林雄一のニュース

アイドルを振った美人アナも!? 人気女子アナ「最新恋愛事情」

日刊大衆 / 2017年01月29日23時00分

いずれ寿退社してママタレとして芸能界復帰を目論んでいるのではないでしょうか」と言うのは、芸能評論家の平林雄一氏。 それにしてもテレ東女子アナとプロ野球選手との結婚率の高さは尋常ではない。古くは巨人の林昌範投手(当時)と結婚した亀井京子、ヤクルトの城石憲之内野手と結婚した大橋未歩(後に離婚)、元ヤクルトで現在はメジャーリーガーの青木宣親外野手と結婚した大竹佐 [全文を読む]

石川恋「無名時代は週5でバイト」意外な出世街道

日刊大衆 / 2016年11月07日20時00分

憧れの金髪JK制服姿になった彼女が、それに一役買ったのは間違いないでしょう」(出版関係者) その魅力を、芸能評論家の平林雄一氏が解説する。「素の石川は真面目で優秀な学生だったようですが、目つきが“なんだよ系”のワルギャル。金髪JKキャラが、見事にハマったんでしょう」 15年2月放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)の中で、それまでトレードマークだった金髪を黒 [全文を読む]

吉高由里子「恋愛充実」で、“燃え尽き症候群”から完全復活!?

日刊大衆 / 2016年08月07日11時00分

芸能評論家の平林雄一氏が言う。「当時、あの二人は、放っておけば部屋から1週間も2週間も出てこないといわれたものですよ。軽いように見られがちですが、ああ見えて実はいつも本気。だから写真誌に撮られても反論することはないんです。今どき珍しいほどの惚れっぽい肉食系女優です」 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「立川記念」

アサ芸プラス / 2015年01月08日09時56分

東日本はこの3者と、南関の和田真久留─林雄一か。西日本は、中部の深谷知広─浅井康太、近畿の脇本雄太─村上義弘、そして中川誠一郎─荒井崇博の九州両者に徳島の小倉竜二がつける。 先行するのは脇本も、まくり勢の巻き返しは早い。 ◎平原、○脇本、3番手評価が深谷と浅井。まくり合戦を制して、平原の2連覇濃厚だ。 「和歌山記念」(1月10日【土】~13日【火】)に出走 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「松山記念」

アサ芸プラス / 2014年10月30日09時57分

東日本は南関が石井秀治─林雄一の2車も、関東は平原─後閑─神山雄一郎、北日本は福島の飯野祐太─佐藤慎太郎に菊地─内藤宣彦がつけて、強力な4車ラインになっておかしくない。 先行するのは原田。中団が取り合いになっても、レース運びのうまさで平原のもの。ラインが長い飯野と松岡が動いて、流れは一気にヒートアップする。 本命は平原。好位からのまくりで、今年3度目の記念 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「岐阜記念」

アサ芸プラス / 2014年09月18日09時57分

東日本は南関の東龍之介─林雄一─田中晴基、関東の平原─岡田征陽と、小松崎大地─山崎芳仁の福島両者が圏内。他では積極性が戻った菅田和宏、地元で加藤の進出も十分ある。 主導権は小松崎と東の取り合いで、ハイペースは必至。位置取り巧みな平原が好位につけ、勝負どころから井上、稲毛、深谷が一気に踏み込む。 本命は仕掛けが早くなった深谷。対抗は自力もある村上義。2連覇も [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「高松宮記念杯」

アサ芸プラス / 2014年06月12日09時57分

南関の根田空史─新田康仁─林雄一、北日本の飯野祐太─菊地圭尚までが東日本の圏内。西日本は、中部の深谷知広─金子貴志─浅井康太のSSトリオ、近畿の脇本雄太─稲川翔。九州の菅原晃─井上昌己─大塚健一郎も有力で、切れ目からの戦いになりそうな岩津裕介は、小倉竜二が勝ち上がれば瀬戸内コンビで結束か。 主導権は脇本が譲らず、好位を狙うのは池田と菅原。深谷は500バンク [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「平塚記念」

アサ芸プラス / 2014年05月01日09時57分

その候補の1人が、地元の林雄一。1月和歌山記念で村上義弘、新田祐大らを相手に記念初優勝。今回は地元への凱旋シリーズになるだけに、ファンの期待はいつも以上に大きい。平塚では選手がそろって一日中バンクで練習しているのをよく目にする。結束は固く、根田の仕掛けしだいで出番は十分ある。 茨城の浦川尊明がブレイクを予感させる。1月大宮記念の決勝戦に乗り、3月FI和歌 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「共同通信社杯」

アサ芸プラス / 2014年04月24日09時57分

関東は池田勇人─平原康多─芦澤大輔、そして地元南関地区は新田康仁─林雄一。西日本勢は中部が深谷─金子貴志─浅井康太、近畿は脇本─稲川翔と藤木裕─稲垣裕之─村上義弘の京都ラインで別線。九州の菅原晃─井上昌己までが圏内と見た。 激しい先行争いになっても、脇本が主導権は譲らない。藤木が早めに巻き返すところを、新田祐と深谷がまくることになる。 ライン3車なら、7番 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「静岡記念」

アサ芸プラス / 2014年02月20日09時57分

地元勢は新田─渡邉晴智の3番手に、1月和歌山記念で記念初優勝を飾った林雄一がつける。関東は武田─後閑、北日本は佐藤友─成田。西日本は中部の深谷─山田裕仁、近畿の川村─渡辺十夢、九州の井上─大塚健一郎が圏内。他では早坂秀悟、竹内雄作、坂本亮馬の進出もある。 川村が主導権を取りそうだが、武田が先に動いておかしくない。新田と井上は好位から仕掛け、その外を深谷がま [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「和歌山記念」

アサ芸プラス / 2014年01月09日09時57分

東日本は関東の池田─飯嶋則之、田中晴基─小埜正義─林雄一の南関トリオ、北日本は新田─佐藤康紀。 先行する稲毛に稲垣が続き、金子、池田、新田はまくり狙いになる。 本命は新田。まくりの切れ味は1枚抜けている。対抗と3番手評価は、底力で村上義、金子だ。 伏兵は100期の保科千春(宮城)と古性優作(大阪)、そして小原唯志(茨城・101期)の機動力型3選手。小細工せ [全文を読む]

ガルーダ・インドネシア航空 山梨県と相互協力に係る覚書を締結

PR TIMES / 2013年10月23日11時38分

また、調印式後には、インドネシアでローソンを展開するPT MIDI UTAMA Indonesia Tbkの林雄一副社長、ヴェリーナ ユリアンティ専務取締役も参加のもと2013年8月19日(月)~9月30日(月)までの期間インドネシアのローソン63店舗で実施した「ローソンで買って、ガルーダ航空に乗って、富士山に行こう」キャンペーンの山梨旅行当選者3名への賞 [全文を読む]

ガルーダ・インドネシア航空 山梨県、ローソンインドネシアと「富士山PRキャンペーン」共同記者会見を開催

PR TIMES / 2013年08月21日13時24分

ミディ・ウタマ・インドネシア副社長 林雄一氏は、「キャンペーン期間中、ローソン63店舗に訪れるお客様はのべ120万人を見込んでおり、今後もお客様に”わくわく”してもらえるような取り組みを通じ、お客様の満足度を高め、新規顧客を獲得し店舗の売上向上に繋げていきたい」とコメントしました。ガルーダ・インドネシア航空 マーケティング担当副社長 ジュナイディ・プトラ・ [全文を読む]

フォーカス