00分

「今のところ有力視されているのは、アテネ五輪金メダリストの野口みずき(シスメックス)と、2013年の名古屋で優勝した木崎良子(ダイハツ工業)、そして、2014年の横浜国際で優勝した田中智美(第一生命)。この中で注目は木崎です。調子が整えば、名古屋のコースは平坦ですし、派遣記録突破の可能性は十分ありえます。ただ、3月なので気温が上がるとタイムを落としかねま [全文を読む]

「名古屋ウィメンズマラソン2015」の招待選手発表!

Smartザテレビジョン / 2015年02月20日17時28分

国内招待選手として、女子マラソン界の第一人者・木崎良子が3年連続での出場が決定。木崎は'13年の同大会では優勝、'14年は日本人トップの3位に輝いており、今回も優勝を目指しさらに先の“世界”を見据える。 そんな木崎に対するのは、これから大きく活躍が期待される若きランナーたち。木崎の同僚でもある23歳の前田彩里は、'14年1月の「大阪国際女子マラソン」に大 [全文を読む]

女子マラソン惨敗で小出監督「Qちゃんは10倍練習してた」

NEWSポストセブン / 2012年08月20日16時00分

最高位は木崎良子(27)の16位、尾崎好美(31)が19位、重友梨佐(24)は79位と、“最低でも入賞”の謙虚な目標にすら遠く及ばない結果に終わった。 そもそも実力不足と苦言を呈すのは、1984年のロサンゼルス五輪4位で、現在は旭化成陸上部の監督を務める宗猛氏。 「チーム戦でペースを上げ下げするアフリカ勢を真似たところで、個々の力がなければ意味がない。明ら [全文を読む]

女子マラソン代表重友梨佐 剣玉得意だから集中力あるとの評

NEWSポストセブン / 2012年03月20日07時00分

ロンドン五輪の女子マラソン代表に尾崎好美(30・第一生命)、重友梨佐(24・天満屋)、木崎良子(26・ダイハツ)の3人が選出された。選考選手のなかで最も活躍が期待されるのは、1月の大阪国際を日本歴代9位の2時間23分23秒で初優勝した重友に違いない。 突如現われた新星に対し、マスコミは、ロンドン五輪の救世主のごとく報じた。事実、ロス五輪日本代表の増田明美氏 [全文を読む]

宗猛氏 五輪女子マラソンで経験豊富な尾崎好美に期待する

NEWSポストセブン / 2012年03月19日16時00分

ロンドン五輪の女子マラソン代表に尾崎好美(30・第一生命)、重友梨佐(24・天満屋)、木崎良子(26・ダイハツ)の3人が選出された。選考会こそ禍根を残すことなく終えたが、日本陸連の不安は収まらない。代表選手がロンドンで惨敗するのではないか――。 日本陸連関係者はいう。 「昨年のテグ世界陸上では4位までをアフリカ勢が独占し、女子の勢力図も変わってきた。昨年秋 [全文を読む]

野口みずきの師匠 五輪選考大会3回も走るのおかしいと指摘

NEWSポストセブン / 2012年03月19日07時00分

今回選出された尾崎好美(30・第一生命)、重友梨佐(24・天満屋)、木崎良子(26・ダイハツ)に金メダルを期待する雰囲気は皆無だ。 バルセロナ、アトランタで銀、銅の有森裕子とシドニー金の高橋尚子。そしてアテネ金の野口みずき――メダリストたちを世に送り出してきた“陸上界の重鎮”が発する言葉は、危機感に溢れていた。 アテネ金メダルの野口を育てたシスメックス前監 [全文を読む]

企業PRの駅伝重視体質は相変わらず......実業団の選手がマラソンで勝てない理由とは

日刊サイゾー / 2012年03月17日08時00分

男子は藤原新(東京陸協)、山本亮(佐川急便)、中本健太郎(安川電機)、補欠に堀端宏行(旭化成)、女子は重友梨佐(天満屋)、木崎良子(ダイハツ)、尾崎好美(第一生命)、補欠に赤羽有紀子(ホクレン)が選ばれた。 代表選手はいずれも初出場だが、中でも最も注目を浴びているのが定収入がない無所属で練習を重ね、先に行われた東京マラソンで2時間7分48秒の好記録で2位と [全文を読む]

フォーカス