大倉喜八郎のニュース

オフィス街の書店で、大ヒット中のビジネス歴史小説大倉喜八郎を描く『怪物商人』が発売3カ月で5万部突破

@Press / 2017年04月27日11時30分

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/127433/img_127433_1.jpg本書は、幕末に「これからは鉄砲の時代だ」と乾物屋から鉄砲商になり、身一つで動乱の世をのし上がる大倉喜八郎の生涯を描く長編小説。後年は大陸で排日運動が高まるなか、蒋介石、張作霖ら中国の大物から敬愛された日本人としても知られます。出光佐 [全文を読む]

大倉喜八郎 角栄に重なる「死の商人」の成り上がり人生

NEWSポストセブン / 2017年01月12日07時00分

* * * 死の商人──鉄砲商として身を立て、財を成した大倉喜八郎の異名である。1837年、現在の新潟県新発田市生まれ。若くして江戸に出た喜八郎は「大倉屋」という乾物屋を営んでいた。 時は幕末。ビジネスチャンスとみた彼は乾物店から鉄砲商へと転身をはかる。戊辰戦争で名前を売り、台湾出兵、日清戦争、日露戦争……と軍の御用商人としての地位を確立。一代で大倉財閥 [全文を読む]

「国鉄分割民営化30年 -- 歴史の文脈の中で考える -- 」東京経済大学・大倉学芸振興会学術講演会

Digital PR Platform / 2017年05月17日08時05分

【主 催】 東京経済大学・大倉喜八郎記念東京経済大学学術芸術振興会 ※大倉学芸振興会(略称)は、年に数回、学術講演会や芸術公演を実施しており、東京経済大学の前身・大倉商業学校の創立者・大倉喜八郎の文化的貢献の志を継承して、学術芸術の振興と、それによる同大の社会への文化的貢献を中心に活動している。 ▼本件に関する問い合わせ先 東京経済大学 広報課(担当:山 [全文を読む]

東京経済大学の「大倉喜八郎 進一層館(Forward Hall)」が、東京都選定歴史的建造物に選定

Digital PR Platform / 2017年03月30日08時05分

東京経済大学国分寺キャンパス内にある「大倉喜八郎 進一層館(しんいっそうかん)Forward Hall」が、2017年3月23日(木)に、東京都選定歴史的建造物に選定された。 東京都選定歴史的建造物は、歴史的な価値を有する建造物(歴史的建造物)のうち、景観上重要であるとして東京都景観条例第22条に基づき、東京都景観審議会の答申と所有者の同意を得て東京都知事 [全文を読む]

“能”装束の展覧会をオランダで開催 アムステルダム国立美術館にて10月21日スタート

@Press / 2016年09月15日17時00分

創設者の大倉喜八郎氏(1837-1928)は文明開化の直後、越後国新発田から江戸に出てきて大倉屋(乾物店)の開業を皮切りに様々な事業を展開した実業家です。跡を継いだ息子の喜七郎氏(1882-1963)は、1962年に東京でホテルオークラを創業しました。大倉喜八郎、喜七郎父子は美術愛好家としても知られ、その風潮は今でも大倉家に引き継がれています。 ■能につい [全文を読む]

本能寺は「移転先」にあり。今も京都に残る信長由来の地を巡る

まぐまぐニュース! / 2017年06月02日23時12分

この地は、かつて財閥だった大倉喜八郎の別荘で、昭和3年、昭和天皇御大典記念に祇園祭の鉾を模した祇園閣を建てたと言われています。 大雲院は、1587年正親町天皇の勅命により織田信長・信忠の菩提を弔うために建てられたもので、大雲院は信忠の法名です。秀吉の時代には寺町四条に移っていたそうですが、その周辺が商業の中心地になるに従い、昭和48年に本堂が現在地に移され [全文を読む]

第7回 東京経済大学・国分寺地域連携フォーラム「都市農業“2.0”~新時代の都市農地の可能性~」

Digital PR Platform / 2017年05月25日08時05分

【日 程】 2017年6月2日(金)14:30~17:00 【会 場】 東京経済大学国分寺キャンパス 大倉喜八郎 進一層館(フォワードホール) 【主 催】 東京経済大学・国分寺地域連携推進協議会 【参加費】 無料 【申 込】 不要 【プログラム】 ・基調講演 「都市農地に関する制度改正と保全・活用に向けた方向性」 ・・・国土交通省都市計画課 課長補佐 野 [全文を読む]

ビールのふるさと札幌で日本のビールの魂に触れる/現地特派員レポート

TABIZINE / 2017年03月10日20時00分

歴史を感じる博物館でサッポロビール創業に関わった大倉喜八郎だの渋沢栄一だのという明治時代の立役者のことなど、じっくりビールの歴史を勉強した後は、併設されているビール園でジンギスカンとビールで賑やかにいきましょう。「学び」した後のビールの味は、また格別のはず? [旧永山武四郎邸] [サッポロファクトリー] [サッポロビール博物館] [全文を読む]

松下幸之助氏 1950年代に5年連続で長者番付1位に君臨した

NEWSポストセブン / 2015年09月15日16時00分

藤山コンツェルンのトップで外務大臣を務めた藤山愛一郎(1958年度2位)、竹中錬一・竹中工務店社長(1959年度4位)や大倉財閥を作った大倉喜八郎の長男で後にホテルオークラを作った大倉喜七郎・川奈ホテル社長(1959年度5位)などだ。彼らもまた1950年代を代表する大金持ちだった。 (文中敬称略) ※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号 [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】2015年夏 秘蔵の名品アートコレクション展タイトルテーマ決定!

PR TIMES / 2015年02月20日18時44分

「宴」という展覧会のキーワードはホテルオークラ創業者である大倉喜七郎の父で大倉集古館の開設者でもあり、幕末から大正期の事業界をダイナミックに生きた大倉喜八郎(1837-1928)の「感涙も うれし涙とふりかはり 踊れ踊れ雀百まで」という辞世の句に由来します。 この展覧会では、人々が集い、祝いあう「宴」に焦点をあて、絵画作品を中心として、様々な宴のさまを ご [全文を読む]

フォーカス