山口悟のニュース

職場の人と考え方が合わない、どうする?

プレジデントオンライン / 2017年05月16日15時15分

京セラの山口悟郎社長は、「タイプの異なる人が職場にいるのは多様性があっていいが、根底にある価値観は同じでいてほしい」と言う。 「弊社はフィロソフィに根ざした経営をしているので、それを否定する人がいると、組織として力も出ないし、スピードも鈍ってしまう。最低限、考え方のベクトルは合わせてもらう必要があります」 フィロソフィで価値観を共有して一体感を醸成するの [全文を読む]

焼肉はこうして国民食になった。北朝鮮の専門家が紐解く日本焼肉史

まぐまぐニュース! / 2016年08月17日04時30分

開会の辞に続き会長挨拶となり、全国焼肉協会の現会長(三代目)の山口悟氏(「なべしまHD株式会社」代表取締役社長)が、壇上で開口一番に「焼肉業界はおかげさまで好調です」と挨拶された。外食産業が国民の消費動向の減少傾向によりやや低調な状況にあって、独り焼肉業界だけは右肩上がりの好調傾向にあるというのである。これについては「平成27年度事業報告書」で次のように説 [全文を読む]

ミサワホームグループと京セラで共同実証エネルギー自家消費型住宅の実証実験を開始

@Press / 2015年09月24日14時30分

○電気やガスを遮断した状態で、自家発電エネルギーによる生活継続が可能かを検証○京セラの新製品「マルチDCリンクタイプ」蓄電システムをモデル住宅に採用○ミサワホームが提唱する防災・減災ソリューション「MISAWA-LCP」の一環として実施ミサワホーム株式会社(本社 東京都新宿区/代表取締役社長執行役員 竹中宣雄)、株式会社ミサワホーム総合研究所(本社 東京都 [全文を読む]

KABA.ちゃん「不安と闘っています」性転換決意にあった苦悩を語る

WEB女性自身 / 2015年08月04日00時00分

性転換手術に詳しいナグモクリニック名古屋院長の山口悟医師は、こう語る。「性適合手術は、簡単にはできません。精神科医2名の診断を受け、その後も身体検査、染色体検査、ホルモン値の検査も必要です。そこで性同一性障害と診断されて、精神療法とホルモン療法を経て、それでも手術が必要と判断されて初めて手術になるんです。術後の苦難もあります。本人が生まれ変わっても、社会的 [全文を読む]

妊娠発覚の昏睡強盗容疑者“声優のアイコ”は何になりたかったのか?

週プレNEWS / 2014年09月24日06時00分

オナベなのに、妊娠? 乳房除去や亀頭形成など性別転換手術で実績のあるナグモクリニック名古屋院長・山口悟氏がこう話す。 「オナベの方でも、子宮を体に残していれば妊娠はあり得ます。そもそも、オナベとは医学的にはFTM(Femaleto Male)の性同一性障害のこと。基本的に性行為の対象は女性ですが、障害の度合いが弱い人の中には、男性でもOKというバイセクシャ [全文を読む]

フォーカス