盛田正明のニュース

プライベートジェット1億円ほか錦織圭「年収36億円」の使い道

WEB女性自身 / 2016年09月16日06時00分

「彼はソニー創業者の実弟・盛田正明氏が設立した『盛田正明テニス・ファンド』の援助で米留学したことがきっかけで、トッププロに成長した。将来的には、同じような財団を作り、少年少女の育成を手助けしたいと考えている。その目的実現のためにしっかりと貯蓄している」(テニス関係者) しっかりと将来の設計図を描く、26歳の志である。(週刊FLASH 2016年9月27日 [全文を読む]

錦織圭で注目集まるテニスの費用 小中学生で年200~300万円

NEWSポストセブン / 2015年07月14日16時00分

「今、プロテニスプレーヤーを夢見ている小学生は、錦織選手も参加した修造チャレンジに選ばれることをまず目標にし、次に盛田正明テニスファンド(*注)の支援を得て、世界的エリート養成組織であるIMGアカデミー(本部・米国フロリダ州)へ留学することを視野に入れています」 【*注:ソニー創業者のひとり、盛田昭夫氏の実弟にあたる盛田正明氏は、これまで10代前半の才能 [全文を読む]

錦織圭「“第二の錦織”を育てたい」10億円で叶える夢計画

WEB女性自身 / 2014年11月18日00時00分

さらに13歳で米国のテニス・アカデミーに留学できたのも、盛田正明テニス・ファンドの支援があったからだ。このファンドは、ソニー副社長だった盛田正明氏が個人の私財で立ち上げた“トップテニスプレーヤーを育成する”ための財団だ。このアメリカ留学がなければ、現在の錦織の活躍はなかっただろう。「今回のファイナル出場で得た賞金を上乗せすると、錦織の生涯獲得賞金は8億円超 [全文を読む]

全米OP準優勝錦織圭 「借金返済」で「第二の錦織」誕生を期待

NEWSポストセブン / 2014年09月20日07時00分

ソニー元副社長で日本テニス協会名誉会長の盛田正明氏が私財1億円を投じて設立した「盛田正明テニスファンド」(MMTF)の支援を受け、錦織は米国の名門IMGアカデミーに留学していた。その後もレッスン料や遠征費、現地の学校の学費など様々な形で援助を受けてきた。 「これまでに17人の留学生を送り出してきたが、審査は厳しく、プロとして活躍できるようになるまで支援を受 [全文を読む]

錦織圭 年収34億円!世界のセレブに選出も堅実生活続ける理由

WEB女性自身 / 2016年07月20日06時00分

というのも13歳で米国にテニス留学したことが今の錦織圭の原点になっているのですが、それを実現させてくれたのがソニー創業者の実弟・盛田正明氏が設立した『盛田財団』の奨学金だったのです。そのことに恩義を感じていた彼は『自分も未来ある子どもたちの夢を叶えたい』と考えているようです」(前出・テニス関係者) 堅実な生活のお陰で資金もだいぶプールされ、その計画はいよい [全文を読む]

全日本テニス選手権大会準優勝の西岡良仁プロ ヨネックスと所属契約締結

PR TIMES / 2014年02月03日09時13分

西岡プロは幼少のころより数々の全国大会で優勝を重ね、その実力が評価されて中学3年時に公益財団法人 盛田正明テニス・ファンドの支援の下、世界的トッププロを輩出するアメリカIMGテニスアカデミーに留学をしています。その後、2012年の全米オープンジュニアで単複ベスト4、昨年のニッケ全日本テニス選手権では初出場にして準優勝を果たし、ITF男子フューチャーズ大会 [全文を読む]

フォーカス