村田純一のニュース

トヨタ社長らを輩出、米名門バブソン大が学生に聞く「3つの質問」

Forbes JAPAN / 2017年04月06日08時30分

トヨタ自動車社長の豊田章男、イオン社長の岡田元也、佐藤製薬社長の佐藤誠一、村田機械会長の村田純一、スパークス・グループ社長の阿部修平─、日本を代表する経営者らを輩出したアメリカ東部ボストン郊外にあるバブソン大学は、大学院を合わせても学生数約3100人という小規模な大学だ。「USニューズ・アンド・ワールドレポート」の全米大学評価では、23年にわたって「アント [全文を読む]

フジテレビ記者が暴力団関係者に車購入の「名義貸し」、法的に問題ないのか?

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月21日11時45分

民事介入暴力の問題にくわしい村田純一弁護士に聞いた。●暴力団に利益供与しても刑事罰はないが・・・「各都道府県の暴力団排除条例(暴排条例)には、暴力団に対する利益供与を禁止する規定があります。この禁止規定の一つに『事業者は、事業に関し、暴力団の活動を助長し、又は暴力団の運営に資することとなることの情を知って、暴力団員に利益供与をしてはならない』というものがあ [全文を読む]

「わからないことだらけ」高畑裕太強姦致傷事件“無罪主張”の意図を弁護士が解説

日刊サイゾー / 2016年09月21日11時00分

担当弁護士が「起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件」とまで言ったが、本当にそこまで言い切れるものだったのだろうか? 誠法律事務所の村田純一弁護士は、「事実関係が不明なので、確かなことは言えませんが」としながらも、「この件で無罪を争うことは、そんなに簡単ではないように見える」という見解を示す。 「弁護士のコメントによれば、高畑氏は女性が [全文を読む]

「オバマ米大統領は謝罪すべきだった」亀井静香衆院議員に聞く

ニューズウィーク日本版 / 2016年06月11日06時55分

(聞き手=時事通信編集委員・村田純一)「おわびと反省、具体的な言葉が無い」――オバマ大統領来日前の記者会見で、亀井さんは「謝罪も反省もしないのであれば、広島に来ないでもらいたい」と発言していた。その後、広島を訪れたオバマ氏のスピーチをどう受け止めましたか。亀井 逆に聞くが、オバマ大統領は何をしに広島に来たと思いますか。――(2009年に「核なき世界」を提唱 [全文を読む]

京都と百度、免税店や観光施設の地図活用で訪日中国人観光客取り込み支援で連携

PR TIMES / 2016年06月09日10時26分

~百度地図と京都文化交流コンベンションビューローが位置情報サービスで連携~公益財団法人 京都文化交流コンベンションビューロー(所在地:京都市中京区、理事長:村田純一、以下コンベンションビューロー)とバイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 Charles Zhang、以下「バイドゥ」)は、この度、百度地図(バイドゥマップ)を活用し、訪日中国人観光 [全文を読む]

ビックデータ解析により、知られざる睡眠薬の処方実態が明らかに

PR TIMES / 2016年03月23日14時31分

分析者:株式会社インテージテクノスフィア 医薬情報部アナリスト 村田純一---------------------------------------------------------------調査サマリー---------------------------------------------------------------● 睡眠薬の処方期間は [全文を読む]

福岡県が「元組員」を雇った企業に給付金ーー暴力団員が「社会復帰」するための課題

弁護士ドットコムニュース / 2016年02月22日10時20分

離脱者支援にくわしい村田純一弁護士に聞いた。●「社会復帰する気持ちがあっても、その方法がわからない」「暴力団を離脱した人たちの社会復帰は、簡単ではないのが現状です。原因をいくつか挙げますと、まず、離脱者を受け入れる事業者が、圧倒的に少ないという点があります。各都道府県には、離脱者の社会復帰を目的とした『社会復帰協議会』がありますが、実際に元暴力団員を雇う会 [全文を読む]

京都が全国に先駆け「百度旅行」へ観光コンテンツの提供を開始!

PR TIMES / 2015年02月16日12時53分

~百度(Baiducom)と京都文化交流コンベンションビューローがコンテンツ提携~ バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 駐日首席代表 Charles Zhang、以下「バイドゥ」)と、公益財団法人 京都文化交流コンベンションビューロー(所在地:京都市中京区、理事長:村田純一、以下コンベンションビューロー)はこの度、業務提携をいたします。2月下旬 [全文を読む]

フォーカス