井上勝のニュース

[新人戦]選手権優勝GK廣末に「GKの楽しみを教えてもらえた」。大型GK濱田太郎の好守などで初芝橋本が完封勝利

ゲキサカ / 2017年02月07日20時20分

初芝橋本は前半9分、スルーパスから、近大新宮FW井上勝天にDF裏のスペースを突かれたが、GK濱田太郎がPAを勢いよく飛び出し、スライディングでクリアした。苦しい時間帯が続いたが、初芝橋本は25分にスコアを動かす。右クロスをFW細川琢未がボレーで合わせた一撃が、フワリとゴール前に上がるとFW山川晴生が頭で押し込み、初芝橋本が先制した。 後半に入ってからは「 [全文を読む]

小岩井農場産「樹齢100年材」使用住宅を限定販売

PR TIMES / 2016年10月04日12時09分

小岩井農場は、1891(明治24)年に当時の鉄道庁長官の井上勝や日本鉄道会社副社長の小野義眞と共に、三菱社第二代目社長の岩崎彌之助の出資により開設され、農場総面積3千haの3分の2に当たる2千haの山林があります。不毛の原野を開墾し、1899(明治32)年から植林を本格的に開始したスギ、カラマツ、アカマツ及びヒノキ等の針葉樹を木材蓄積量としておおよそ60 [全文を読む]

鉄道講座「鉄道の父・井上勝と大宮駅の開業、そして発展」開催

クオリティ埼玉 / 2016年08月02日14時30分

今回は、日本の鉄道の父と呼ばれた井上勝が、明治18年3月に開業した大宮駅とどのような関わりを持っていたのかを、鉄道博物館学芸員の五十嵐健一氏が話しをする。当時、大宮分岐案と熊谷分岐案の二つの鉄道路線案があった。もし分岐駅が大宮ではなく熊谷に決まっていたとしたら今のさいたま市はどうなっていたのかなど、鉄道ファンならずとも大人から子どもまで楽しめる鉄道講座は興 [全文を読む]

ホンダ、「第13回デリーオートエキスポ 2016」で「BR-V」をインド初公開

JCN Newswire / 2016年02月04日15時44分

また、HCIL社長の井上勝史は、「Hondaがインドでビジネスを始めて20年が経過し、これまで100万人以上のお客様に支えられてまいりました。さらに2015年は過去最高となる20万台以上の販売を記録することができました。今年はBR-Vとアコードの発売で成長を一層加速するとともに、インドでのブランドの強化を図ってまいります」と話しました。あわせて、コンセプト [全文を読む]

織田信長は伊藤博文の鉄道に轢き殺された/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2015年12月13日08時15分

当時、鉄道計画の中心にいたのは、井上勝鉄道庁長官。そして、初代大蔵大臣松方正義と、これにぶら下がる政商川崎正蔵の神戸川崎財閥。だが、彼らの背後にいたのは、明治の豊臣秀吉、すなわち、鉄道推進論者の宮内卿にして初代総理大臣を兼任した伊藤博文にほかならない。じつはこのころ、明治政府は新たな危機に直面していた。77年に起きた九州の西南戦争はかろうじて平定したもの [全文を読む]

小岩井農場産針葉樹を使った構造用合板の供給開始について

PR TIMES / 2012年12月18日13時46分

小岩井農場は、1891(明治24)年に当時の鉄道庁長官の井上勝や日本鉄道会社の小野義眞と共に、三菱社二代目社長の岩崎彌之助により開設され、農場には総面積3千haの 3分の2に当たる2千haの山林があります。不毛の原野を開墾し、1899(明治32)年から植林を開始したスギ、カラマツ、アカマツ及びヒノキ等の針葉樹を木材蓄積量としておおよそ60万㎥材積していま [全文を読む]

フォーカス