清水克彦のニュース

わが子を「頭のいい子に育てる」何気ない親の行動習慣3つ

WooRis / 2015年09月09日09時00分

そこで今回は、清水克彦さんの著書『頭のいい子が育つパパの習慣』を参考に、“頭のいい子に育てる家庭での何気ない親の行動3つ”を紹介します。 ■1:約束は小さなことでも守る <家庭によってさまざまな決まりや約束事があると思うが、父親のスタンスは一貫性が大事で、考えがぶれたり、安易に約束やルールを変更したりすることは、子どもとの信頼関係を損なう可能性が大きい。 [全文を読む]

【電子版・既刊半額】中学受験を考えている保護者必見!人気教育ジャーナリスト・清水克彦の最新刊『成功する子の親 失敗する子の親』発売&既刊半額セール!

PR TIMES / 2014年10月16日11時00分

★人気教育ジャーナリスト・清水克彦の最新刊『成功する子の親 失敗する子の親』が10月14日(火)発売! ★紙版と同時に、電子書籍版を配信! ★最新刊発売記念! 既刊『【決定版】頭のいい子をつくる夫婦の戦略』の電子書籍版を期間限定で50%OFF! 株式会社学研パブリッシング(東京・品川/社長:中村雅夫)と株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は [全文を読む]

「安倍1強」政権の暴走を止めるには今、何が必要なのか?

週プレNEWS / 2014年08月05日06時00分

そんな現状に警鐘を鳴らすのが、今回紹介する清水克彦さんの新刊『安倍政権の罠』だ。 在京ラジオ局・文化放送で長年、政治記者として活躍してきた清水さんが、安倍政権が迫る「選択」の中身を掘り下げてわかりやすく解説。また、政治が単純化されることの恐ろしさや、「共犯」として、そうした状況をつくり上げたメディアのあり方についても一石を投じる内容となっている。 ―安倍政 [全文を読む]

これが黄金のルール!親が子どもを叱るときに「守るべき順序」とは

WooRis / 2014年05月24日11時45分

しかし、子どもに対しての叱り方一つで、子どもが言うことを聞くようになったり、むしろ親との関係が良くなってしまうという、そんな魔法のような叱り方があるのをご存じでしょうか? 今回は清水克彦さんの著書『頭のいい子が育つ パパの習慣』を参考に、子どもを叱るときに注意したいポイントをご紹介します。 ■1:“大人として”子どもを叱る <あくまで叱るという行為は、大 [全文を読む]

寝不足は絶対回避!子どもの成績も「睡眠時間」で左右されると判明

WooRis / 2014年04月07日16時00分

そこで今回は、清水克彦さんの著書『頭のいい子が育つ パパの習慣』を参考に、”子どもの睡眠時間がいかに学業成績に関係するか”ということをご紹介します。 ■睡眠時間によって平均点に明確な差が! 広島県教育委員会が平成十五年に実施した”小学五年生の睡眠時間と学力”についての調査によると、子どもの体力・運動能力調査の結果について、一日の睡眠が8時間以上の子どもが [全文を読む]

格差社会に負けない子どもに育てる!働きママの「お金の使い方」教え方

BizLady / 2016年03月13日13時00分

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や、清水克彦さんの著書『頭のいい子が育つパパの習慣』を参考に、“働くママこそ、お金の使いかたを上手に教えられるわけ“をご紹介します。 ■まずは、子どもに教えたい“お金”とは? <どんな家庭であれ、子どもに「お金はお父さんやお母さんが額に汗して得た貴重なもの」「かといってお金は万能ではなく、お金がなくても身の丈に合 [全文を読む]

頭の良い子に育つ!働きママが「仕事の話を家庭に持ち込むべき」理由

BizLady / 2016年02月29日22時00分

どういうことでしょうか? そこで今回は、『BizLady』の過去記事や、清水克彦さんの著書『頭のいい子が育つパパの習慣』を参考に、“働きママが仕事の話を家庭に持ち込むべき理由”を紹介します。 ■社会に対しての興味が広がる <今日、会社であった出来事や見聞きしたニュースを子どもに話して聞かせることが、子どもの視野を広げたり、職業観を植えつけることにつながるか [全文を読む]

