北山雅和のニュース

グラフィック・デザイナー北山雅和の初となる展覧会が11月27日よりスタート

NeoL / 2015年11月12日00時46分

コ-ネリアスをはじめとする数々のCDジャケット・デザイン、マガジンハウス『GINZA』におけるエディトリアル・デザインなど、グラフィック・デザイナーとして幅広く活躍する北山雅和による、初の展覧会『TYPOGRAFFITI 1 -INVISIBLE- 』(タイポグラフィティ 1 –インヴィジブル–)が11月27日(金)よりALにて開催。本展ではタイポグラフィ [全文を読む]

OKAMOTO’S、初のライブアルバムの全貌が明らかに!

Entame Plex / 2017年04月26日23時15分

アートワークは、昨年Tシャツ付きのアナログ盤が即完売し話題となった「BL-EP」を手掛けた、北山雅和が担当。ファン心をくすぐるアートワークにも期待が高まる! さらに「LIVE」購入者を対象に、OKAMOTO’Sのメンバーによる初のガチャガチャ付きスペシャルサイン会が実施決定! 47都道府県を回り触れ合ったファンへの感謝の意を込め、東京・大阪で開催されるガ [全文を読む]

Perfume×伊勢丹コラボ第3弾!クリエーターや人気ブランドとのコラボも。“Perfumeの誕生日をお祝いしよう!”

FASHION HEADLINE / 2016年09月07日10時00分

前回も人気を得たイラストレーターSHOGO SEKINEのデザインによるツバメノートとBicのペンや、今回初登場となる画家の北村直登がデザインしたポーチ、デザイナーの丹野真人によるブランド・TANGTANGのTシャツ、グラフィックデザイナーの北山雅和によるアクリルキーホルダーなどが展開される。 さらに、今回は伊勢丹で人気の4ブランドともコラボレーションが実 [全文を読む]

パリでも大人気のチャリティーイベント「Hope and Love」開催

NeoL / 2016年07月30日23時40分

普段は手の届かない作家作品をチャリティ価格で手に入れるチャンス! ■ 期間:8月6日(土) 11:00 - 20:00 8月7日(日) 11:00 - 19:00 ■ 会場 : AL1F Main Space 東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 ℡03-572-9799 www.al-tokyo.jp/ 【参加アーティスト】 Antoine Kruk、Ay [全文を読む]

『ミュージック・ジャケット大賞2016』一般投票締め切り迫る!4/1~3・HMV&BOOKS TOKYOにて特設会場投票&タイアップイベント「HMV&BOOKSデザイン専門学校」実施!

PR TIMES / 2016年03月31日14時13分

数々のミュージックジャケットを手掛けてきた北山雅和氏と小田島等氏が「講師」となり、デザイナーやミュージシャンをゲスト講師に招き、デザインに纏わる貴重な授業を入場無料で行います。この機会に会場にお越しいただき、ミュージックジャケットの魅力をより一層感じていただけましたら幸いです。[画像1: http://prtimes.jp/i/10908/73/resiz [全文を読む]

フレデリック、5月リリースのミニアルバム『OWARASE NIGHT』ジャケ写公開

okmusic UP's / 2015年03月25日19時30分

ジャケットワークはCORNELIUSのCDジャケットを始め数々のデザインを手がけるグラフィックデザイナー北山雅和氏が前作に続き担当している。またA-SketchのオフィシャルTwitterにはリリースに向けて、新曲「オワラセナイト」のミュージックビデオを制作する、スミス監督のVine映像がアップロードされており、新曲とミュージックビデオの編集の様子を垣間見 [全文を読む]

秦基博、弾き語りベスト盤に優香ら著名人が寄稿

dwango.jp news / 2014年10月29日11時52分

そして、初回生産限定盤に付属の48Pスペシャル・ブックレットには、映画「STAND BY ME ドラえもん」監督/八木竜一をはじめ、アニメーション監督/新海誠、映画監督/河瀬直美、放送作家・脚本家/小山薫堂、映像作家/島田大介、グラフィック・デザイナー/北山雅和、女優/優香 と、豪華著名人7名からのコメントが寄せられていることも話題だ。秦の楽曲や弾き語りの [全文を読む]

フレデリック、メジャーデビュー盤『oddloop』の無限ループジャケット公開

okmusic UP's / 2014年08月07日18時00分

【その他の画像】フレデリックジャケットのアートワークはCORNELIUSのCDジャケットをはじめ、数々のデザインを手がけるグラフィックデザイナー・北山雅和が担当し、前作「うちゅうにむちゅう」に続き三原康司(B./Vo.)がイラストを書き下ろしている。 今回の作品コンセプトでもある、独特の感性で昇華した彩り豊かなダンスナンバーの象徴となるアルバムタイトル『 [全文を読む]

フォーカス