橋本小雪のニュース

【エンタがビタミン♪】エレキテル連合・朱美ちゃんの“セクシーキャット” こだわりがすごい!

TechinsightJapan / 2016年05月28日20時20分

日本エレキテル連合の橋本小雪がどこか艶めかしい猫になりきった姿を公開して「セクシーキャット!」「ヒョウ ノ ヨウネ サソッテ イルノ?」とフォロワーの注目を浴びている。相方の中野聡子がデザインしたというからその才能にも驚くが、2人の力が合わさってエレキテル連合の面白さが爆発することを実感させる作品だ。 代表的なネタ「ダメよ~、ダメダメ」でおなじみ白塗りの朱 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】エレキテル中野が肺炎から復帰 “巨乳”タッチで意気込み「舞台で返してまいります」

TechinsightJapan / 2016年11月08日11時01分

中野が入院している間は橋本小雪が1人で活動していたが、ツイッターでは寂しさをつぶやいていただけに相方の復帰は何より嬉しかったようだ。 中野聡子は10月25日の夜、肺炎で都内の病院に緊急入院となり医師から2週間ほどの休養が必要と診断された。11月7日、相方名義の『日本エレキテル連合 橋本小雪(elekitel_denki)ツイッター』にて「中野/この度はご心 [全文を読む]

話題の日本エレキテル連合“ダメ出し”インタビュー【前編】「一発屋で終わらないために、朱美ちゃんと細貝さんを殺しました!」

週プレNEWS / 2014年10月15日06時00分

「ダメよ~、ダメ、ダメ!」のフレーズで大ブレイク中! 2014年の流行語大賞との呼び声も高い、日本エレキテル連合の中野聡子さんと橋本小雪さんに直撃インタビュー! ■朱美ちゃん以外のキャラが100種類ある? ―いやぁ~、今やすごい人気ですよね。 中野聡子(細貝さん。以下、中野)ありがとうございます。 ―なんでこんなに人気が出たんだと思いますか? 中野 私たち [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】エレキテル連合・朱美ちゃん怒る? “ピンク”のセクシーショットで「インスタ ノゾケ」

TechinsightJapan / 2016年12月14日20時50分

12月13日の夕刻、『日本エレキテル連合 橋本小雪(elekitel_denki)ツイッター』で「朱美/タマニワ アケミ ノ インスタ ノゾケ ナウ」と少々ご立腹かと思えるようなツイートがあった。リンク先は『朱美 akemi_no.3 Instagram』なのだが、「スタイリストサン アケミ カザッタ ホソガイセンセイ アケミ カザッタ ピンクニ カザッ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】メイプル超合金カズレーザー “朱美ちゃん”コスが違和感なさすぎ

TechinsightJapan / 2016年05月15日12時20分

特にネタにしやすいのか、橋本小雪扮する朱美ちゃんを弄る写真が多い。 そして今回、カズレーザーのInstagramと『日本エレキテル連合 橋本小雪(elekitel_denki)ツイッター』に投稿されたのは、2人の朱美ちゃん。椅子に座っている方は肌は色白で美しいが、胸板がやけに厚く大柄だ。この体格の良い朱美ちゃんに扮しているのは、なんとカズレーザーだった。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】日本エレキテル連合・朱美ちゃんがセクシーショット「モット ミナサイヨ イクジナシ」

TechinsightJapan / 2016年02月28日17時20分

中野聡子による“細貝さん”に迫られて「ダメよ~ダメダメ」と繰り返す橋本小雪の“朱美ちゃん”とは思えないセクシーショットにフォロワーも魅了されていた。 『日本エレキテル連合 橋本小雪(elekitel_denki)ツイッター』では27日に、タイトなロングドレスの“朱美ちゃん”を公開しており新バージョンを模索しているようだ。今後の活躍に期待したい。 出典:ht [全文を読む]

日エ連が新作で「朱美ちゃんとは距離を置いた」理由

Smartザテレビジョン / 2015年07月15日17時07分

そこで今回は日本エレキテル連合の中野聡子と橋本小雪に「グッバイヒューズ」に収録されたコントへの思い、そして彼女たちが追い求める理想の笑いの姿について聞いた。――今回収録される8本のコントは、どのように選ばれたのでしょうか?中野聡子(以下、中野):ライブで評判が良かったネタと、自己満足で作っているネタと、まだ世の中にほとんど出ていない、挑戦の意味も含めたネタ [全文を読む]

『見てくれなきゃダメよ~ダメダメ!』 日本エレキテル連合の初冠番組が聖夜に放送決定!!

Smartザテレビジョン / 2014年12月14日05時00分

「日本ナヤンデル連合~聖夜のタスケマスSP~」(テレビ朝日)と題し、聖なる夜に芸人“中野聡子”、“橋本小雪”が素顔で過酷なロケに挑戦する。 “未亡人 朱美ちゃん”などのコントネタで'14年、一躍人気者になった2人だが、人気沸騰中のコンビであるにも関わらず、芸人“中野聡子”“橋本小雪”としての知名度はまだまだ低い。そこで、この番組では中野と橋本の実態を探るべ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】日本エレキテル連合・中野が、橋本とコンビを組むのを断った理由。「こんなヤツがいるから女芸人が舐められる」

TechinsightJapan / 2014年11月07日19時55分

白塗り未亡人の朱美ちゃんを演じる橋本小雪は、メイクを落とすと色白で目が大きく男性ウケする雰囲気がある。相方のひげ面中年男の細貝さんこと中野聡子はそんな橋本に嫌悪感を抱いていた頃があったようだ。 日本エレキテル連合はネタを作り、キャラクター設定から衣装、メイクそして小道具に至るまで、全て中野聡子が担当する。一方の橋本小雪は仕事に関するマネージャーとの連絡窓口 [全文を読む]

日本エレキテル連合“ダメ出し”インタビュー【後編】「夢はドリフのようなお金をかけたコントです!」

週プレNEWS / 2014年10月17日06時00分

「ダメよ~、ダメ、ダメ!」のフレーズで大ブレイク中! 2014年の流行語大賞との呼び声も高い、日本エレキテル連合の中野聡子さんと橋本小雪さんに直撃インタビュー、第3回! ■夢はドリフのようなお金をかけたコントです ―ふたりでコンビを組んで最初のネタってどんな感じだったんですか? 中野 私は爆笑問題さんに憧れていたので、最初は漫才をやったんですよ。古びた隠れ [全文を読む]

フォーカス