久保博のニュース

なんちゃってカープ女子。敵地、東京ドームで読売巨人軍とジャガー・ランドローバーの締結セレモニーへ行く

clicccar / 2017年03月26日11時55分

巨人軍球団社長の久保博氏と高橋由伸監督はそれぞれチームカラーであるオレンジの「ジャガーFタイプR AWDクーペ」、「レンジローバー イヴォークコンバーチブルHSE ダイナミック」で登場。その後、7名の選手が登場。するとその中に、先ほどのイケメンが! 宮國椋丞選手でした。ちなみに私は7名の中で、阿部慎之助選手しかわかりませんでした。 そして、ちゃっかりほか [全文を読む]

ジャガー・ランドローバー・ジャパンと読売巨人軍が、オフィシャルカー契約を締結し、車両70台を監督やコーチ、選手等に提供

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年03月24日18時00分

移動時間が最高のドライビング・エクスペリエンスになることを願っています」■読売巨人軍 久保博 社長コメント 「英国を代表するトップブランドのジャガー・ランドローバー様に"オフィシャルカー"としてサポートして頂けることになり大変感激しております。伝統を守りながら革新を追求する企業とチームのコラボレーションでお互いのブランド価値が一層高まっていくことを期待して [全文を読む]

巨人・久保球団社長が大型補強を語る

ベースボールキング / 2017年03月23日21時30分

23日放送の『今夜もオトパラ!』(ニッポン放送)に、読売巨人軍の久保博球団社長が出演し、オフに行った大型補強について語った。 2年連続で優勝を逃した巨人は昨オフ、陽岱鋼、山口俊、森福允彦、吉川光夫、マギー、カミネロなど大型補強を敢行。この補強について久保社長は「一番の要因は得点力の低下だと思っていました。得点力回復のために強力打線を作る。1、2番を核にした [全文を読む]

“鳥肌が立つ”小説! 劇作家おすすめの村田沙耶香の話題作とは?

anan NEWS / 2016年06月11日12時00分

炭鉱王とはいえ野卑な男と結婚した白蓮が、文学に造詣の深い久保博士や、のちに駆け落ち相手となる帝大生・宮崎とのインテリジェンスな愛の交流にどれだけ救われていたかがよくわかる」。集英社文庫 667円 ◇ふじた・たかひろ 演劇作家。劇団「マームとジプシー」主宰。8月にワークショップ公演『ドコカ遠クノ、ソレヨリ向コウ 或いは、泡ニナル、風景』を予定。「本は、日常に [全文を読む]

巨人・高木京介の球団会見の裏に駆け引きと御用メディア存在

NEWSポストセブン / 2016年03月14日07時00分

高木京介投手が野球賭博に関与していたと巨人の久保博球団社長らが緊急会見で発表したのは3月8日、火曜日の夜のことだ。 高木が賭博への関与を認めたきっかけは『週刊文春』の取材によるものだった。巨人の説明によれば、2月29日に球団職員が文春から質問を受けて調査を開始。当初、高木は否定していたが、3月7日に両親から「真実を話したほうがいい」といわれたことなどから、 [全文を読む]

「逆境を跳ね返し優勝を」だと!? BS日テレ社長「野球賭博騒動」発言と“当事者意識”のなさ

日刊サイゾー / 2016年03月09日20時30分

この再びの賭博発覚に際し、久保博球団社長が8日に記者会見を実施したのだが、その際「(開幕戦は)ぜひ参加させてもらいたい」と発言。ネット上では「もう解散でいい」「自粛しろ」「巨人のエゴが丸出しだ」など、否定的な意見が殺到。他球団との兼ね合いもあるので、出場しないというのもいろいろと大変なのは理解できるが……。 とにもかくにも、今は何を語っても叩かれる状況の [全文を読む]