学力にも直結!働くママが「子どもの睡眠時間」を上手に確保する方法

BizLady / 2014年12月31日21時00分

共働きの家庭では、子どもの就寝時間が遅くなる傾向があるようなのだが、子どもにとって睡眠はとても重要なのであり、子どもの学力そのものにも直結しているということをご存知だろうか? そこで今回は、清水克彦さんの著書『頭のいい子が育つ パパの習慣』を参考に、“子どもの睡眠時間”を上手に確保する方法について紹介したい。 ■睡眠時間の量は学力に直結する 働くママにと [全文を読む]

時間がなくてもコレで変わる!「子どもの心に響く叱り方」2つのポイント

BizLady / 2014年12月23日11時45分

そんな魔法のような叱り方が、本当にあるのだろうか? そこで今回は、清水克彦さんの著書『頭のいい子が育つ パパの習慣』を参考に、子どもを叱るときに注意したいポイントを紹介したい。これは、働くママこそ、すぐにでも実行したいポイントである。 ■1:自分が親であることを意識する <あくまで叱るという行為は、大人が子どもを教え諭すということであり、同じ土俵に立って怒 [全文を読む]

沖縄知事選より巨人vs阪神OB戦に錦織? 民意を無視して政権の味方をするマスコミは大丈夫か!

週プレNEWS / 2014年11月27日06時00分

実際、報道の現場でも総選挙の話題で沖縄どころではなくなっていますからね」 と語るのは、『安倍政権の罠』(平凡社新書)の著者であるジャーナリストの清水克彦氏だ。 「ただし、今度の総選挙でも沖縄選挙区の争点は辺野古の問題になるため、事実上は県知事選の『延長戦』ともいえる。再びこの問題に注目が集まる可能性は高いでしょう」(清水氏) 沖縄県知事選の報道のように、マ [全文を読む]

「天才」を生かすも殺すも親次第!子どもの才能を見抜くポイント3つ

WooRis / 2014年02月15日17時00分

そこで今回は、清水克彦さんの著書『頭のいい子が育つ パパの習慣』を参考に、子どもの”才能”を見い出すポイントについてご紹介してみたいと思います。■1:ちょっとした行動を見逃さない<プロゴルファーの丸山茂樹選手の父親、護さんは、茂樹少年が三歳の頃、おもちゃとして買い与えたゴルフクラブを器用に使いこなしたことから、ゴルファーとしての素質を感じたという。>本当に [全文を読む]

そうだったの!? 実は子ども部屋がないほうが成績が上がると判明

WooRis / 2014年02月07日08時00分

そこで、今回は清水克彦さんの著書『頭のいい子が育つパパの習慣』から、ズバリ、子どもの成績を劇的にアップさせるために、今すぐできる秘訣をご紹介いたします。■勉強のやり方が分からない<子供が小学校の低学年時代は、どのようにして勉強したらいいかわからないものです。立派な学習机を購入し、小学校入学とともに子供部屋を作って安心していると、子供はどうしていいかわからず [全文を読む]

もうストレスはためない! 気の合わない仕事相手と円滑な人脈を構築する2つのコツ

Business Journal / 2014年01月18日16時00分

『ウザい相手をサラリとかわす技術』(清水克彦/著、SBクリエイティブ/刊)では、ウザい相手との付き合い方、自分が相手からウザいと思われないための具体的な人脈構築術を紹介する。 相手との会話において、響き合わない人間関係というのはよくあることだ。会話の中で、お互い好感触のリアクションを得られれば「意思の疎通ができた」「共感できた」「この人とは響き合えた」と [全文を読む]

私ってもしかしてウザい!? 職場で嫌われないためのルール

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月03日11時40分

政治ジャーナリスト、ラジオプロデューサーの清水克彦氏は、『ウザい相手をサラリとかわす技術』(ソフトバンククリエイティブ)で、長年身を置くマスメディア業界を通して「あ~ウザい!」と思った経験を挙げている。例えば、どんなことをウザいと思われるのだろうか? 氏が注意喚起する例がこちら。 ●間接的表現で自慢する人 氏は、インタビュー取材の中で、嫌な印象を受けたも [全文を読む]

フォーカス