海野弘のニュース

アンデルセンもニルスもムーミンも北欧から生まれた!―『北欧の挿絵とおとぎ話の世界』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月12日15時00分

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 著者は『ロシアの挿絵とおとぎ話の世界』『チェコの挿絵とおとぎ話の世界』などを手掛けた海野弘。金髪のお姫さま、妖精トロール、バイキング… 神秘的な世界観の北欧絵本を楽しもう。 ■『北欧の挿絵とおとぎ話の世界』 解説・監修:海野弘 価格:2,900円(+税) 発売日:2015年11月22日(日) 出版社:パイ イン [全文を読む]

アンデルセンもニルスもムーミンもここから生まれた!『北欧の挿絵とおとぎ話の世界』刊行のお知らせ

PR TIMES / 2015年11月16日12時23分

解説・監修:海野弘<著者プロフィール>評論家、作家。早稲田大学文学部ロシア文学科卒業。幅広い分野で執筆を行う。『ロシアの挿絵とおとぎ話の世界』『チェコの挿絵とおとぎ話の世界』(パイ インターナショナル刊)など、著作多数。[画像2: http://prtimes.jp/i/12505/100/resize/d12505-100-524902-4.jpg ][ [全文を読む]

Increments、プログラマー向け情報サービス「Qiita」「Qiita:Team」の現況と今後の展開を発表、Qiitaは5周年を迎え月間UUが250万人に

CodeZine / 2016年10月20日18時10分

「いいね」「お願い」「ごめんなさい」などの意味をもたせた6種類の絵文字で反応できる Qiita:Teamが利用される理由として、Increments 代表取締役の海野弘成氏は「投稿する敷居を下げるために、機能をシンプルにして、読んだ人からのフィードバックを送りやすくしている。このような工夫により、情報共有したほうがいいという空気を作ることができている」と語 [全文を読む]

日本を代表するイラストレーター・宇野亞喜良の新たな魅力に出合える作品集『宇野亞喜良 ファンタジー挿絵の世界』刊行のお知らせ

PR TIMES / 2016年04月28日14時54分

イベント情報書籍発売記念トークイベント「宇野亞喜良の挿絵やイラストレーションについて」宇野亞喜良×名久井直子×海野弘宇野亞喜良の挿絵やイラストレーションについて名久井直子さん、海野弘さんのお二人をお招きし存分に語り合って頂きます。挿絵とは、イラストレーションとは何か――。どうぞご期待ください。終了後、宇野氏のサイン会も開催いたします。(※「宇野亞喜良ファン [全文を読む]

世界一と称される『ケルズの書』など各国の美しい本だけを集めた『世界の美しい本』刊行

FASHION HEADLINE / 2016年03月28日11時00分

同書では、世界一美しい本と言われるケルトの装飾写本『ケルズの書』や、手彩色の豪華本が全盛期を迎えた中世の装飾写本、イギリス人デザイナーのウィリアム・モリスが定義した“美しい本”などを海野弘が解説付きで紹介。アール・ヌーヴォーやデコ期のデザイン書籍なども登場する。 【書籍情報】 『世界の美しい本』 解説・監修:海野弘 出版社:パイ インターナショナル B5 [全文を読む]

【書評】「陰謀論」は複雑化していく世界を解読する「アプリ」

NEWSポストセブン / 2014年11月25日16時00分

【書評】『世界陰謀全史』海野弘著/朝日新聞出版/1900円+税 【評者】香山リカ(精神科医) 私事になるが、私のもとには日々、ツイッターなどで「おまえのような反日分子が日本人であるわけはない」などと書かれたメッセージが届く。中には医師や教育者と思しき人が壮大なストーリーの中に私を位置づけて非難を寄せてくることもあり、いわゆる陰謀論を語る人々の情熱には驚かさ [全文を読む]

「痒いところに手が届く」Kobitoは、エンジニア向けのEvernote【本田】

TECH WAVE / 2012年04月09日12時00分

Kobito開発の背景を同社の創業メンバー、海野弘成氏(CEO、エンジニア)、小西智也氏(デザイナー)、横井孝典氏(COO)に聞いた。痒いところに手が届く、エンジニア向けのメモツール 昨年秋にオープンしたQiitaを運営する過程で、ユーザーであるエンジニアからのヒアリングを続けていた。その中で分かったことは、学んだことをあまりアウトプットしていない、したい [全文を読む]

モローやルドン、クリムトの絵画から、ビアズリーの挿絵、ベルメールの球体関節人形まで約400点を収録!『ヨーロッパの幻想美術 世紀末デカダンスとファム・ファタール(宿命の女)たち』発売

