高田純のニュース

いつも適当な高田純次さんのマジメな名言『歳とってやっちゃいけないこと』がその通りだと話題に!

まぐまぐニュース! / 2016年03月25日04時00分

高田純次さんと言えば、伝説の適当男として有名ですよね。 69歳になった今でも、素敵なおじさま風の見た目からは想像できないほどの徹底的な適当ぶりが、日本中の老若男女に支持されています。 「キミは美女だよね。あ、本当かどうか分からないけど」 — 高田純二セリフbot (@zyunnzi_fan) 2016年3月19日 「焼き肉の時は、オレは先に韓国のりを食べた [全文を読む]

第五福竜丸の死因は「死の灰」ではなかった - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2015年05月01日11時09分

高田純『核爆発災害』によれば、久保山の肝臓に蓄積されていた放射能は130ベクレル/kgで通常の値(120ベクレル)とほとんど変わらなかった。 他の22名の船員についても放射線医学総合研究所が長期にわたって追跡調査をしたが、2003年までに死亡した12名の内訳は、肝癌6名、肝硬変2名、肝線維症1名、大腸癌1名、心不全1名、交通事故1名で、ほぼ全員に肝機能障害 [全文を読む]

ゼロリスクを求めるメディアの「情報汚染」が福島の復興をさまたげる - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2015年03月12日16時44分

被災地に入って現地調査した高田純教授(札幌医科大学)によると、もっとも線量の高い「帰還困難区域」とされる浪江町でも年間7~8ミリシーベルト程度だという。健康に影響が出るのは100ミリ以上だから、すべての地域で帰宅できるが、政府は追跡調査もしないで、避難指示解除準備区域(20ミリシーベルト以下)、居住制限区域(20~50ミリ)、帰還困難区域(50ミリ以上) [全文を読む]

中国のチベット族やウイグル族 3人集まると即懲罰の対象に

NEWSポストセブン / 2013年05月28日07時00分

2008年に『中国の核実験』(医療科学社)を出版した札幌医科大学教授の高田純氏によれば、1996年までの約30年間にウイグル自治区のロプノルで46回の核実験が行なわれ、その影響で少なくとも19万人以上が死亡しました。 内モンゴルにも1980年代から漢民族が大量に入植し、少数民族の消滅が図られてきました。最近では炭鉱開発により、石炭を運ぶトラックが大量に走り [全文を読む]

福島県民は健康被害を受けない!? 札幌医科大・高田教授が語る放射能のリスク

ニコニコニュース / 2012年01月24日18時50分

2012年1月19日に放送されたニコ生アゴラ「放射能はそんなに危険?原発のリスクを考える」では、「福島県民の大多数の(被曝線量は)5ミリシーベルト以下で、福島県民は健康被害を受けないというのが、2011年4月以降の調査の結論だ」と主張する札幌医科大学医療人育成センター・高田純教授が出演した。 「10ミリシーベルトまでの被曝は低線量だ」と定義する高田教授は [全文を読む]

フォーカス