荒木浩のニュース

地下鉄サリン被害者が「オウム」のドキュメンタリー映画を制作 「教団幹部」に密着

弁護士ドットコムニュース / 2015年01月14日05時07分

オウムの後継団体「アレフ」の幹部である荒木浩氏に密着し、オウム真理教の真実に迫る。●20年前、サリンがまかれた車両に・・・さかはらさんは電通社員だった1995年3月20日、地下鉄日比谷線で、サリンが散布された車両に乗り合わせた。直感的に異変を感じて隣の車両に移ったため九死に一生を得たが、その後、手足のしびれや睡眠障害といった後遺症に悩まされることになる。街 [全文を読む]

映画監督・森達也が新有権者へメッセージ「棄権していい。へたに投票しないでくれ」

週プレNEWS / 2016年07月06日06時00分

98年にはオウム真理教の荒木浩を主人公とするドキュメンタリー映画『A』を公開。佐村河内守氏に密着したドキュメンタリー映画『FAKE』が現在公開中 (取材・文/畠山理仁 撮影/山上徳幸) [全文を読む]

「僕らと根っこは一緒」オウム真理教ドキュメンタリー映画の監督が語る「信者像」

弁護士ドットコムニュース / 2015年03月19日21時40分

今年3月20日で事件からちょうど「20年」という節目を迎えるのを前に、さかはらさんは現在、オウム真理教から名前を変えた教団「アレフ」の幹部・荒木浩さん(46)に密着したドキュメンタリー映画「一枚の写真」を制作中だ。 さかはらさんと荒木さんは2歳違いの同世代であるうえ、幼少期を京都の丹波地方で過ごし、同じ時期に京都大学で学んだという共通点がある。このドキュ [全文を読む]

「オウムをどれだけ知っているのか」地下鉄サリン被害者が「オウムの映画」を撮る理由

弁護士ドットコムニュース / 2015年01月15日21時09分

さかはらさんは、この2月から3月にかけて、オウム真理教の後継団体「アレフ」の幹部である荒木浩氏に密着取材して、その肉声を伝えるドキュメンタリー映画を作ろうとしているのだ。 弁護士ドットコムでは、さかはらさんがアレフの映画を制作しようと考えた経緯や、クラウンドファウンディングという手法で制作費を集めようとしている目的について、くわしく報じた(http://w [全文を読む]

東京商品取引所 アベノミクス効果で「世界シェア奪還目指す」

NEWSポストセブン / 2013年03月26日16時01分

アベノミクスへの期待感も相まって、「1日平均の出来高は昨年11月の11.5万枚(1枚=500万円)から15.7万枚と右肩上がりで伸びている」と語る、同社広報部の荒木浩介課長の表情は明るい。 これまで日本の先物取引は取引業者によるトラブルが続き、多くの規制がかけられていた。日本の取引所が海外に後れを取った原因の一つである。 「東京市場の外国人投資家の比率は3 [全文を読む]

フォーカス