PR TIMES / 2017年04月18日11時22分

著者:海野弘 1939年東京生まれ。評論家、作家。早稲田大学ロシア文学科卒業後、平凡社にて『太陽』編集長を経て独立。美術、映画、音楽、文学、都市論、ファッションなど幅広い分野で執筆を行う。著書多数。 『ヨーロッパの幻想美術 世紀末デカダンスとファム・ファタール(宿命の女)たち』 http://pie.co.jp/search/detail.php?ID= [全文を読む]

文学、美術、ファッション、映画etc. ヨーロッパに多大な影響を与えた中東のおとぎ話『オリエンタル・ファンタジー アラビアン・ナイトのおとぎ話ときらめく装飾の世界』発売

PR TIMES / 2016年11月17日14時28分

幻想的な中東のファンタジー世界ときらびやかな装飾デザインの数々を美しいビジュアルで大特集!著者:海野弘1939年東京生まれ。評論家、作家。早稲田大学ロシア文学科卒業後、平凡社にて「太陽」編集長を経て独立。美術、映画、音楽、文学、都市論、ファッションなど幅広い分野で執筆を行う。著書多数。誌面イメージ[画像2: http://prtimes.jp/i/1250 [全文を読む]

アール・ヌーヴォーの父、アルフォンス・ミュシャの装飾パネル、ポスター、本・雑誌の挿絵、大作「スラブ叙事詩」全20篇など約370点を収録した豪華作品集!

PR TIMES / 2016年08月17日13時46分

著者:海野弘1939年東京生まれ。評論家、作家。早稲田大学ロシア文学科卒業後、平凡社にて「太陽」編集長を経て独立。美術、映画、音楽、文学、都市論、ファッションなど幅広い分野で執筆を行う。著者多数。誌面イメージ[画像2: http://prtimes.jp/i/12505/182/resize/d12505-182-462709-2.jpg ][画像3: h [全文を読む]

宇野亞喜良、“ファンタジー”をテーマにした作品集『ファンタジー挿絵の世界』を発売

FASHION HEADLINE / 2016年05月04日18時00分

ブックデザイナーの名久井直子と評論家で作家の海野弘とともに、宇野亞喜良が自身の挿絵やイラストレーションについて語る。また、5月8日まで渋谷ヒカリエのCUBE 1, 2, 3で開催中の「ユリカナ展II」にも宇野の携わった作品が出展される。 【書籍情報】 『宇野亞喜良 ファンタジー挿絵の世界』 出版社:パイ インターナショナル B5版変形/ソフトカバー/280 [全文を読む]

世界中の美しい本が1冊に! 本の美術・壮大な歴史と物語が詰まった『世界の美しい本』刊行

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月29日06時30分

■『世界の美しい本』 解説・監修:海野弘 発売日:2016年3月24日(木) 発売:パイ インターナショナル [全文を読む]

香山リカ氏が選出 「世の中のウソを見抜く」ために読む3冊

NEWSポストセブン / 2014年12月29日16時00分

(1)『江戸しぐさの正体』(原田実/星海社新書) (2)『日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか』(矢部宏治/集英社) (3)『世界陰謀全史』(海野弘/朝日新聞出版) 以下、香山氏の解説。 * * * (1)は快作。文科省推奨の日本式マナーはなんと1980年代に一個人が作ったファンタジー。それが巧妙に啓発する団体やメディアによって次第に「日本の伝 [全文を読む]

『花椿』3月号は資生堂が手がけるフランス料理店、「ロオジエ」特集

PR TIMES / 2014年02月18日10時59分

作家・海野弘が本企画に寄せたコラム「フランス料理に薫る時」とともに、目で味わうフルコースともいえるラグジュアリーな世界をご堪能ください。つづく連載・穂村弘の対談「Talk」のゲストには、第149回芥川賞受賞の藤野可織が登場。穂村弘が彼女の独特な世界観に迫ります。ほか、いま話題のトレンドを紹介する「MOMENT」(今月のテーマは、「身近な大自然 水草水槽の奥 [全文を読む]

漫画原作者 少女漫画的絵柄の起源はアールヌーヴォーと分析

NEWSポストセブン / 2013年06月30日16時00分

【書評】『ミュシャ財団秘蔵ミュシャ展 展覧会カタログ』2000円(「ミュシャ展」は新潟県立 万代島美術館で開催中) 【評者】大塚英志(まんが原作者) ジブリ美術館がこの間まで、イギリス十九世紀末の挿画の宮崎駿への影響を自ら検証する展示会をしていたり、海野弘がバルビエなどのアール・ヌーヴォーの挿画や、イギリスのいわゆる“挿絵の黄金時代”の画家たちの作品集を次 [全文を読む]

フォーカス