橋本裕志のニュース

累計発行55万部『ビリギャル』が有村架純主演で映画化決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月15日05時50分

脚本は『テルマエ・ロマエII』の大ヒットが記憶に新しい橋本裕志。監督、脚本ともにヒットメーカーが揃った。■映画『ビリギャル』【主演】有村架純【監督】土井裕泰(『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』ほか)【脚本】 橋本裕志(『テルマエ・ロマエII』ドラマ『ウォーターボーイズ』シリーズほか)2015年 全国ロードショー■『ビリギャル』映画化にあた [全文を読む]

『ビリギャル』有村架純・主演で映画化決定! 累計発行部数55万部突破!

PR TIMES / 2014年11月13日12時41分

脚本は『テルマエ・ロマエII』の大ヒットが記憶に新しい橋本裕志。監督、脚本ともにヒットメーカーが揃い、理想のタッグが実現しました。映画『ビリギャル』【主演】 有村架純【監督】 土井裕泰 (『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』ほか)【脚本】 橋本裕志 (『テルマエ・ロマエII』ドラマ『ウォーターボーイズ』シリーズほか)2015年 全国ロードシ [全文を読む]

三浦友和、今の仕事に就いていなかったら“会社員”

Smartザテレビジョン / 2017年01月04日19時15分

また、脚本を務める橋本裕志が会見に登場。橋本は「どんなにいい会社に行っても、辞めてしまったり、正当な評価をもらえなかったり、命まで落としてしまったりと厳しい現実がある中で、“仕事ってなんだろう”や“生きるってなんだろう”と自問自答する中でこのドラマが生まれました。社会派ドラマのように感じるかもしれませんが、このドラマの見どころは4人の家族がどんどん困って、 [全文を読む]

<「悪者」が出て来ない家族再生の物語>低予算の映画「ビリギャル」にはプライスレスな価値がある

メディアゴン / 2015年05月23日07時08分

橋本裕志の脚本も秀逸だった。原作では透けて見えた筆者の「塾講師としての打算」を極力排除した。原作では悪役のように描かれた学校の教師も、同業者が観るに堪える人物像に変わっていた。もちろん、主人公の「さやかちゃん」は、頑張り屋さんで、素直で素敵な女の子だったし、母の愛と献身は涙無しには語れないものだった。そこに、弟妹と不器用な父が加わって、家族の姿がていねいに [全文を読む]

<映画「ビリギャル」はなぜ優れているのか>テレビから失われた「ホームドラマの王道」をきちんと守った構造

メディアゴン / 2015年05月18日07時00分

土井裕泰・監督、橋本裕志・脚本の映画『ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を見た。観客動員がすごいと聞いていたが平日の昼間とあってか、入りは3割。女子高生の姿も目立つ。筆者はこのドラマの原作をすでに読んでいる。だから、ストーリーはすでに知っている。しかし、原作を読んでいたとしてもこの映画のおもしろさは減じない。ま [全文を読む]

『ビリギャル』単行本&文庫特別版 累計発行100万部突破! 映画『ビリギャル』も観客動員100万人を突破!!

PR TIMES / 2015年05月12日19時02分

『ビリギャル』単行本 概要 【書名】学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 【著者】坪田信貴 【判型】四六判 【ページ数】320ページ 【定価】本体1,500円+税 【ISBN】978-4-04-891983-8 【書店発売日】2013年12月27日(金) 【発行】株式会社KADOKAWA 【プロデュース】アスキー・メディアワ [全文を読む]

ベストセラー『ビリギャル』の[文庫特別版]、4月10日角川文庫より発売!

PR TIMES / 2015年04月08日13時53分

『ビリギャル』[文庫特別版]概要 【書名】学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] 【著者】坪田信貴 【レーベル】角川文庫 【判型】A6判 【ページ数】240ページ 【定価】本体520円+税 【ISBN】978-4-04-865095-3 【書店発売日】2015年4月10日(金) 【発行】株式会社KADOKAWA [全文を読む]

『ビリギャル』の[文庫特別版]、4月10日角川文庫より発売決定!

PR TIMES / 2015年03月06日12時19分

また、有村架純(ありむら・かすみ)主演、監督・土井裕泰、脚本・橋本裕志により映画化、2015年5月1日ゴールデンウィークの全国ロードショーも控えています。 [文庫特別版]では、単行本『ビリギャル』の巻末付録をすべて削除し、第四章の受験メソッド部分の記述を大幅に省略するなど、実用ノウハウ部分を削り、ストーリー部分に絞って楽しめるような再編集が施されています。 [全文を読む]

有村架純が“金髪ミニスカ”女子高生に変身!

Movie Walker / 2015年01月14日05時00分

脚本は『テルマエ・ロマエII』(14)の大ヒットが記憶に新しい橋本裕志。キャストには、どんなときもさやかの味方となり、さやかの受験を応援する母親役に吉田羊。娘であるさやかと対立する頑固な父親役に田中哲司。学年ビリのさやかへと冷たくあたる高校の担任役に安田顕。同じ進学塾に通い、さやかの良きき理解者であり、さやかに思いを寄せる森玲司役に野村周平ら、豪華な面々 [全文を読む]

母とギャル本人が語る、もうひとつの『ビリギャル』ストーリー『ダメ親と呼ばれても学年ビリの子どもたちを慶應上智に合格させた母の話』2015年2月27日発売予定!

PR TIMES / 2014年12月26日10時57分

また、女優・有村架純(ありむら・かすみ)主演、監督・土井裕泰、脚本・橋本裕志で映画化も決定しており、2015年5月1日ゴールデンウィークの公開を予定しています。 [全文を読む]

有村架純、『学年ビリのギャルが〜』映画化で、学年ビリの金髪ギャル役に

Entame Plex / 2014年11月13日20時30分

そして、監督には『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』などで知られる土井裕泰、脚本は『テルマエ・ロマエⅡ』を手掛けた橋本裕志が担当することとなった。 本作は、高校2年にして学力は小学4年レベル、聖徳太子を「せいとくたこ」と読んで“太った女子”だと発想する偏差値30のギャル・さやかが、塾講師である著者・坪田信貴氏から心理学を駆使した指導を受けた [全文を読む]

松田翔太が“織田裕二化”? 揉め事が絶えない問題児俳優たち

メンズサイゾー / 2013年06月20日08時00分

脚本は『華麗なる一族』(TBS系)などを手掛けた橋本裕志氏のオリジナル作品で、また『探偵物語』(日本テレビ系)で知られる名俳優・松田優作を父親に持つ松田翔太が、父と同じ探偵役に挑むということでも注目されていた。ところが、同作の撮影現場が松田翔太のふるまいによって混乱していることが6月18日売の『東スポ』で報じられ、話題となっている。 同記事によると、松田は [全文を読む]

【TBSオンデマンド】木曜ドラマ9「潜入探偵トカゲ」見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2013年04月19日14時58分

脚本は「華麗なる一族」、「運命の人」などを手掛けた橋本裕志のオリジナル。家族揃って楽しむことができる「潜入探偵トカゲ」を、ぜひTBSオンデマンドでもお楽しみください。木曜ドラマ9「潜入探偵トカゲ」【出演】松田翔太、松岡昌宏、蓮佛美沙子、ミムラ 、吹越満、遠藤憲一、伊東四朗 ほか【第1話あらすじ】警視庁捜査一課の元刑事、織部透=通称:トカゲ(松田翔太)は、超 [全文を読む]

フォーカス