神林広恵のニュース

木嶋佳苗被告が獄中で執筆したエロ私小説のスゴい中身

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月29日11時40分

それが『木嶋佳苗劇場 完全保存版! 練炭毒婦のSEX法廷大全』(神林広恵、高橋ユキ/宝島社)だ。一審法廷での木嶋被告の肉声が収録され、また著者神林によるルポなど多角的視点から木嶋被告に迫るものだが、そこには被告の人生の軌跡、多くの男性との関係、セックス観などが赤裸々に描かれている。 などなど。 さらに同著では木嶋被告がこだわり続けたブログ、食、人生観などの [全文を読む]

『SMAP×SMAP』厳戒態勢でも一体感が出てしまった、メンバー5人の絶大な信頼感

サイゾーウーマン / 2016年11月29日21時00分

長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る! 昨日、11月28日のASKA覚せい剤使用容疑での逮捕は衝撃だった。しかしもっと驚いたのは逮捕状さえ請求されていない時点で、マスコミがこれを一斉に報じ、ASKA本人がブログでこれに反論していたことだ。前代未聞。もちろんその裏には警察の強力なリーク [全文を読む]

セックス自慢、過激なエロ私小説、獄中結婚…男を狂わす“木嶋佳苗”の正体とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月04日19時20分

その私小説の全容を予測させる1冊が『木嶋佳苗劇場 完全保存版! 練炭毒婦のSEX法廷大全』(神林広恵、高橋ユキ/宝島社)。一審法廷での木嶋被告の肉声が収録され、また著者神林によるルポなど多角的視点から木嶋被告に迫るものだが、そこには被告の人生の軌跡、多くの男性との関係、セックス観などが赤裸々に描かれている。 [全文を読む]

【追悼】急逝したセクシー女優・紅音ほたるさんの思い出|久田将義コラム

東京ブレイキングニュース / 2016年09月01日19時00分

これは飛び入りだったのか、ゲストとしてだったのか記憶が定かではないのですが、作家の室井佑月さん、ライターの神林広恵さん、ジャーナリストの青木理さん。そして僕というメンツだったと思います。『実話ナックルズ』の連載で印象的だったのが、吉原に行った時の事です。身投げをした吉原の女性たちが眠っている浄閑寺という寺にお参りに行きました。そこには大きな石塔のようなもの [全文を読む]

SMAP・草なぎ剛、ついに熱愛発覚!? 女同伴“里帰り”報道も、深まるプライベートの闇

サイゾーウーマン / 2015年10月28日17時30分

長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る! 小学校でのいじめが過去最多になっていたことが発表されたが、一方で財務省は公立小中学校の教職員を9年間で3万7,000人削減することを求める方針を打ち出した。財政削減のためだというが、少子化対策としてもやってることがちぐはぐすぎる。それでなくても [全文を読む]

SMAP・木村拓哉、タブー解禁で“パパ”売り開始!? 夫婦で露出も死守する「一線」

サイゾーウーマン / 2015年02月18日14時18分

長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る! ネットを中心に作家・曽野綾子の「人種隔離」発言が炎上している。にもかかわらず、既存の大メディアの動きは鈍い。海外メディアがこれを批判し、南アメリカ側が抗議を行うなど “外圧”があって初めてこれを報じる始末。さすが報道の自由度世界ランキング61位 [全文を読む]

さくら夫人の最初の夫、たかじん前妻――証言から浮き彫りになった『殉愛』の齟齬

サイゾーウーマン / 2014年12月17日00時01分

長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る! 下馬評通り、自民圧勝という結果に終わった衆院選。投票率も過去最低。ほんとサイテー。そして勝った途端、憲法改正や集団的自衛権、原発再稼働が「国民の信任を得た」とばかりに、ドヤ顔の安倍首相。日本の終わりの始まり――。第250回(12/11~16発売 [全文を読む]

百田尚樹『殉愛』批判の幕開けの中、バーニング・作家タブーに“従順”な大手出版社の闇

サイゾーウーマン / 2014年12月09日21時20分

長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る! 先週突如逮捕された、漫画家のろくでなし子と作家の北原みのり。北原は6日に釈放されたが、ろくでなし子は接見禁止という事態が続いている。今回の逮捕は警察の報復、見せしめで「不当」だとの声が多く上がったが、その通りだと思う。ろくでなし子は前回の逮捕さ [全文を読む]

上原多香子を支えた義両親の深い“配慮”――嫁と息子をめぐる圧倒的なエピソード

サイゾーウーマン / 2014年10月08日14時23分

長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る! 日本でもついにイスラム国へ義勇兵として参加しようという大学生が出現し大騒ぎだ。任意で事情聴取されたというが、容疑はこれまで適用がなかったという「私戦予備及び陰謀」罪だって。しかもイスラム国に拘束されたままの湯川遥菜と同じ“軍事マニア”らしい。イ [全文を読む]

清原亜希、江角マキコ、市川海老蔵――芸能界に横たわる“名門”“ママ友”への欲望

サイゾーウーマン / 2014年09月30日22時00分

長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る! 今年7月、「週刊文春」(文藝春秋)でビートたけしの新愛人の存在がスクープされたが、またまたたけしに新事実! たけしのその後を決定づけたともいわれる1994年のバイク事故だが、倒れているたけしを発見、通報したのが元光GENJIの諸星クンだったらし [全文を読む]

フォーカス