高橋亨のニュース

日本郵政グループの足並み乱れる中、調整役の人事はいかに――総務省

経済界 / 2017年02月07日15時00分

鈴木氏は当初、日本郵便の高橋亨社長を後任に推したが、官房長官の強い反対で断念。日本郵政に会長がいないにもかかわらず、高橋氏は子会社の日本郵便会長という奇妙なポストに就いた。鈴木氏が子飼いの高橋氏を延命するために作ったポストだ。 次いで鈴木氏が官房長官に推薦したのが小笠原氏で、鈴木氏に続投を要請していた官房長官も容認したという。鈴木氏は最近、周囲に「こいつ [全文を読む]

ユナイテッド航空がグアムインターナショナルマラソンの冠スポンサーに 大会名を「ユナイテッド・グアムマラソン」に一新し、8月23日よりエントリー受付中2017年も大会アンバサダーに高橋尚子さんが就任

@Press / 2016年08月24日12時30分

ユナイテッド航空日本地区営業担当支社長の高橋亨は、「ユナイテッドは、2013年の第1回大会以来、一貫してこの素晴らしいイベントをサポートしてまいりました。日本国内でランニングは幅広い層の方々に愛されております。日本から近く、魅力溢れるグアムの地で開催されるユナイテッド・グアムマラソンを通じて、多くの皆様に走る楽しみをお届けできることを嬉しく思います。今後、 [全文を読む]

年始の挨拶に「スター・ウォーズ」はいかが?--2016年の年賀状はキャラものやWebサービスがパワーアップ

インターネットコム / 2015年10月29日23時00分

同日に開かれたセレモニーに代表取締役社長 高橋亨氏らが登壇し、年賀はがきの新商品やサービスの紹介を行った。 年賀状作成をサポートする特設サイト「郵便年賀.jp」やSNSの友人に年賀状を送れるサービスなど、ITを活用したサービスに力を入れている日本郵便。2016年用の新サービスとしては、Web限定販売のキャラクター年賀はがき「ウェブキャラ年賀」が紹介された。 [全文を読む]

円安でも海外M&A過去最高ペース 背景を欧米メディアが分析

NewSphere / 2015年03月10日11時31分

さらに、同グループの日本郵便・高橋亨社長は、今後は北米などにも目を向け、国際戦略を拡大したいと抱負を語った(ロイター)。また、在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所(ANCCJ)のメラニー・ブロック代表は、「トールが築き上げた(海外)ネットワークに楔を打ち込み、日本が過去に目を向けていなかった(国際的な)分野に手を広げることができるだろう」と、この [全文を読む]

Amazon.co.jp、日本郵便およびナスタの2社と物流インフラ構築の向上を目指す取り組みを開始

PR TIMES / 2014年10月01日18時28分

Amazon.co.jp(以下「Amazon」)は、日本郵便株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋亨、以下「日本郵便」)および新しいライフスタイルを提案する住環境メーカーの株式会社ナスタ(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:笹川 順平、以下「ナスタ」)の2社と協力して、配達効率の向上および、より迅速かつ利便性の高い配送サービスをお客様に提 [全文を読む]

美麗作画で話題、今期一番の癒し系アニメ『いなり、こんこん、恋いろは。』の魅力にせまる!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月06日18時00分

【女性スタッフの織りなすガーリーなムード】 そんなほんわかムードを形作っているのが、高橋亨監督(『魔術子オーフェンRevenge』他)の元に集められた、女性スタッフたち。 キャラクターデザイン・総作画監督には、『織田信奈の野望』で美麗な姫大名を描いた高品有佳。レギュラーキャラクターが各回できちんと違う私服、違う髪型だったりきめ細かな描写が素晴らしい。 また [全文を読む]

それでも「福島で生きるということ」(2)医師・中林智之さん

アサ芸プラス / 2014年01月09日09時56分

その内容は、南相馬にあった旧原町中央産婦人科医院で院長を務めていた高橋亨平氏が、末期ガンを患いながらも地域医療に身をささげている現場の様子を伝えたものだった。 「その記事には、一緒に病院を続けてくれる医師を探していることも記されていたので、12年10月、南相馬に足を運んで、高橋先生に直接お目にかかりました。ガンの治療中でありながら、とても元気なご様子だった [全文を読む]

2000万円投じた仮設住宅の仮設診療所 2年経過で取り壊し

NEWSポストセブン / 2012年08月08日07時00分

産婦人科医として地域医療に取り組んでいる、原町中央産婦人科医院の院長、高橋亨平先生。ご自身の体が大腸がんに侵され、肝転移も見られているのだが、命がけで地域医療に取り組んでおられる。 遠藤清次先生は、かつて甲状腺の病気を専門とし、いまは地域医療を行なう「絆診療所」の院長である。福島原発の事故で警戒区域となり、休診に追い込まれた小高地区の小高病院院長だった人。 [全文を読む]

フォーカス