小林裕美子のニュース

女性ならドキリ? 作者が不妊治療中に書いた漫画『産まなくてもいいですか?』

anan NEWS / 2016年02月09日08時00分

小林裕美子さんが描く、コミックエッセイのタイトルは「産まなくてもいいですか?」。なんともドキッとする問いかけ。 出産は、言うまでもなく女性にとって人生の一大イベントだ。結婚していても、いなくても、はたして自分は子どもを産むのかと誰だって考えたことがあるだろう。著者の小林裕美子さんは、結婚から10年以上経て一昨年に第一子を出産。これは自身の出産を挟んで制作さ [全文を読む]

子ども、産まなくてもいいですか? 自分の意思だけでは決められない苦悩

ウートピ / 2016年02月01日11時30分

刊行のきっかけを、著者の小林裕美子さん、担当編集者の羽賀千恵さんに聞いた。「産まなくてもいい?」は言いづらい――書籍の企画が立ち上がった経緯を教えてください。小林裕美子さん(以下、小林):2014年の夏に羽賀さんからお話をいただいたのが最初でした。その頃、ちょうど私は妊娠中で。羽賀千恵さん(以下、羽賀):出産後に改めて状況をうかがったところ、ご興味を持って [全文を読む]

うさぎのクリスマス・ファンタジー コミック絵本『うさんた』が「iBook store」にて サウンド・コミックが日本語版で初リリース!

PR TIMES / 2014年10月22日12時24分

「贈物を届ける真心の大切さ」を描いた、うさぎのクリスマス・ファンタジーコミック絵本『うさんた』が「iBook store」にて配信スタート!!iBooks Authorの機能を活かしたサウンド・コミックとして、日本語版では初のリリース!「贈物を届ける真心の大切さ」を描いた、うさぎのクリスマス・ファンタジーコミック絵本『うさんた』が「iBook store」 [全文を読む]

小林裕美子著の絵本キャラクター「うさんた」を起用 webサイト『dinos KIDS&BABY SHOP』で、オリジナルストーリーを展開 4月22日からスタート

PR TIMES / 2013年04月22日13時35分

株式会社ディノス(東京都中野区)は、ディノスオンラインショップ内webサイト『dinos KIDS&BABY SHOP (ディノス キッズアンドベイビーショップ』(以下『ディノスキッズ』)で、イラストレーター小林裕美子著の 絵本キャラクター「うさんた」を起用し、当サイトのためのオリジナルストーリーを展開しながら、 お薦めの商品をご紹介します。 「うさんた」 [全文を読む]

夫婦関係、仕事、趣味…充実した日々を崩してまで出産する意味はあるのか

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月12日06時30分

『産まなくてもいいですか?』(小林裕美子/幻冬舎)は、そんな女子の悩みをリアルに、そして丁寧に描いたコミックエッセイだ。【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 主人公のチホは31歳。結婚2年目で、そろそろ妊娠・出産を本格的に考え始める時期に来ている。しかし、彼女は悩んでいる。「産む」とも「産まない」とも決めきれないのだ。 昔は、結婚をしたら子どもを産むと [全文を読む]

フォーカス