ミスターも“利用”され……巨人・高橋由伸新監督誕生で見えた長嶋家と読売の力関係

日刊サイゾー / 2015年10月26日11時00分

由伸が球団と監督就任をめぐる話し合いをした際、久保博・巨人球団社長は長嶋茂雄終身名誉監督に電話で報告し、長嶋氏から「高橋君しかいない。自分は39歳で監督になったが、高橋由伸君は40歳。今のチームは若い監督が率いて、大きな切り替わりがいるだろう。私にできることがあれば、なんでもサポートします」というメッセージを受け取ったこと伝えた。 「ミスターにああ言われ [全文を読む]

「引退即監督」要請の高橋由伸 長嶋茂雄氏の前例との違いは

NEWSポストセブン / 2015年10月24日16時00分

要請段階で久保博・巨人球団社長は長嶋茂雄終身名誉監督に電話で報告し、長嶋氏から「高橋君しかいない。自分は39歳で監督になったが、高橋由伸君は40歳。今のチームは若い監督が率いて、大きな切り替わりがいるだろう。私にできることがあれば何でもサポートします」というメッセージを受け取ったことを明かした。影響力の強い長嶋氏の言葉を用いた球団の姿勢には、「外堀を埋めた [全文を読む]

巨人野球賭博問題「責任取れ!」の声にも姿を見せないあの“長老”

アサ芸プラス / 2015年10月24日09時59分

渡邉恒雄最高顧問以下、白石興二郎オーナー、桃井恒和会長、久保博社長、原沢敦球団代表、そして長嶋茂雄終身名誉監督。数々いる巨人の船頭の中で、誰か1人でも責任を取って辞任でもすれば格好はつくのでしょうが」(週刊誌記者) 今回の中間報告を受け、久保社長は「コミッショナーが下す処分が決まった時点で、球団としても厳しい処分を行います」とコメントした。果たしてその処分 [全文を読む]

巨人・高橋由伸は監督就任を断れない!? “球団”と“カネ”に翻弄され続けるその半生とは……

日刊サイゾー / 2015年10月21日20時30分

都内ホテルで約50分間、久保博球団社長と堤辰佳GMとの初交渉に臨んだ高橋は「来季の監督を、という要請です」「引き受けるなら(選手)兼任はないと思います」とはっきりとした口調で答えた。現状は保留だが、受託するなら専任監督になる意思を語っている。 だが、高橋はシリーズ全日程が終了した17日の時点で、“選手”として来季に向けて気持ちを切り替えていたという。今年は [全文を読む]

読売巨人軍(ジャイアンツ)× ドーム(アンダーアーマー) 5年間のパートナーシップ契約を締結

PR TIMES / 2014年12月22日16時12分

株式会社読売巨人軍(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保博)と、「アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)」の日本ライセンシーである株式会社ドーム(本社:東京都品川区、代表取締役:安田秀一)は、5年間のパートナーシップ契約を結ぶことで合意いたしました。 今回のパートナーシップ契約には、「ジャイアンツが世界一のチームになる」という明確なビジョンがあ [全文を読む]

デーブ監督ごり押しも納得?楽天・三木谷社長は昭和の体育会系経営者だった

リテラ / 2014年10月16日20時00分

理由はもちろん、新監督に"デーブ"こと大久保博元2軍監督が昇格することになったからだ。大久保氏といえば、選手時代の成績よりも粗野なキャラクターやトラブルでマスコミを騒がせてきた。西武ライオンズの1軍打撃コーチだった2008年11月には、暴行を受けたという女性から警視庁品川署に被害届が出されていたことが発覚(検察は略式起訴で罰金20万円)。10年には西武の [全文を読む]

プロ野球楽天・星野仙一監督、退任決断のワケ「負け戦はしない……」

日刊サイゾー / 2014年09月20日16時00分

元来、勝てる戦力が整わないと勝負の土俵に上がらないことで有名な星野監督が、今後の戦略を考えた時にあえて“負け戦”をせず、土俵から降りたという見方も非常に強い」(球界関係者) 来季の監督最有力候補には、監督代行を務めたデーブこと大久保博元2軍監督の再昇格が濃厚となるが「球団内外にアンチも多く、就任すれば試合以外で良くも悪くも注目を集める可能性が高まる」(同) [全文を読む]

フォーカス